エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
6月以降の演奏会 第6回
モスクワの2日目はボリショイ劇場(もちろん前日と同じ新劇場)でのバレエ「ラ・シルフィード」でした。バレエには決して造詣が深くない私としては、「ラ・シルフィード」の名前はもちろん知っていましたが、実際に見るのは今回が初めてでした。良く考えて見れば、ボリショイ劇場はオペラとしてももちろん有名ですが、それ以上に有名なのがボリショイ・バレエです。細かいところは分からないものの、世界最高峰のバレエをを目の当たりにして、せっかくロシアに来てバレエも見ておいて本当に良かったと思いました。それほど舞台は美しく、ダンサーたちの踊りは素晴らしいものでした。

当日のキャストは以下の通りでした。

指揮:イーゴリ・ドロノフ
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル
振付改訂:ヨハン・コボー

シルフィード:エレーナ・アンドリエンコ
ジェイムズ:アンドレイ・ボロティン
マッジ:ゲンナディー・ヤーニン
エフィ:イリーナ・セミレチェンスカヤ
グルン:アレクサントル・ヴォイトユーク
アンナ・エフゲニア・ヴォロチュコヴァ

b0047854_16271975.jpg

ボリショイ劇場修復工事風景 現場を覆うカヴァーにその建物の絵を描くのはヨーロッパの風習?

b0047854_1629549.jpg

新劇場と工事中のボリショイ劇場の間にある階段。右上が工事中のボリショイ劇場
by hikari-kozuki | 2009-09-11 16:30 | Others | Comments(0)
<< 6月以降の演奏会 第7回 6月以降の演奏会 第5回 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム