エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
6月以降の演奏会 第3回
第3回もサンクトペテルブルクの白夜祭。チャイコフスキーの代表作「エフゲニー・オネーギン」です。

過去2回は素晴らしさばかりを言ってきましたが、今日は敢えてちょっと苦言を。
演奏には直接関係ないのですが、観客のマナーが非常に悪いのには辟易とさせられました。1度や2度ではなく、どの日も同じようなものでしたで、おそらくいつものことなのでしょう。
隣の人とずーっと喋っている人たち、オペラなどまったく観ないで欲を向きっぱなしの人たち、演奏中でもお構いなくフランシュで写真を撮りまくる人たち、とにかくマナーが悪いのです。そして、その方たちは地元ロシアの方々が多いようでした。
彼らから見たら我々が外国人ですので、これがロシア流だ、と言われれば言い返す言葉はありませんが、周りの人たちに迷惑をかけて良いはずがありません。私の周りの方たちには何度か注意しましたが、言葉がまったく通じないこともあって、ほとんど改善はされませんでした。
服装もラフな方が多く、このあたりは西欧のオペラハウスの雰囲気とは全然違いますが、まあ服装のことはどうでも良いので、最低限マナーだけでも守って欲しいものです。

それからもう1つ。今年もそうだったのですが、スケジュールがなかなか発表されないのには本当に困ってしまいます。白夜祭のオープニングは4月27日からだったのですが、結局ちゃんとスケジュールが発表されたのは、4月の中旬でした。何度かアングラの情報は流れましたが、結局、ほとんどの演目は変わってしまって、本当にギリギリまで決まらなかったのでしょう。
このような状況では、ロシアへ旅行しようと思っている人もスケジュールの立てようがありません。しかもロシアは現在でも査証(VISA)が必要になってしいますので、簡単には入国できないのです。

これは特に困ったことではありませんが、もう1つ。劇場内で白夜祭の総合プログラムを売っていたのですが、これが2008年シーズン(昨年度)のものなのです。それもかなり堂々と売っていましたので、間違って買ってしまう人も続出していました。もちろん今年の総合プログラムも売ってはいたのですが、こちらはかなり目立たないところでしか売っていなかったので、昨年度の余ったものを売りたがっているのは明白でした。

しかし、今年の総合プログラムに比べてかなり安かったので、ディスカウントしていたのは間違いありませんし、翌日間違って買ってしまった!クレームをと言ったらちゃんとお金を返してくれたらしいので、そのあたりは微笑ましいと言えないこともありません。

さて前置きが長くなりましたが、「エフゲニー・オネーギン」のキャストです。

指揮:トゥガン・ソヒエフ
演出:ユーリ・テミルカーノフ

エフゲニー・オネーギン(バリトン):アレクセイ・マルコフ
タチアーナ(ソプラノ):入りーナ・マタエワ
オルガ(メッツォ・ソプラノ):エカテリーナ・セメンチュク
レンスキー(テノール):セルゲイ・スコロクホドフ
グレーミン公爵(バス):ミハイル・キット

この中で私がもっとも注目していたのは、指揮のトゥガン・ソヒエフでした。1977年北オセチア生まれの若者で、ロシア期待の若手指揮者です。ロシアでも、テミルカーノフの後継者とかゲルギエフ2世と言われているようです。実際にこの「エフゲニー・オネーギン」は素晴らしく、オーケストラを見事に統率、音楽性の高さも感じました。
今年の現在、白夜祭の指揮者は、もちろん総裁のゲルギエフ。そして、名指揮者ネーメの息子・パーヴォ・ヤルヴィ。世界中が注目している逸材です。それからゲルギエフの片腕とも言われるジャナンドレア・ノセダ。彼もBBCフィル、メトロポリタン歌劇場などで活躍中のマエストロです。そして4人目の指揮者がソヒエフということになりますが、ヤルヴィ、ノセダよりもさらに一廻り若い世代ですので、今後、ハーディングらのライヴァルとして、ロシアのみならず世界の音楽シーンを引っ張っていくと思われます。

b0047854_13191756.jpg

マリインスキー劇場ホワイエの休憩時の風景
このようにラフな服装の観客が多い。
by hikari-kozuki | 2009-09-08 13:20 | Opera | Comments(0)
<< 6月以降の演奏会 第4回 6月以降の演奏会 第2回 >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム