◆2010年4月1日(木)
  三番町cafe【半蔵門】
ご予約;03-3265-9071
◆2010年4月20日(火)
  BODY&SOUL【南青山】
ご予約;03-5466-3348
1980年10月31日生まれ
B型・さそり座
沖縄出身・アメリカ系クォーター
デビュー当時から今も変わらず昼間は東京有楽町にある外国特派員協会の会員制レストランでウエイトレスをしながら、夜は都内のジャズクラブなどで活躍中。
1stアルバム
『LAN』
発売日:2008年6月4日
品番:HUCD-10044
価格:3,150円(tax in)
大城蘭の歌声にはなんともいえない癒しが宿っている。
JAZZにも沖縄にも音楽の神様にまでも愛されてしまったヴォーカリスト誕生。
ジャズスタンダードから、カントリー、ロックナンバーなどのカヴァーに加え、初のオリジナル曲も収録。
J-WAVE推薦「Sounds Green」に決定!
ゴーギャン展
初めての国立近代美術館


広くて、各階ごとに常設展示 企画展がやっており、日本の近代美術から、人間国宝の作品まで
幅広く、ゆっくりたのしめました。


しかし、今回のお目当てのゴーギャン展は、やはりとても混んでいました。

彼のブルターニュ〜アルル〜タヒチ〜南島と拠点を変えて行く中での画風の変化とエピソードがとてもわかり易く展示されていて、一人の画家の人生を、物語を読むようで、とても感動しました。

「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」
Where Do We Come From? What Are We? Where Are We Going?


小さなポストカードで知るこの絵は 想像していたより はるかに大きく 強く 圧倒されてしまいました。
彼はこれを書き上げた時には、死を決意した、と言います。

それ程までに自らのその全てを注いだ作品
それを前にしてただただ 。。その絵のメッセージを想像し
、幼稚な言い方かもしれませんが、怖かった。。。。


ところでゴッホとの共同生活はいったいどんな毎日だったのだろう。

狂気ともいえる程、何かにむける情熱を持った二人のやり取りはどんなだろう。
早起きだったか、運動していたのか、とか、どんなもの食べてたの、、
変な事ばかり考え始める始末。。。


頭がover heatしそうになり、ぼーっとしていましたら、

ここにもいました。

ぼーっと向かい合う二人。(一人?)

ゴーギャン展_c0196050_9221531.jpg


なにかと向き合うことで、自分と向き合い生きているんだねー。
 そう思わせてくれる。
 artは深いです。素晴らしい作業ですね。
by lanblog | 2009-09-20 00:03 | 日記
<< OTOAJITO OTOMAT... オープニングを務めるBeの浜崎... >>


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン
おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。