子育ての理想郷を求めてスウェーデンに移住しちゃった私


yoko kuyama
by kuyamayoko
更新通知を受け取る
Twitter

<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

スウェーデンミステリアカデミーとオーサ・ラーソンとの朝食

今週は、わが街スンツヴァルで スウェーデン・ミステリ・フェスティバル が行われました。

意外にもスウェーデン国内では初の試みだとか。


3日間のフェスティバルの間、いくつものイベントが行われましたが、目玉はこちら。

7人もの有名ミステリ作家さんをお招きしての講演会。


c0252522_195766.png



残念ながら私はオーケストラの練習と重なってしまい、聴きに行けなかったのですが・・・・・・。



でも今朝は、

”スウェーデン・ミステリ・アカデミーの会員の方々およびオーサ・ラーソンと朝食を食べる会”

に行って参りました。


会場は、街一番の素敵なホテル。

c0252522_18495997.jpg



こんなこじんまりした部屋で、和気あいあいとした雰囲気♪

c0252522_18595926.jpg



去年の冬に、地元新聞に翻訳家として取材を受けたのですが、

(その時の記事はこちら

会場に着くなりそのときの記者さんと会い、

「久しぶり~、元気だった!?」と近況を報告し合ううちに、イベントが始まりました。


c0252522_18564136.jpg



スウェーデン・ミステリ・アカデミーの会員の方お二人と、

有名ミステリ作家オーサ・ラーソンさんによる座談会。


スウェーデン・ミステリ・アカデミーは1971年に創立された、

スウェーデン唯一のミステリ賞(複数)を選定している機関です。

スウェーデンで女性ミステリ作家を育てようとポロニ賞を新設したときは、
リザ・マークルンドに授与していますね。

(リザ・マークルンドの『ノーベルの遺志』は11月末に日本で発売になります♪)



こちら(右)がオーサ・ラーソンさん。

c0252522_18565897.jpg


言わずと知れた、『オーロラの向こう側』や『赤い夏の日』の作者です。

スウェーデン・ミステリ・アカデミーから新人賞を授与されたときの思い出を語ってくれました。

スーパーに買い物に行って、果物コーナーにいたときに、受賞の電話がかかってきたそうです(笑)

当時3歳と5歳のお子さんに話すと、

「やった~、これでうちはお金持ちになるの?」 「いや、ならないよ・・・」

「じゃあ、 トロフィーもらえるの?」 「いや、そういうのもないのよ・・・」

「なんだ、つまんないの・・・」 とがっかりされたそうです。

でもアカデミーは後日、お子さんたちのためにプラスチックのトロフィー用意してくれたそうです。

いい話だ。


自分はこれでいいのか不安ばかりの新人作家にとって、新人賞をもらうというのは素晴らしく励みになったということでした。


スウェーデン・ミステリ・アカデミーの会員で、ルンド大学でスウェーデン・ミステリを研究しているシャシュティン・ベリマンさんのお話も興味深かったですね。

c0252522_18565454.jpg



海外では、スウェーデン女性といえば男女平等社会で男性に負けず活躍しているイメージが定着してしまっていますが、ミステリの中では、実際には意外とそうでもない状況が描かれていて面白いのではないかと。

この件については、ちょうど先週『ノーベルの遺志』のあとがきで熱く語ったところです!
発売されたらぜひあとがきをチェックしてみて下さいね。

あとで考えたら、この”ルンド大学の助教授シャシュティン・ベリマンさん”

以前、雑誌『ケアリング』でスウェーデン・ミステリについて記事を書かせていただいたときに、私ったら彼女の発言を引用していました。

こんなところで会えるなんて、すごい奇遇! 嬉しい!


さて、今回スウェーデン初のミステリ・フェスティバルということで、

アカデミーから今年の最優秀ミステリ賞の候補者の公式発表が行われました。

まずは<海外作品>部門。


* Gillian Flynn, Gone Girl ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』
* Ferdinand von Schirach, Fallet Collini フェルディナンド・フォン・シーラッハ『コリーニ事件』
* Sharon J. Bolton, Odödlig S・J・ボルトン  すみません日本語タイトルわかりません。未訳かも。
* Jo Nesbo, Polis ジョー・ネズボ『警官』
* Dror Mishani, Utsuddade spår ドロール・ミシャニ 日本語タイトル不明、おそらく未訳

この最後のドロール・ミシャニさんだけは日本に入ってないと思うのですが、
イスラエル・ミステリということで、気になります・・・・・・。

ジョー・ネズボさんはお隣ノルウェーの大御所作家さんですね。

c0252522_18574933.jpg



そして、いよいよ<国内作品>部門。

* Arne Dahl, Blindbock
* Christoffer Carlsson, Den osynlige mannen från Salem
* Håkan Nesser, Levande och döda i Winsford
* Katarina Wennstam, Stenhjärtat
* Johan Theorin, Rörgast

日本に翻訳されているアルネ・ダールさん、
ヨハン・テオリンさんの最新作がノミネートされております。


c0252522_1858654.jpg

c0252522_18585071.jpg



しかも、テオリンさん客席に座ってたよ。(赤いセーターの方)

c0252522_1904334.jpg





講演会のあとは、作家さんとお話できましたよ。

オーサ・ラーソンさん。

c0252522_18591518.jpg


すごく優しい方でした。

私が「日本ですごく有名ですよね、おめでとうございます」って話しかけに行ったら、逆に

「作家にとってはあなたみたいなScout(リーダー)の存在が本当にありがたいのよ。本当に本当にありがとう。これからも頑張ってね」

と激励されてしまいました。

単純だから、そういうお言葉をいただくと、「おーこれからも頑張るぜ!」って、かなり励みになります。


テオリンさんとは、お会いするのは二度目。

一応、覚えててくれたっぽい・・・?


c0252522_1903077.jpg


ちょうど今日、『黄昏に眠る秋』のオーディオブックを聴き終わりました。

暗くて地味な中に、子供を失った母親や祖父の哀しみが丁寧に描かれた作品でした。

エーランド島を舞台にし、歴史を交えたこの作品は、スウェーデンでは相当に評価されています。




さて、こうやって地元で有名作家さんにお会いできるのも、

すべては本屋の店長さんレナートおじいちゃんのおかげ。

こういうイベントはすべて彼の企画なのです。


昨晩のメインイベント(作家7人の講演会)の様子は、きっとレナートおじいちゃんがブログにたくさん写真をアップしてくれると思うので、後日リンク貼りますね。
by kuyamayoko | 2013-10-30 10:55 | スウェーデンミステリ

紅葉の秋

地元は美しく紅葉中です。

街中。

c0252522_16323796.jpg


うちの庭。

c0252522_16134236.jpg


しかし、ノーベル賞関連のテレビ番組のお手伝いを引き受けてしまい、

お散歩もままならぬ仕事漬けの日々…。


学校で仕事の日、同僚の先生とランチを食べてても、日本のテレビ局やら取材先からひっきりなしに電話が入る・・・。

c0252522_16131830.jpg


テレビの仕事って本当に大変だなぁ・・・。

翻訳の仕事より、雑誌の撮影の仕事のほうが10倍慌ただしくて大変だと思ったけど、

テレビの仕事はそのさらに10倍くらい慌ただしい ( ;∀;)

今回は内容がとても興味深かったので引き受けましたが、本業でないことに気軽に手を出すものではないね・・・。

ストックホルム在住のお友達多数にたくさん助けていただき、なんとか仕事が終わりました。本当に感謝です!

まあでもこれだけやって人脈もできると、またテレビの仕事やりたいなぁなんていう欲も出てきちゃいますが(懲りてない)


ここ1カ月で3度目となる出張も入るかもしれなかったんだけど、それは幸いなくなり、週末は家にいることができました。

猫と子供を連れて森へ散歩。

c0252522_1614951.jpg


わずかに残ったブルーベリーをつまみつつ。

c0252522_16142288.jpg



さて、仕事が一段落したと思ったら週明けからリビングの天井の修理が入ります。

週末のうちにリビングの家具をすべて移動して空にしました。

リビングはテレビ&ソファの他に、私のオフィスでもあります。

私の仕事関係のものだけでダンボール10箱はありました(涙)

c0252522_16113792.jpg


プチ引越し状態です。めんどくさいー!!

喜んでいるのは猫ばかり。

かくれんぼ中。
c0252522_1612265.jpg


というわけで、今日からしばらく私のオフィスは1階のゲストルームへ移転しております。

c0252522_16112414.jpg


テレビも楽器練習も洗濯物干しもすべてこの部屋で。


普通はスウェーデンでは、天井の張り替えくらい自分でやるものでしょうが、

わが家はダメダメなので大工さんにお願いしました。

あっという間にびりびり~~~

c0252522_1611145.jpg


築40年近くのわが家。

古いままの天井壁紙にいくつも裂け目が入ってしまっていたので、今回の修理となりました。

裂け目がなくなるのは嬉しいけど、材料費工事費でやはり数十万はかかります。

そんなに払うのに、なんかもっと劇的な変化が欲しいなぁ・・・。裂け目がなくなるだけでなく。

せっかくだし、自分のオフィス部分の模様替えをしようかな~と考えております。

どうなったかは次回のブログで発表できるかな? お楽しみに!
by kuyamayoko | 2013-10-14 16:31 | スウェーデンでの暮らし

ヘニング・マンケル氏の写真あり♪ 北欧最大のブックフェア―@ヨーテボリ

先週金曜日は、北欧最大のブックフェア―に行って参りました!

場所はヨーテボリのメッセ会場。

c0252522_312476.jpg

私は毎年、関係者のみ入場の平日に行くのですが、それでも相当な混雑です。
多分、一般公開時は身動き取れないんじゃないかな・・・( ;∀;)


c0252522_3143528.jpg



各出版社が立派なブースを出しています。

大手から、本当に小さなところまで、スウェーデンのあらゆる出版社が出展していると言ってよいでしょう。

c0252522_313468.jpg



各ブースでこんな風に、作家さんや業界関係者の公開インタビューが行われています。

c0252522_315193.jpg



c0252522_3173418.jpg


例えばノールシュテッツ社のブースでは、こんな感じで1日中ずらりと作家さんの講演が続きます。

c0252522_32357.jpg



私がまず向かった先は、今年インテリア本を出したスウェーデン人女性カメラマンさんのところ。

私が書かせていただいたインテリア本と取材先が何軒かかぶっていたことから、FBでお友達になった仲。

普段遠くに住んでいるので、お会いするのは初めてでした♪

早速お互いの本を購入し合い、記念撮影☆

c0252522_3181663.jpg


自分でスウェーデン中の美しい邸宅を撮影して回っては、それをインテリア雑誌に売り込んで大成功しているというすばらしく有能な女性です。

しかも20kgくらいダイエットに成功して、ダイエット本も出してた(笑)

こういう、転んでもただでは起きないたくましい女性、大好きです。


さて次は、今月2巻目が日本で発売となりますモンス・カッレントフト氏。

『天使の死んだ夏』(東京創元社)

私が初めて翻訳させていただいたミステリのシリーズです。

1冊あたりみっちり4か月。

x2冊=8か月

去年からそれだけの長い時間、彼の作品と言葉と向かい合ってきました。

だから初めて会うのに、知らない人だとは思えない…。


ただ、作品からして、

すごくナルシ・・・いや、ストイックで芸術家肌で寡黙な人だろうと思っていた。

それが、実際に会ったら

すごく陽気なお兄ちゃん

でびっくり!!!

考えてた質問など、ぶっ飛んでしまいました・・・。


記念撮影をお願いしたんだけど、誰も撮ってくれる人がいなくて、

結局プリクラ風なことに・・・。各方面、誠に申し訳ありません。

c0252522_3185097.jpg


でもほら、カメラ向けるとシリアスな顔でしょ~?

ギャップがありすぎます。



さてその後は私はもう1日中ず~っと、2階のRights Centerで各エージェントとミーティング。

どのブックフェア―でもそうだと思いますが、30分おきにミーティングが設定されています。

この大きな一部屋にスウェーデン中のエージェントが勢ぞろい。

各社がテーブルを1つ~3つくらい確保していて、そこに出向いてミーティングします。

c0252522_3191127.jpg



つまり、誰がどことミーティングしているか、丸見えです。

まあべつに隠すことでもないんだろうけど・・・。


私も大手エージェント7社とミーティングさせていただきました。


今年驚いたのは、どのエージェントもミステリに力を入れていて、

期待の大型新人を抱えていること。

絶対売れるとわかっている新人は、出版社といきなり複数冊の契約を結ぶことがあります。

つまりまだ本自体は書かれていなくて、案だけの段階で複数冊契約してしまうのです。

これまでだと、最高でも3-book-deal(三部作)契約だったのですが、

今年は6-book-dealという新人がいてびっくり。

これがまた面白そうな内容なんですわ~。早速読みたいと思います。

これだけでなく、他にもたくさん面白そうな新作がありました。
どれから読もうか・・・迷います。

去年と比べても、今年はスウェーデンミステリがさらに活気づいていて、本当にすごいです。

はっきり言って、ここだけ バブル状態です。

この作品たちが日本に出るまでには1~2年かかるとは思いますので、

日本の皆さんは、これからまだまだスウェーデンミステリが盛り上がると思っておいてください。


さてそんなアゲアゲなミーティングを7件こなしまして、

下界(1階の一般会場)に下りてきました。

もう空港に行かないといけない時間だったので、

会場を通り抜ける途中に見かけた光景を激写。


まず一番目立ってたのは、カミラ・レックベリ!

絵本のサイン会でした。

c0252522_3201814.jpg


美しすぎます。これはもう作家ではなく芸能人です。

c0252522_3201394.jpg


スタイルも良すぎ・・・。


そして、あ、なんだか、穏やか~な雰囲気がすると思ったら、ヨハン・テオリン氏がいました。

c0252522_3212281.jpg


やはりベレー帽にハイネック。トレードマークなんですね。


こちらはイェニー・ヤーゲルフェルトさん。
c0252522_3215024.jpg


日本では今年、この方の作品『わたしは倒れて血を流す』が、ヘレン・ハルメ美穂さんの翻訳で出版されました。

高校生を主人公にしたYAもので、アウグスト賞も受賞している作品です。

ちょうどこの日、この方の新作をエージェントさんからいただきました。

c0252522_322162.jpg


タイトルは日本語に訳すと『あたしったらめっちゃイージーゴーイング』みたいな感じでしょうか・・・。

やはり高校生が主人公のものです。


あとは、Alfabeta社のブースを通りすぎざまに、娘へのお土産用『ムーミン』の絵本やシールブックを購入して、お終い。

今年のブックフェア―も非常に充実した出張となりました。

願わくば来年からは1泊して、”2階でミーティング”だけじゃなくて1階で作家さんの講演とか聞きたいなぁ~


ところで、今年は個人的にすごく嬉しいことがありました。

私の知る限り、日本人でただ一人スウェーデンの出版業界で正社員で働いているErikoさんとお会いできたこと。レックベリやカッレントフトを擁するNordin agencyにお勤めです!

以前からメールではやりとりしていてお友達だったのですが、なにぶん同じスウェーデンといっても南北に長いため、お会いしたことがなかった・・・。

今回初めてお会いして、ランチをしながらお話しできて本当に嬉しかったです。

私よりもずっとずっとたくさんスウェーデンの本を読んでいるErikoさんと、本の話ができるのは楽しすぎます。

そして、こちら、Erikoさんが会場で撮った写真。

気さくにファンと話しつつサインをする、ヘニング・マンケル氏。

c0252522_3281061.jpg


この秋は『Handen(手)』というタイトルの新作が出ております。



さて、盛り上がっているスウェーデン勢はこのままフランクフルトに乗り込みますよ!

そこにはきっと日本の出版社さん・エージェントさんも多数訪れることでしょう。

皆さまのミーティングが実り多きものになりますことを、お祈りしています♪






















 



by kuyamayoko | 2013-10-03 04:52 | スウェーデンでの暮らし
最新の記事
更新情報
at 2013-12-02 18:09
スウェーデンミステリアカデミ..
at 2013-10-30 10:55
紅葉の秋
at 2013-10-14 16:31
ヘニング・マンケル氏の写真あ..
at 2013-10-03 04:52
シンガポール1泊4日の弾丸出張
at 2013-09-26 13:13
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
その他のジャンル