エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
「愛怨」 in ハイデルベルク 第4回
さらに続きです。

三木先生の日本史オペラ7作目は、かの紫式部の「源氏物語」です。舞台はもちろん10世紀の平安時代ということになります。3作目の「じょうるり」の成功以来セントルイス・オペラから新作オペラの依頼を受けていましたが、セントルイス・オペラの芸術監督だった盟友コリン・グレアムの英語の台本によって、2000年にセントルイスで初演されました。翌2001年には日生劇場がセントルイス・オペラを招聘し、外国人による英語の「源氏物語」が日本で初演されました。ここに至るまでの過程は”オペラ「源氏物語」ができるまで”という著書に詳しく書かれています(中央アート出版社)。
ストーリーはあまりに有名な作品なのでここでは省きますが、光源氏はもちろんのこと、桐壺帝も藤壺も紫上も葵上も六条もみんな出てきます。世界初演で美術と衣装を担当したのは朝倉摂さんでしたが、豪華絢爛な舞台はグランドオペラの名に恥じない作品となりました。

また、この作品で忘れてはならないのが天才琵琶奏者、シズカ楊静(ヤンジン)の存在です。彼女は、作曲を三木先生に師事していますが、「琵琶協奏曲」のソリストを始め、三木作品には欠かせない存在となっておりました。彼女の琵琶は、今回の「愛怨」でも非常に重要な役割を果たしていて、彼女の琵琶がなければ、このオペラが成り立たないといっても過言ではないほどですが、それはまた「愛怨」の時に触れましょう。
なお、源氏物語では、もう1人ソリストがいて、それは新箏(二十絃)の木村玲子でした。
by hikari-kozuki | 2010-06-21 16:51 | Opera | Comments(0)
<< 「愛怨」 in ハイデルベルク... 「愛怨」 in ハイデルベルク... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム