エキサイトブログ ホーム | ブログトップ | サイトマップ
ここ3ヶ月のオペラとコンサート 第5回
9月28日(日)グローブ座 ミュージカル「アプローズ」
 劇団四季も宝塚も松竹も観たことがない私は、日本ではミュージカルは生まれて初めて観たのかも知れません。しかも今回は、GPを含めて2度も観たので、かなり細かいところまで詳しくなってしまいました。さて、このミュージカルの原作は古いハリウッド映画「イブの総て」で、アメリカの演劇界の女優同士の確執を描いたものです。主役の2人は、前田美波里さんと、元宝塚宙組トップの貴城けいさん。2人とも演技も歌も踊りも上手く、凄い存在感でした。あまりミュージカルのことは分かりませんが、レヴェルは凄く高いもだと思います。
 さて、なぜ私がこのミュージカルを2度も観る事になったかというと、それは前田美波里さんの恋人役でバリトンの宮本益光さんが出演したからです。オペラ界きっての演技派として有名な宮本さんなので、大女優たちと共演しても決して引けを取ることはありません。しかし、ミュージカルとオペラの最大の違いでもあるのですが、このミュージカルでも歌はすべてマイクを使って歌うことになります。宮本さんは、マイクを使っても基本的には歌唱フォームを変えずにクラシックの発声でそのまま歌っていたようですが、それでもやはり声自体の大きさ、響き方、通り方が全然違うので、やや違和感があったことは否めません。しかし、宮本さん以外のオペラ歌手であそこまで出来る人は絶対にいないでしょう。宮本さんのことですから、このミュージカルを経験されたことによって、オペラを歌う上でも何らかプラスになることを見つけたことと思います。
by hikari-kozuki | 2008-12-08 12:53 | Opera&Concert | Comments(0)
<< 謹賀新年 ここ3ヶ月のオペラとコンサート... >>






Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム