白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
エキサイトエキサイトブログホーム | ブログトップ | サイトマップ
白石康次郎 spirit of yukoh ブログ
spirit of yukoh
単独世界一周ヨットレース「5-OCEANS(5オーシャンズ)」にspirit of yukoh号に乗り込み、日本人初のクラスⅠにてチャレンジする海洋冒険家、白石康次郎の公式(オフィシャル)ブログページです。
by kojiro_shiraishi
 公式ホームページ
 ライフログ
 カテゴリ
 以前の記事
 フォロー中のブログ
 最新のコメント
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 05:03
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 04:28
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:42
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:28
こんにちは 返信してく..
by دانلود آهنگ at 03:25
感動的に読ませていただき..
by 市川美佐枝 at 21:42
お邪魔します。 ようや..
by ガク at 00:06
はじめてコメントさせてい..
by ちぃ at 09:39
お邪魔します。 過日(..
by ガク at 18:09
とても素敵です ありが..
by ゆう at 22:05
 最新のトラックバック
 検索
 タグ
 その他のジャンル
 ファン
 記事ランキング
 ブログジャンル
 画像一覧
2006年 11月 20日 ( 3 )
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-20
UTC11:46 41-57,43S  01-08,20W C SW 20kt 1010hp 14℃

コース100 17kt

昨日、デイラン(24時間)で自己最高を記録。

今朝早、く前線が通過。
風が大きくシフトする。
ジャイブして今は少し上り気味で走っている。
もう少し南へ行ってもいいのだが、また風が西へシフトするだろうから、スピード重視で走る。

昨日、デイラン(24時間)で自己最高を記録。

423,9マイル 平均17,66ktである。

日本最高かも?
世界には及びません。この記録持っているのは確かアレックスかな。

前回オープン40では確か最高270マイルぐらいだと思う。
さすがオープン60である。

しかし、いろいろなところが壊れた。
一番驚いたのが、ステイスルのカバーがはがされていたことだ。
ステイスルはいつもたたんでカバーの中に入れる。
ちゃんとセールタイで縛っていたのだが、セールタイは引きちぎれ、ステイとの止め金もちぎれている。
波の勢いとはすごいものである。

あまり、アレックスやマイクを意識して走ると、船を壊しそうなので、このマダム・ユーコーにあわせた走りをしないといけない。
この船も若くは無いので、程よい加減を見つけよう。

外は相変わらず鉛色。
今日、作業を終えてキャビンは入ると口から白い息が出た。
南氷洋と言った感じだ。

康次郎
タグ:
by kojiro_shiraishi | 2006-11-20 22:24 | Comments(3)
パシフィコ横浜で頂いた応援メッセージ
去る11月18日、19日に横浜みなとみらい・パシフィコ横浜にて行われました「横浜国際フェスタ・だがしや楽校」にて実施しました白石康次郎展示コーナーですが、たくさんの方のご声援、
募金大変ありがとうございました。応援メッセージ・募金はオーストラリアにて、白石に渡させて
頂きます。

会場でいただきました、応援メッセージです!
本当にありがとうございました!







タグ:
by kojiro_shiraishi | 2006-11-20 14:19 | Comments(1)
康次郎の世界一周 Ship's Log 11-19
UTC14:25 40-55,75S 08-58,21W C NW 35kt 1007hp 15℃

コース104  艇速18kt

今朝から風が30ktを越してきた。
まるで木製のジェットコースターに乗っているようである。


康次郎の世界一周 Ship\'s Log 11-19_d0073005_1495071.jpg

撮影:白石康次郎

C5を降ろすのに苦労した。
この強風ではうまくロールされず、上部のほうがセールが巻ききれない。
次ぎセールを揚げるときに、巻ききれていない部分をセールが暴れないように毛糸の糸で縛ればよいのだが毛糸の糸を買い忘れた。
今のところテープで代用しようと思っている。
テープでは、やったことが無いのでわからないが、次にC5を揚げるときには注意しないといけない。


今は、コースを変えて少し風にのぼらせ、ソレントと2Pメインで20kt前後のスピード
波が大きくなってきているので、サーフィングするときにはすごい迫力だ。
船はコントロールできているが、今度は下りのパンチングが激しい。
波に乗るとまず、マストが笛のように、ピュ~~とうなる。
そして一気にドン、ドン、ドンドドドドと、20ktオーバーで波を下ってゆく。
最後にドバーと、船全体が波をかぶる。
これを何度と無く繰り返している。

船内は波きり音でステレオもボリュームを大きくしないと聞こえないほどだ。
まるで木製のジェットコースターに乗っているようである。

前のハッチが開いて、結構水が入ってしまった。
あと、ウインチからの水漏れが激しく、バケツをぶら下げて対処しているが2,3時間でいっぱいになってしまう。
これもストレスである。

こうやってタイプを打つのも相当疲れる。

康次郎
タグ:
by kojiro_shiraishi | 2006-11-20 14:11 | Comments(3)


当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム