エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
6月以降の演奏会 第7回
6回に渡ってロシア編を書いてきましたが、今回で最終回にしたいと思います。

今回のロシア渡航は私にとってソ連時代以来のことだったので、果たしてどのように変貌しているかが最大の関心事でしたが、思って以上に民主主義化、西欧化が進んでいるようです。今回訪問したのがロシアでも1、2の大都市サンクト・ペテルブルクとモスクワだったので、他の町の状況は全然違うのかも知れませんが。。サンクト・ペテルブルクとモスクワが強烈なライヴァル関係にあることも始めてしりました。帝政ロシアの首都が移転したこともあり、お互いの町に対するライヴァル意識は凄いものです。例えばサッカーの強豪チームサンクト・ペテルブルクのゼニトとモスクワのスパルタク・モスクワの試合などは大変な盛り上がりになるそうです。

町の様子はごく中心部しか見ませんでしたが、思いの他キレイで、ゴミなどはほとんど落ちていません。街中は100年前、150年前の建物が普通に建っていますが、建設ラッシュも目立ち、ロシア製の古い車はあまり見かけず、高級外車が普通に走っています。また、市内のいたるところで交通渋滞が起こっていて、都心の近い距離は歩いた方が早いくらいです。サンクト・ペテルブルクでは酷い交通渋滞に巻き込まれ、何度も開演ギリギリになってしまいました。モスクワでは渋滞の合流地点で我々のバスがアウディの高級車に横からぶつけられるというアクシデントもありました。

エルミタージュ美術館を始めとする美術館のコレクションの規模は本当に凄く、まだまだ見切れないほどでした。音楽の面でもマリインスキー劇場、ボリショイ劇場は、オーケストラ、合唱団、ソリスト、指揮者、バレエダンサー、どれをとっても一流のアーティストばかりで、ロシアの底力を感じました。

これらを日本の皆様に紹介しない手はありませんので、来年も白夜の頃にあわせてツアーを作ろうと思っています。しかしそこで最大のネックになるのは白夜祭のプログラム、キャストがギリギリまで決まらないことです。しかし、その時期はほぼ毎日オペラやコンサートが上演されますので、何かしらのプログラムは見ることが出来るでしょう。

最後にモスクワの街中の写真を幾つか紹介しましょう。

b0047854_13412720.jpg

赤の広場にあるレーニン廟と大統領府

b0047854_13432995.jpg

同じく赤の広場にある聖ワシリー聖堂

b0047854_13451292.jpg

クレムリンにあるブラゴヴェシシェンスキー大聖堂と大クレムリン宮殿

b0047854_13454251.jpg

クレムリンにある”皇帝の大砲” 世界一の大きさですが、1度も使われたことはないそうです

b0047854_13464772.jpg

クレムリン大会宮殿 クレムリンで唯一の近代建築 ここでも演奏会が行われます

b0047854_13474134.jpg

無名戦士の墓で行われる衛兵の交代

b0047854_13483620.jpg

革命広場の屋台風景 6月の白夜の時期だというのに服装は日本の初冬のよう。
またほとんどの店でマトリョーシカを売っています
by hikari-kozuki | 2009-09-16 13:51 | Others | Comments(0)
<< 6月以降の演奏会 第8回 スカ... 6月以降の演奏会 第6回 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム