エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
6月以降の演奏会 第8回 スカラ座「アイーダ」
ロシア編もようやく終わり、今日はスカラ座の「アイーダ」を。

御存知の通り、今月スカラ座は、「アイーダ」「ドン・カルロ」というヴェルディの2演目を引っさげて引越し公演で来日しています。来日直前の6月末から7月初旬に直前練習も兼ねて(?)、「アイーダ」を上演しました。私は7月4日、6日、8日と3回の公演を見てきました。キャストは、以下の通りでした。

アイーダ:ヴィオレタ・ウルマーナ(6日のみマリア・ホセ・シーリ)
アムネリス:ルチアーナ・ディンティーノ(6日のみアンナ・スミルノ-ヴァ)
ラダメス:サルヴァトーレ・リチートラ(6日のみワルター・フラッカーロ)
アモナズロ:ファン・ポンス(6日のみマーク・ドス)
国王:マルコ・スポッティ(6日のみカルロ・チーニ)
ランフィス:ジャコモ・プレスティア(6日にみジョルジョ・ジュゼッピーニ)

指揮のバレンボイムと演出のゼッフィレッリはもちろん同じです。

今回の来日公演と7割がたは同じメンバーですが、アムネリスのディンティーノとラダメスのリチートラという重要な2人がアサイン出来なかったのは、スカラ側か招聘元の失策であったと思われます。私がスカラ座で見た際、ウルマーナ、ディンティーノ、リチートラ、ポンスというキャストの日は本当に素晴らしい公演でしたので。
by hikari-kozuki | 2009-09-18 18:08 | Opera | Comments(0)
<< 6月以降の演奏会 第9回 6月以降の演奏会 第7回 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム