エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
ヴァチカン国際音楽祭 TV放映
大変大変ご無沙汰しておりました。
中には死んだのでは?と思われた方もいらっしゃったことでしょう(笑)。

今年は本当にたくさんのことがありました。海外出張も過去に例がないほど多かったです。

その中でも11月のヴァチカン国際音楽祭のツアーは、総勢が500名を越えるという大型ツアーで、ラテーザ史上、最大のツアーとなりました。

ヴァチカン国際音楽祭と聞いて、聞きなれない方もいらっしゃるでしょうが、ヴァチカンが主催する唯一の音楽祭で、毎年11月の上旬にサン・ピエトロ大聖堂や4大バジリカを会場にして開催されています。今年で第12回を数えますが、毎年必ず呼ばれているホストオーケストラとも呼ぶべきウィーン・フィルの他、2、3のオーケストラが世界中から招聘され、演奏をするのです。今までアジアのオーケストラが招聘されたことはなく、唯一、2005年に小澤征爾がウィーン・フィルを振っただけです。

そのような中で西本智実とイルミナート・フィルハーモニー・オーケストラが今年、2013年のヴァチカン音楽祭に招聘されたことは快挙と言えるでしょう。しかも、演奏会だけでなく、枢機卿ミサにも出演したのです。具体的には11月9日(土)にサン・ピエトロ大聖堂で枢機卿ミサに出演、11月10日(日)にサン・パオロ大聖堂でベートーヴェンの「交響曲第9番」を演奏しました。

準備期間が約半年しかない中、合唱団を編成し、枢機卿ミサで歌うグノーの「サンタ・チェチーリアミサ」と「オラショ」、そして第九を練習し、本番に突き進んだのです。

また、私は西本マエストロから合唱指導を命を受け、約半年間、一生懸命練習を積み重ねてきました。

ミサも第九も非常に感動的な演奏となりましたが、この模様を半年前からNHKがドキュメンタリー番組として収録して、年末に放映されますのでぜひご覧ください。

12月23日(月)17時~ NHK総合TV ”西本智実 祈りの歌をバチカンへ”

b0047854_1303540.jpg


b0047854_1313615.jpg


b0047854_1252366.jpg

(C)鍋島徳恭

b0047854_1144142.jpg

(C)鍋島徳恭
by hikari-kozuki | 2013-12-18 11:06 | Concert | Comments(2)
Commented at 2014-01-04 18:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hikari-kozuki at 2014-01-08 17:31
アルトの声の昔の少女さん、コメントありがとうございます。。
本当にお疲れさまでした。すべての関係者の方々に感謝しています。またどこかでお会いしましょう。
<< 謹賀新年 2012年8月 第2回 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム