エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
4月4日(日)江東オペラ てぃあら江東「仮面舞踏会」
市民オペラは全国にたくさんありますが、この江東オペラは、とても良く頑張っていると思います。一昨年は「カルメン」を見ましたが、各幕で合唱団が非常に重要な役割を果たすこのオペラでアマチュアの合唱団のメンバーの方たちは歌に演技に大健闘だったと思います。この「仮面舞踏会」も2幕こそが合唱団のシーンがありませんが、1幕1場のリッカルドの部屋、1幕2場のウルリカの家、さらに3幕3場には仮面舞踏会と、合唱団は大活躍でした。

長引く不況で税収が減り、各自治体でも真っ先に芸術への予算が削られ、このような市民レベルのオペラ団体の活動を続けて行くこと本当に大変なことだと思います。自治体のバックアップだけでなく、指導者の方たちの情熱や根気がなければ決して成り立たないでしょう。素人の方々をオペラに出すということはそれほど大変なことだと思います。そして、何より出演者の方たちですが、単に暗譜するだけでなく演技をしながら歌を歌うという作業はやったことのある人でないときっと理解は出来ないでしょうが、本当に大変なことです。しかし、自分が出演したことのあるオペラを一流のオペラハウスで見る機会があれば、これほど素晴らしい経験はないでしょう。

さて前置きが長くなってしましたが、このオペラは昨年も「フィガロの結婚」で伯爵、一昨年の「カルメン」のエスカミーリョを歌ったバリトンの山口邦明がレナート役で出演したからです。このレナートという役、前半はリッカルドの忠実な部下、後半はリッカルドに対して復讐に燃えるというまったく異なる2つの人間を演じなければならず、非常に難しい役どころです。しかし、1幕1場の「希望と喜びに満ちて」、3幕の1場の「おまえこそ心を汚すもの」という2つの名アリアがあるので、ある意味ではバリトンにとって、とても美味しい役でもあります。ここ数年の彼の成長には目を見張るものがありますが、エスカミーリョ、アルマヴィーヴァ伯爵よりも数段に良かったと思います。喉が良く鳴っているのに力みや変な癖がなく、フレージングやブレッシングも滑らかで、pやppも遠くまで届く感じの声で、もっと大きなホールの後ろの方で聞いてみたいくらいでした。
ちょっと褒めすぎかも知れませんが、まさに正統派ヴェルディ・バリトンとしての風格さえ感じられました。

他のキャストは、テノールでこのオペラ団体の主催者でもあるリッカルドの土師雅人、ソプラノでアメリアの菅原千恵、ウルリカの勝又久美子、オスカルの平田真理子ら。特に穴が無く良いキャスティングだったと思います。
by hikari-kozuki | 2010-04-19 17:47 | Opera | Comments(0)
<< 「愛怨」 in ハイデルベルク... 3月27日(土)第2回高松国際... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム