子育ての理想郷を求めてスウェーデンに移住しちゃった私


yoko kuyama
by kuyamayoko
更新通知を受け取る
Twitter

<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

子供服ブランドを立ち上げたデザイナーママ

まだ2月だというのに週末からプラス気温になり、

大量に積もっていた雪が溶け始めました。

どこもかしこも、ぐちょぐちょのドロドロ・・・超キタナイです。

家の前の道もこんな感じ。

道路の地肌が見え始めています。

c0252522_17435655.jpg




今朝保育園に娘を送っていったら、

保育園の駐車場は除雪がされていなくて、

シャーベット状の雪がぐしゃぐしゃのまま。

写真では見えにくいかと思いますが、深いところは30センチくらいあります。

c0252522_17441559.jpg



そして私は、駐車場のど真ん中でタイヤが雪にはまり、車が動かなくなった・・・汗


とりあえず娘を保育園の中に入れてから、

大きなシャベルを借りて、

たまたまそこにいたママに手伝ってもらって、車の下から雪を掻き出しました。


やわらかいシャーベット状の雪なので、幸いすぐに取り除くことができ、

脱出しました~!



あとで知ったのですが、

その様子を、娘を含めた子供たちが教室の窓からずーっと眺めていて、

応援してくれていたそうです。。。恥


あー、次車買うときは、絶対四駆にするー・・・


私が帰るときになって、ちょうど除雪車が来てました  (^_^.)

c0252522_17443784.jpg




ところで、その手伝ってくれたママ。

困っている私を見て、当たり前のように一緒にシャベルで雪かきをしてくれた彼女は、

保育園でも、群を抜いておしゃれで目立つママ。

子供同士が同じクラスではないので、あまりしゃべる機会がないのですが、

あんまり素敵なので、こないだ勇気を出して「仕事何やってるの?」って聞いてみました。


そしたら

「デザイナー」


というお返事。

「えっ、この田舎で!?」・・・とは口に出しては言いませんでしたが。。。


以前はH&Mでデザイナーをやっていて、

最近、子供服のブランドを自分で立ち上げたそうです。


こないだ、イギリスに行ってて、なんでも契約成立したとか・・・。


こちらの素敵ママです♪

c0252522_1891034.jpg



こちら公式HP Bonnie&Elliot

可愛い子供服が載ってます。

もっといっぱい写真載せて欲しいなぁ~


まだまだブランドを立ち上げたばかりなので、彼女のこれからの活躍に期待です!!
by kuyamayoko | 2013-02-28 09:45 | スウェーデンでの暮らし

日本からのプレゼント二連発☆

娘の誕生日も、100周年記念コンサートも、風邪も終了した今週。

残りの二月をなんだか呆然と過ごしております・・・。

そんなタイミングで、日本から二つの素敵なプレゼントが届きました♪


まずひとつは、

たまにお仕事でスウェーデンにいらっしゃる ぶった農産の社長さんから。

今回もストックホルムまでいらっしゃって、わざわざお土産を送ってくださいました。

(私はストックホルムに住んでないので)


以前、私の大好物は 白いごはん だと言ったのを覚えてくださっていたのか、

スウェーデンでは手に入らない日本のお米♪

もちろん 石川のぶった農産 さんで手塩をかけて作られているお米です。

ちなみに ぶった農産 さんは かぶら寿司 が美味しくて有名です。

私もいただいたことありますが、あんな美味しいものは日本でもあんまり食べたことがなかったです・・・。


ぶった農産 HP: http://www.butta.co.jp/


普通日本からお土産でお米を持ってきてくださる場合、

ビニール袋に入れ替えた2kg、とかそんな感じなのですが、


今回はこんなきれいに包装されて、

c0252522_17451583.jpg


化粧箱に入っている!


そんな上等なお米、日本ででも食べたことありません・・・涙

c0252522_17452358.jpg



ありがたすぎて、まだ開ける勇気がないのですが、

ここぞという時にいただきたいと思います♪♪


スウェーデンでは、アメリカ産やイタリア産の日本米は手に入りますが、

やっぱり日本産の日本米とは全然違いますね・・・残念ながら。

いくら噛んでも甘くならない、みたいな。

タイ米やバスマティ米はスーパーで簡単に手に入るし、タイ料理やインド料理にはよく合うのですが、和食にはちょっと・・・(^_^.)


海外に住む決意をしたのだから、いつまでも日本の食べ物に未練を残してはいけないと思いつつも・・・・

やっぱり日本のお米だけは、あきらめきれないです。



さて、時を同じくして届いたのが、

同い年の東京のお友達から♪

同じく女の子ママである、おりえさん。

娘の誕生日プレゼントに色々入れてくれていたのですが、

その中でも特に感動したのがコチラ。

c0252522_17455945.jpg


華奢で可愛いジャック・ピアス!

このYは、ゆいこのYなのか、ようこのYなのか、家庭内紛争が起きておりますwww

これ、なんと、おりえさんの手作りなんです。

おりえさんは、ずっとスイーツ・デコの作家さんをされていて、

本物かと見まごう美味しそうな、そして可愛いケーキとかのオブジェを作っています。


こんなんとか

c0252522_18184850.jpg


食べれないというのがむしろ信じられない。

c0252522_18185072.jpg



こんなに可愛い世界があるとはー (>_<)

これ、スウェーデンでも売ったら流行るだろうなぁ。とか思いつつ。

そもそも日本に住んでいたら、絶対私も彼女のところに習いに行ってただろうなと思います。

スイーツ・デコを習ううちに独り立ちして、経済的に自立する女性も多いらしいですよ♪

おりえさんのブログに他にもたくさん可愛い写真が載っています。

http://ameblo.jp/ronnah06/



というわけで、今日は

日本の素晴らしさを紹介させていただきました。

スウェーデンは、急にプラス気温になっちゃって、どこもかしこも雪がぐちょぐちょで大変なことになってます・・・。
by kuyamayoko | 2013-02-27 10:29 | スウェーデンでの暮らし

ビジネス雑誌の取材

先週から延期してもらった取材が今日でした。

こういうビジネス雑誌の取材。

c0252522_1927161.jpg




男性記者さんと女性カメラマンさんが私の仕事場(=自宅リビング)にいらっしゃいました。


相変わらず取材中はしゃべるのに夢中で、写真撮り忘れてしまったのだけど、

これは終わった直後の状態。
c0252522_1927996.jpg



翻訳した・もしくはこれからする本を見せたり、

今までやった雑誌のお仕事を紹介したりしました。

Graziaのブログも見せましたよ!


ひととおり話が終わってから、撮影ってことで、

ソファーに寝そべったポーズを指定されたんですけどw

どういう仕上がりになるのやら・・・恐ろしいような早く見たいような。


しかし、カメラマンさん、私のことよりうちの猫たちを熱心に撮影してたけど、

まさか猫の写真が載るってことはないよね!?


えっ あたし!?
c0252522_19401072.jpg

by kuyamayoko | 2013-02-26 11:28 | スウェーデンでの暮らし

感動の100周年演奏会、一方東京では・・・

この週末は、人生の想い出に残る素敵な時間を過ごしました。

ついに、100周年記念演奏会の本番を迎えたのです。


ちょうど100年前このスンツヴァルの街で、

以前ブログにも書いたことのある”富豪が建てた瀟洒なホテル”にて

髭の紳士たちが結成したオーケストラ。


100年後も、私たちが同じ志を持って音楽を楽しんでいる。

そう考えると、

なんてロマンチックなんでしょう♪


今週は夜に長時間の練習が続き、なかなか大変でしたが、

ついに迎えた本番当日朝。

いつもの見慣れた練習場(ホールに隣接している)も

なんだか粛然として見えます。

c0252522_1837814.jpg


今日でもう終わっちゃうんだ、と思うと、始まる前から悲しくなってきたり・・・。


さて、今回さらに感動的だったのは、

この街で生まれ育ち、

現在スウェーデンじゅうで活躍する音楽家の方々が

この日のために戻ってきて、一緒に演奏会を創り上げたこと。


超有名歌手のヘレンさんもそうですし、

指揮者の方もそう。

ずっと私ひとりぼっちだったコントラバスにも、2人の味方が駆けつけてくれました♪


二人とも、普段は高校で音楽を教えている40代の先生たち。

クラシックのコントラバスだけでなく、エレキベースやジャズも教えてるそうです。

そんな頼もしい男性二人に支えられ、やっと安心できました

c0252522_18552527.jpg


特に、この写真手前に写ってる先生は、上手だったー。


初めて会った人と、まるで一身同体になったように演奏するのって、なんとも爽快なんですよ。

「オーケストラ」という共通言語って、本当にすごいと思います。


どの楽器もそうだと思いますが、

コントラバスやってる男性ってみんななんとなくタイプが似ているから、

このお二人も初対面とは思えませんでした。

なんかずっと前から知ってたような。

それって、日本だけじゃなくて、世界中で同じなんだな~って、面白かったです。



そして本番。

(写真は新聞よりお借りしました)

c0252522_18424231.jpg


私はぎりぎり右端に写っております。

そうなんですよ、結局トップだったんですよ(涙

それ以外の弦は全員プロオケの方がトップなのに。

まあいいや、コントラバスは独立したパートではなく、チェロの一部ということにしておいてもらおう・・・。


会場は一席も空いてない、満員。

こちら、地元出身の有名歌手の方がソロで歌ったり、デュエットしたり・・・

c0252522_18424695.jpg



右のヘレンさんが、前のブログに書いた映画の主題歌を歌ったときには

観客総立ちで割れんばかりの拍手でした☆


オーケストラの曲も、なかなか上手くいって(ってほとんどプロの人ばっかりだから当たり前なんだけど・・・)

練習はあんなに長くてしんどかったのに、

本番はあっという間に終わってしまって、寂しいくらいでした。

ラストのチャイコフスキーの5番は、誰からがYOUTUBEにアップしてくれてたので、

ごらんいただくことができますよ。

クラシックはちょっと・・・という方も、ぜひご覧になってみて下さい。

この曲はクラシックという域を超えたカッコイイ名曲ですよ!


http://youtu.be/Uw0WGWLE9Eo

私は相変わらず、首振りすぎなんですけどね・・・。


さて、本番のあとは、カクテルパーティー。

そこで、有名歌手のヘレンさんがいらっしゃったので、

勇気を出して話しかけてみました。


私 「あなたの映画、日本で観たんです!」

ヘレン 「あらそう! どの映画かしら?」


あ、失礼しました・・・。色んな映画に出てらっしゃるのですね(^_^.)


私「 『喜びを歌に載せて』です。 今の夫と初めてのデートだったんです~(←脚色あり)」


そしたら、夫はスウェーデン人なのかとか、なんでこの街に住んでるのかとか、色々聞かれて、

自分の人生を詳しく説明する羽目になりました(苦笑)


そのあとは、ディナーがありました。


c0252522_18373860.jpg


真ん中の赤い服の方がヘレンさんです。


前菜はえびのカクテル

c0252522_18375424.jpg


お肉料理

c0252522_18382759.jpg



100周年記念ケーキ!笑

c0252522_18384478.jpg



この1日で、本当にたくさんの人とお話できたことも感動でした。

初対面の方、今まで一緒に演奏してきたけど話す機会がなかった方、

100周年記念演奏会というイベントの元で100人以上の人が一丸となり、やり遂げた爽快感。


ますますこの街が好きになりました☆

ここでの生活がこれからもっと楽しくなりそうな予感です。



さて、その頃東京では・・・


スウェーデンの超人気歌手ロリーンがビルボードライブ東京でライブをしていました。

大使館への表敬訪問のパーティーには、小室哲哉さんや叶美香さんも駆けつけたとか。


私にとっては元同僚となる、大使館の広報部・スウェーデン語の先生でもある速水ながめさんから写真が届きました。


c0252522_19262834.jpg


なぬーー!?ロリーンとツーショット!?

うらやましすぎです!

ちなみに、ロリーンはいつもこの半目で写真に写っているので、これが彼女のキメ顔と思われます。


しかもこの写真、大使に撮らせたらしい。

さすが、ながめさん。。。
by kuyamayoko | 2013-02-25 11:38 | スウェーデンでの暮らし

イケメンからの熱い視線とウインク

娘のお誕生日会で、燃え尽きた我が家。

(といってもあれはスウェーデンでごく標準的なパーティーで、うちが特別がんばったわけではありません)

元々風邪をひいていた娘と夫に加え、私もついに仲間入り♪

火・水と仲良く3人で家にいました♪

♪じゃなくて、ほんとにしんどかった~泣


私はまだ完全に治らず、今日予定されていたビジネス誌のインタビューは延期にさせていただきました。

申し訳ないけど。

撮影もあるインタビューだし、仕事場つまり自宅を片付けるエネルギーがない・・・。

記者さんにお願いして、来週にしてもらいました。


でもオーケストラの演奏会だけは、どうにも日にちは変えられないので、

ぼろぼろの状態で練習に行ってます。

本当は演奏会前に、放置してたら腰まで伸びてしまった髪を切りにいこうと思っていたのですが、

風邪のためそれも叶わず。

蒼白な顔色、かゆくて目をこすってしまうので化粧はできない。

くしゃみで晴れ上がったまぶた、

そして超ロングの黒髪。



まさに、ジャパニーズ・ホラー・ムービーにそのまま主演できそうな状態で練習に現れています。


そんな花子さんに、練習中熱~い視線を送ってくるイケメン

c0252522_1783838.jpg


今回の指揮者の方です。


演奏中、何度も何度も私のほうを見て、熱~い視線を送ってくる

(訳: きみ!そこ間違ってるよ! or そこ!もっとクレッシェンド!!)

そして ウインクされる

(訳: そうそう、それでよし)

いつも足引っ張って、ほんとすいません・・・。



いつもガラガラの練習場が、本番が近づきプレーヤーでいっぱいです☆

c0252522_1744113.jpg



エキストラの方はみんなプロか、音楽の先生やってる人たちばかりなので、演奏もそりゃ上手に聴こえるよね~。

弾いてて気分いいです。

自分のことは棚にあげ。


さあ、今夜はホール練習で、

明日はいよいよ本番!

なんとか、倒れずにこれを乗り切らねば・・・。
by kuyamayoko | 2013-02-22 17:22 | スウェーデンでの暮らし

新聞見たら、自分が載ってた

日曜日の朝。

新聞をぱらぱらめくってたら、見慣れた顔が。(左上)

c0252522_6273156.jpg



何ヘラヘラ笑ってるんでしょうか・・・。

自分でもわかりません。

オーケストラの100周年記念コンサートが来週なので、

「いよいよ練習も白熱しています」みたいな大々的な記事でした☆


小さな写真もありました。

c0252522_6281385.jpg


団員はたくさんいますが、

先輩方を差しおいて実名で写真が載ったのは私だけ・・・


というのも、この記事書いたのがスザンヌおばさま。

クリスマス前に載った記事を書いてくれたのと同じ記者さん。

その記事はこちら→リック

なんか、またまたおばさまの愛を感じる♪


あの記事の反響は大きくて、

その後ラジオ番組にもゲスト出演させてもらったし、

今日も電話があって地元のビジネス雑誌に取材を申し込まれた。


おばさまのおかげ。ありがとう~☆


私は芸能人じゃないので(笑)取材を受けたからって、どれも一銭の儲けにもなりませんが、

地元の人たちに自分の活動を知ってもらえるのは嬉しいです。

だって、顔が東洋人というだけで「専業主婦?」みたいな目で見られることも多いし。

そこらのスウェーデン人より、よっぽど働いてるっつーの! (てか、働きすぎ・・・)


ましてや自営業って、一体何やってるか、外からはわかりづらいからね。

新聞記事のおかげで、保育園にも堂々と遅くまで子供を預けられますよ。


さて、今日は練習に行ってきました。

今日から本番と同じ指揮者さんの指導で練習です。

メンバーも、足りないところにプロの方が入ってくださって、ほぼフルオーケストラ!

音が違う! 一気に重圧感!!

なのに私、コントラバスはひとりぼっち・・・涙

なのに、指揮者にやたら捕まる・・・・涙

見逃してくだせえー!

本番は三人に増えるそうです。

それでも少ないよ~

プロオケでも4人はいるんじゃ?

私が学生の頃は8人が普通でしたけど?

まあ日本とスウェーデンでは人口密度が違いすぎるので、仕方ないか。


いつもは800人収容のホールに50人くらいしかお客さんの入らないうちのオケですが、

今回は超有名歌手の方がゲスト出演してくださるということで、もう何週間も前にチケットが完売という!

超有名歌手って言っても、どうせ私は知らないし~と思ってたら、

今日知りました。

私が日本で観に行ったことのある(EU映画祭だったか)

スウェーデン映画『歓びを歌に乗せて』に主演した女優さんだそうです。

c0252522_72794.jpg


この映画はスウェーデンで大ヒットし、

二〇〇四年のアカデミー外国語映画賞にノミネートされたそうです。


田舎の村に有名な指揮者が療養にきて、

ひょんなことから、教会の聖歌隊を指導することになる。

すごく歌がうまいんだけど、夫からDVを受けてて自分に自信のないガブリエル。

ドイツの合唱コンテストに出演することになった聖歌隊。

ラストでガブリエルがソロで歌い上げる『ガブリエラの歌』は感動的でした。

c0252522_72328.jpg



それを私たちオーケストラの伴奏で、ご本人に歌っていただくのです☆

いよいよ土曜日!

楽しみです~

c0252522_73347.jpg

by kuyamayoko | 2013-02-18 22:28 | スウェーデンでの暮らし

5歳のお誕生日会(本番編)

前回の準備編に続きまして、本番です。

ちなみに、写真が復活していますが、

携帯が見つかったわけではなく、

「写真が撮れないと人生が楽しくない・・・」と落ち込んでいた私を見かねて、

同じ機種を使っている夫が、「かわいそうだから」と自分の携帯をくれました。

彼は今、古い携帯を取り出して使っています・・・・。

なんていい人なんでしょう。

いつもこき使ってばかりなのに、ごめんなさい。

そもそも失くした携帯も、クリスマスプレゼントに夫からもらったばかりだったのに。

本当にすいません。。。。


この場をかりて、お詫びします。

夫これ読んでないけど。


というわけで、これからも調子よく写真をたくさんUPしていきますー!



さて、娘がノロになったせいで1週間遅れで開催となった、お誕生日会ですが、

この日の朝も突然、激しく咳き込み始め・・・・また風邪!?!?

勘弁してよ・・・

今日は無理やりでも決行させていただきますよ。。


ということで、

予定の13時になると、次々と可愛く着飾ったゲストたちが登場してくれました☆


去年は、ここで、渡されたプレゼントをどんどんオープンしてしまったのが敗因でしたので、

(やたら時間がかかって1時間くらいのロス。しかもいただいたものを開けるのに親が見てないわけにもいかないので、その間ゲストを放置する結果に)

今年は「じゃああとで開けさせてもらおうね~」と、一箇所に並べておきました。


c0252522_5113765.jpg



ディスコパーティーというテーマでしたので、

リビングをDISCOに!

c0252522_5121691.jpg


・・・でもなんか、いまいち盛り上がらなかった!?

なんでだろう?

保育園ではみんな狂ったように踊ってるはずなのになぁ。

みんなちょっと、恥ずかしかったみたいです。


見物する親たち。

c0252522_513866.jpg



それから、ケーキタイム~

c0252522_5143919.jpg


c0252522_5135727.jpg



うちの娘も含めて、ケーキは食べない子もいるので、

アイスクリームにポッキー二色をさして、小さなマシュマロを飾って ちょっとパフェ風?に。

c0252522_5152280.jpg


(お皿の柄がうるさくて、なんだかよくわかりませんね・・・・)


そのあとは、定番の「宝探し」

テレビの横に隠してあるものを、見つけてくれました!

c0252522_5165049.jpg



それからプレゼント・オープニング。


誰に指示されることなく、こうやって円座になるのは、保育園仕込ですなあ~

c0252522_5172828.jpg


最後は「魚釣り」

お菓子の詰め合わせが入った紙袋を「釣る」のです。

階段の手すりごしに、釣竿をたらし、下で待機するパパがそこに紙袋をつけます。


c0252522_5174038.jpg



ここでもまた、誰にも指示されずとも、きれいに列を作るのが、なんともスウェーデンらしい。

(スウェーデンで最も卑劣な犯罪とされるのは「列の順番抜かし」と「脱税」と「洗濯室の予約間違い使用」です)

いやあ、みんな楽しんでもらえたようでよかった!

帰りたくないとぐずる子も多発しました。

どうしても帰らない2人のお友達は、そのあと2時間くらい残ってました・・・笑


その間、その親(いつもの刺青ハーレー・パパと、別のママ)と、のんび~りおしゃべりできて楽しかった。

パーティー中は、進行に必死で、他の親としゃべる余裕が一切なかったので・・・汗



さて、翌日は保育園とは関係ないお友達ご家族を2組招いてのディナーパーティー。

この日も娘は朝から激しく咳をしていたのですが、アイススケートの発表会などは休ませて、パーティーは決行しました。


ダンス教室で仲良くなったお友達アリーナちゃん。

今では家族ぐるみで行き来する仲に。

c0252522_519052.jpg


スウェーデン人ではなく、アルメニア人のご家族です。

アルメニアってどこ?!と思われる方も多いと思います。

私もそうでした。

それがたまたま、アルメニアが舞台の小説を読んでにわかにアルメニアに詳しくなった翌週に、そのママから突然「娘たちのダンスのクラスが終わるまでお茶しない?」と誘ってもらって・・・・

なんかすごく運命を感じました!

美容師さんをやってるママなので、

アリーナちゃんの髪型もいつももうすごいキメキメで、ほんとにうらやましいっ。


アリーナちゃんからも、お兄ちゃんのガーニック君からも、プレゼントをもらいました。

c0252522_5195690.jpg



他にお招きしたのは、私が親しくしているスウェーデン人のご家族。

パパは地元警察のベテラン警官で、私の仲良しです。

お嬢さんは、高校で私の日本語のクラスにいます☆


c0252522_521970.jpg


メニューは手巻き寿司と

c0252522_5222342.jpg


餃子。

c0252522_5222824.jpg


最後のほうは、もう風邪で何がなんだかわからなくなってきた娘・・・・

c0252522_5235618.jpg


明日からまた保育園休ませます (^_^.)

娘の看病を理由に、疲れ果てたパパも会社休みます (^_^.)


いや~でも、誕生日会x2 が無事終わって本当にほっとしました。


でも、よく考えたら私はオーケストラの100周年記念コンサートが1週間後!

今週は 月・木・金と夜4時間練習で、土曜日が本番ですっ!

またまたタフな一週間になりそう・・・。

楽しいからいいけど。


みなさんも、楽しい一週間を過ごしてくださいね~☆

(自営業になってから、日曜夜が一番ウキウキで、金曜夜が一番憂鬱な私です)
by kuyamayoko | 2013-02-18 07:12 | スウェーデンでの暮らし

5歳のお誕生日会(準備編)

ノロのせいで、1週間延期になった、娘のお誕生日会。

一週間延期になったというのに、あれやこれやと準備が終わっておらず、

あまりのプレッシャーに金曜日会社を休んだというダメな夫・・・。

「宝探し」と「魚釣り」は夫が準備するという役割分担だったのに、なぜさっさと準備しておかない!?

まったく・・・。


「宝探し」と「魚釣りは」 スウェーデンのお誕生日会で必ず両方もしくはどちらかやります。


「宝探し」は、名前の通り お宝(何でもよい) を家のどこかに隠しておいて、

地図を頼りに子供たちがそれを探すというもの。

5歳は地図(家の間取り図)だとまだ難しいので、そこが隠されている場所を絵に書いておきます。

c0252522_20304738.jpg



我が家はネットで注文した、エッグを隠しました。

エッグが入っているのは、昔メキシコで買った卵バスケットです。

c0252522_20312727.jpg




それから、前日に焼いたスポンジケーキの飾りつけもしないとね!

こちらがその見本となった、バービー雑誌の写真です。

c0252522_20312945.jpg


正直、「まずそーーーっ」と思いますが。

娘は元々ケーキ全般が嫌いなので、どうせ食べない。

ならビジュアルだけでも、希望通りにしてあげようと。

ピンクに染めた生クリームと、缶詰の桃を挟みました。

c0252522_203243.jpg



それから市販の白いマジパンをかぶせ、

これまた市販のマジパンのお花&葉っぱを、娘が自分で飾りました。

それからピンクの生クリームを回りにしぼって、銀色のきらきらを散らしました~

c0252522_20322723.jpg



ちなみにワタクシ、37歳にして、スポンジを焼いたのも初めてだし、生クリームを絞り金で扱ったのも初めてという体たらくです・・・。


当日はひたすらお掃除お掃除!

バスルームは、タオルを新調してみました。

最近お気に入りのPIP STUDIOのもの。

c0252522_20325886.jpg


タオルを替えただけで、バスルームがさわやかになった気がする~☆

c0252522_2033826.jpg


元々ピンクをさし色にしていたので、このタオルはよく合います。

c0252522_20334967.jpg



娘はその間、お客さんに配るブレスレットを手作りしておりました。

c0252522_20344569.jpg



スウェーデンでは野外コンサートなどでこういうブレスレットが入場代わりなのです。

それを模して。

c0252522_20351455.jpg



部屋の飾りつけも何とか終わりました・・・。

c0252522_20354790.jpg



誕生日会といえば風船は欠かせませんよね~

c0252522_20354691.jpg



お誕生日プレゼントにしたマイクもセッティング。


c0252522_20363221.jpg



大人にはこちらに座ってくつろいでもらおうと、ソファを普段とは逆の方向にしました。

(普段はテレビが見えるようになっている)


c0252522_20365814.jpg



大人用のお茶スペースもセッティング。

c0252522_20373325.jpg


右上のピンクはスウェーデンのバレンタインのお菓子。

左上は、生チョコトリュフを作りました。

下はサワークリームを入れたケーキ。

c0252522_20381479.jpg


ミルクとお砂糖の入れ物も、PIP STUDIOです。

c0252522_20382531.jpg



最近スウェーデンではすごくはやってて、どこのインテリアセレクトショップでも置いてある。

調べてみると、オランダのブランドらしいです。

HPも可愛いですよ! PIP STUDIO


というわけで、なんとか無事準備が終わりまして、あとは本番編へと続きます・・・。
by kuyamayoko | 2013-02-17 06:00 | スウェーデンでの暮らし

親の愛情が子供の人生にどう影響を与えるか

今週は怒涛のような日々で、今日やっと一段落しました~。

娘は週末元気にしていたので、月曜は保育園に行かせたのですが、

夜中にまた微熱が。

かわいそうに~。。ごめん。

というわけで、火曜・水曜はお休み。


そんな中、私は怒涛の締め切りウイークで、

子供にはテレビ見せっぱなしで1日16時間くらい働いてました・・・。

またまたごめん~!

ちょうど校正の締め切りだったミステリ。

上下巻700ページを2日でやりました(>_<)

来月発売なので、出版社のHPの<近刊案内>にも載り始めましたよ。

(よかったらクリックしてみてください ↑)


こういうの見ると、ああ本当に本になるんだな~ってテンションあがります♪

この本、表紙が素敵で、スウェーデンに来てからずっと気になってたのですが、

出版社さんにご紹介するためにレジメを書いたのが 2011年夏。

これ、やります!というありがたいお返事を出版社さんからいただいたのが、2011年年末。

それから翻訳して、何度も校正して、実に1年3ヶ月でやっと本屋に並ぶのです。

(この期間は、もちろん本によってまちまちです)

1冊の本を翻訳出版するのにかかるエネルギーって本当にすごい。

もちろん私だけではなくて、編集者さんや校正のプロの方々、レイアウトの方など、たくさんの人が関わっているのです。

本の表紙には作者と訳者の名前しか載りませんが、

それ以外にも、ほんとに信じられないような時間とエネルギーを費やして下さっている方々がいるのです!




ところでこの本は、親の愛情が子供の人生にどういう影響を与えるか、みたいなテーマで、

フィクションですが、色んな種類の悪い母親がいーっぱい出てくる本です。

もちろん、その親がなんでそんな風になっちゃったのかという考察もあります。


1960年代に生きていたある母親。(フィクションですが)

夫は飲んだくれで暴力ばかり振るい、彼女はお針子として生計を立てていました。

縫い物をする間に、赤ん坊がぐずるらないよう、1日中お砂糖とバターを舐めさせていたそう。

当然それは息子の人生に大きく影響しました。(詳細はネタバレなので言えませんが)

ひどいな~っ と思うわけですが、


今週の自分の場合、このお砂糖とバターが テレビとiPADに代わってるだけのような気もします(涙)


仕事と子育ての両立って、やっぱり大変。

みんな色々工夫しながら、それでもなんとか最善の方法を取っているわけですよね。。。



おかげさまで、それ以外にも この本のあとがきの校正の締め切りも、インテリア雑誌の16ページ記事の締め切りも、今朝でクリア!!!

ほっとした~~~涙


しかし、もう金曜日。

土日は2日とも、娘のお誕生日パーティー@自宅。

本当はひとつは先週末の予定だったのに、ノロで延期になったため2連ちゃんになってしまいました。


ロクに寝てない状態で、昨日夜は果敢にもケーキのスポンジを焼いてみました。

ケーキなんて焼いたことないのに、実に無謀な挑戦でしたが、一応できたみたい?

二つに切って、切り目を入れると、ちょうちょの出来上がり。

c0252522_17405855.jpg



バービーの雑誌に載っていたアイディアです。

これを今夜娘と一緒に マジパンやピンク色のクリーム、マジパンのお花の飾りなどでデコレーションします!


そういや、月曜から携帯を紛失しているのに、それを探す暇もありませんでした。

昨日やっと、警察に電話したり、忘れたかなと思った学校に見に行ったりしました。

でもなかった・・・涙

というわけで、当分このブログも写真ナシです。

古いiPHONEをまた取り出して使ってますが、カメラが悪くて、撮る気が起きません。


昨日はバレンタインでしたね♪

町中でも素敵なシーンをいくつか見かけたのですが、やはり写真撮れず(涙)


保育園から送られてきた、こちらの写真で・・・

c0252522_1917159.jpg


(左上のピンク&赤のがうちの娘です~)
by kuyamayoko | 2013-02-15 19:26

ノロきた

しばらくBlogをアップできませんした。

というのも、先週は娘の5歳の誕生日だったのですが、色々とトラブルが・・・。


まずお誕生日当日、「今日くらい早めにお迎えに行ってあげよう」と思い1時間早く家を出たところ、

除雪車が通ったあとで家の前に高さ50センチくらいの固い雪の壁ができていて車を出せない・・・

確かに、前日からのすごい雪でして、除雪車が入ってくれるのはありがたいのですが、家の入り口かどうかもお構いなしに道路中の雪が道脇に固くよせらるため、車が出せなくなるのです。

結局雪かきに1時間かかり、いつもと同じ時間に・・・。ごめんね。


それでも、夜ごはんは娘の大好きななんちゃってビビンパ。

c0252522_18212835.jpg


各お野菜を刻んでナムルにして、お肉を甘く炒めるだけ。

大人はこれにコチジャンをかければ、大満足。

娘も普段の倍は食べてくれて、母親冥利に尽きていたのです・・・が・・・・。


食後も、誕生日プレゼントにもらった、マイクセットで週末のディスコパーティー(お誕生日会)に向けての調整に余念がなかったのです・・・が・・・・。
c0252522_18214270.jpg



夜中に娘が目を覚まして、吐き始めた!! (>_<)

シーツ替えたり、洗濯したり・・・。

余談ですが、去年までマンションだったので、外の共同洗濯室を予約しないと使えなかった。
スウェーデンでは賃貸でも分譲でも、洗濯機は共同のところが多いです。
洗濯機を買うお金はかからないのでいいけど、予約してないと使えないのは小さい子がいると辛い~
それを思うと、家を買って本当によかった・・・。


話は戻りまして、

娘は熱も微熱程度で、朝には嘔吐も止まったので、

これはノロだな~と。

スウェーデンの冬の御三家は ノロ・インフル・RS!

今年は例年にまして、流行ってるようです。

ノロは人にうつすのが怖いので、週末のお誕生日会は急遽翌週へ延期・・・。

予定してくれていたお友達に申し訳ない。

けどしょうがいない・・・。



週末、娘はもう元気だったのですが、結局家に缶詰。

菌をばらまきたくないのでね~

保育園もノロは症状が治まってから48時間自宅待機という決まりになっています。

年明けに、うちの町では、ピザレストランのビュッフェサラダが原因で20人以上のノロ食中毒を出し、1人亡くなるという痛ましい事件が起きています。

衛生局がかなり長いこと調査をしていましたが、レストラン側の落ち度はなく、スタッフにノロだった人もおらず。

それって絶対、病み上がりで食べに来た子供がうっかりサラダの前でセキしたり、「ママ~はやくとって!!」と」騒いでつばが飛んだりしたんじゃないかと私は思っているわけです。

病み上がりの娘を連れて外出して、そんな事態を引き起こしては大変です。人が亡くなったり、そのレストランが悪評で倒産しかねない。

恐ろしい・・・ノロ・・・。


というわけで、いつもなら習い事や買い物で忙しい週末ですが、

48時間も時間があるということで、

ずっと手をつけていなかった

我が家最後の秘境(あ、全然最後じゃないか・・・)

子供部屋の片付けに着手しました。

子供ったって一人しかいないのに、

3年前に要らないものはすべて処分してスウェーデンに来たのに、

いつの間にまたこんなに物が増えたのか・・・

夫がたまに片付けてくれるのですが、床にあるものを棚に置いていくだけで、

ごみなのかおもちゃなのかわからないものが、どんどん棚にたまっていき・・・


c0252522_18215916.jpg


結局丸2日かけて、ごみを分別。

この大きな二袋、全部ごみです。

使わないから思いきって捨てよう、とかじゃなくて、100%ピュアにごみでした。

これだけのごみを後生大事にしまっていたみたいです。

c0252522_1822101.jpg


こちらはもう使わない赤ちゃん用のおもちゃやぬいぐるみ → 地下の倉庫いき

c0252522_18222374.jpg


や、やっと片付いた・・・・

c0252522_18224590.jpg


この大きな棚はIKEAのもの。

青い布ケースは、今はピンクも出ているようなので、買い換えようかなぁ、そのほうが部屋に合うし。

c0252522_1823336.jpg



上のほうはどうせ子供の手が届かないので、飾りだなにしています。

もう使わないけど、可愛い赤ちゃんのおもちゃを飾っています。


c0252522_18231864.jpg


これはフランス製のおもちゃ。以前、イタリアのばあばにいただきました。

c0252522_18233434.jpg


BRIOのピエロとか。

c0252522_18234460.jpg


こちらもBRIO

このお馬さんは、私が一番好きなおもちゃ。

発売されたとき、スウェーデンでは雑誌の表紙を飾ったほどの、イケメン?!です。

スウェーデン名物のダーラヘストを模したもの、といえばわかっていただけるでしょうか?

c0252522_1824278.jpg


そしてこちらのトビラを開けると・・・

c0252522_1824167.jpg


娘が今一番ハマっている、ポニーの社(やしろ)となっております。

c0252522_18243599.jpg




今日から週明けまして、娘は元気に登園しましたが、

今度は夫が 吸血鬼のように目が赤い・・・

ノロウイルスが目に入った? 苦笑


病院に電話するも、電話もつながらない混みよう。

(スウェーデンではそれぞれがひとつの決まったクリニックに登録されていて、そこ以外行けない)

しょうがないので病院はあきらめて、薬局で薬剤師さんに相談してみよう。


スウェーデンは医療費が安いのはいいのですが、

常にキャパ不足で、

病院に電話しても、「家で安静に」とか「様子見てください」といわれることがほとんど。

めったにお医者様にお目にかからせていただけることはありません。

子供も高熱が3日以上続かない限り、まず病院では診てもらえません。


どんな貧しい人でも病院にかかれるというのはいいことだと思いますが、
ある程度お金のある人なら、日本のようにお金さえ払えばすぐ必要な治療が受けられるほうがいいと思うと思います。


福祉社会というのは、いいことばっかりではありませんのですよ・・・。
by kuyamayoko | 2013-02-11 19:20 | スウェーデンでの暮らし
最新の記事
更新情報
at 2013-12-02 18:09
スウェーデンミステリアカデミ..
at 2013-10-30 10:55
紅葉の秋
at 2013-10-14 16:31
ヘニング・マンケル氏の写真あ..
at 2013-10-03 04:52
シンガポール1泊4日の弾丸出張
at 2013-09-26 13:13
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
その他のジャンル