子育ての理想郷を求めてスウェーデンに移住しちゃった私


yoko kuyama
by kuyamayoko
更新通知を受け取る
Twitter

日本のワーキングマムを楽にしたい!

1月8日は私たち一家のスウェーデンへの移住記念日でした。

移住して、丸三年。

そして、四年目が始まったわけです。


移住に至った経緯は、またおいおい詳しく書きたいと思っているのですが、

一言で言うと、

東京で共働きだった私たちは、子供が生まれてから体力的にも精神的にもすごくしんどかった。

こんなにしんどい思いをする必要あるんだろうか?

特に海外で育っている夫は、もっと楽に子育てと仕事を両立できる外国に住みたい!

という思いを強くしていました。


私自身は、大好きな(当時の)仕事を辞めてまで外国に住むなんて考えたことなかったのですが・・・


結局、夫の熱意に押されて、”共働き子育て大国”として有名なスウェーデンに住んでみることに。

スウェーデンなら、子育てしやすいんじゃない?! という、ただそれだけで、ここに来ました。



それからすったもんだ色々あったんですが、

(私にとって一番大きかったのは、こちらで仕事が見つかるのかどうかという問題でした)

そのこともまたおいおい詳しく書きたいと思っています。


三年たってみて、

私も今はすごくたくさん仕事をするようになって、

思うことは、

本当にこっちは楽やねえ~~~~


何が楽なのか、

どうして楽なのか、


それも一言ではとても書ききれないので、

またおいおい・・・



移住4年目を迎えた私の今年の目標は、

せっかく、Graziaのブログという発信の場を与えていただいたわけですし、


スウェーデンでの子育ての何が楽なのかを日々分析し、

日本のママたちが少しでも楽になるような情報を発信していきたい。



もちろん、社会制度や人の考え方など

個人レベルでは変えられないもの、一昼夜で急に変わるものではないこともたくさんあります。


でもね・・・

スウェーデンはおそらく精神面では日本の30年?40年?くらい先をいく国。

私たちの世代だと、自分たちのお母さんはみんな共働き、おばあちゃんは専業主婦だった、という感じなので、そのくらいだと思います。


日本もだんだんスウェーデンのような社会になってきているとは思うのです。

日本の数十年後かもしれない未来の社会がここにあるような気がするのです。


そこにはもちろん、良い面も悪い面もあります。

良い面しかない国なんてありません。


良い面も悪い面も隠すことなく皆さんにお伝えすることで、

スウェーデンの良い面だけを取り入れていく。

日本の良い面は残しつつ。

そんな未来の作り方はどうでしょうか?


つまり いいとこどり しちゃいましょうよ、という。


これまでは、ダラダラと日々の風景をお伝えしてきましたが(笑)

それも続けつつ、

今後はそういったテーマでも色々発信していきたいと思っています。


もちろん、質問、コメント大歓迎ですので!

色々と意見交換していければとも思っています。


どうぞよろしくお願いします☆
by kuyamayoko | 2013-01-09 20:01 | 日本のママたちを楽にしたい!
最新の記事
更新情報
at 2013-12-02 18:09
スウェーデンミステリアカデミ..
at 2013-10-30 10:55
紅葉の秋
at 2013-10-14 16:31
ヘニング・マンケル氏の写真あ..
at 2013-10-03 04:52
シンガポール1泊4日の弾丸出張
at 2013-09-26 13:13
カテゴリ
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
その他のジャンル