ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

火に油

寒い、寒過ぎます。気温も、そして試合も。。。。
忘れた振りをして納めていた怒り再燃です。

序章はロシアの人たちだって、
マトリョーシュカをつくっちゃうくらい大きく期待してしまった
本田(←もう呼び捨てです)のチャンピオンズリーグ第2戦の肩すかし。
火に油_c0249163_18432487.jpg


負けたっていいんです。何かを見せてもらえれば!
まずは自身のパスミスから失点。
相手のFKでは、壁なのに脚を広げてボールの通り道をご用意。。。
でもまぁ、そんなにトントン拍子じゃ、
鼻高々になるだけです。ここは試練。なんたって彼はAB型です。
何事もなかったように、また果敢にトライすることでしょう。

で、で、日本代表セルビア戦です。
このサッカー最優先のワタクシが、信じがたいことに、
後半途中から寝てしまったんです。
もちろんここしばらく、かなりハードな日々だったってことはあります。
でも、です。気がついたら、玉田選手も交代し、試合も終わっちゃってました。
今日の試合は、またファンの怒りに油を注いでしまいました。
サッカーサイトの読者採点では2.0点の最低点が一位です。
なんと相手は監督補佐が指揮していたとか。
いちばん良かったのはエグザイル・TAKAHIROの国歌斉唱だった、
なんて声もあがるくらいです。
あ〜やるせない。。。。

そんなこんなで、今日はグルメどころじゃありません。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-08 01:29 | Comments(0)

正しいファッションエディター的お食事

とある夜の、グラツィアチームの首に巻き物ぐるぐる、
しっかりとした腕組みが示す通り、今年は花冷えな日が多いです。
でも、お花見が長くできるなんて幸せです。
正しいファッションエディター的お食事_c0249163_18432358.jpg


そんななか、トゥモローランドが展開する
ライフスタイル新ブランド「ナーラ ヘルト ナチューリクト」の
お披露目パーティーへ。
正しいファッションエディター的お食事_c0249163_18432372.jpg


このブランドはラムのデザインを手掛けていたグン・ヨハンソンさんによるもの。
オーガニックスキンケア、3つの香りから、私は
ダマスクローズにカモミールを加えたloveyをチョイス。
正しいファッションエディター的お食事_c0249163_18432328.jpg


つけると、とってもフェミニンで幸せな気持ちになるんです。
正しいファッションエディター的お食事_c0249163_18432319.jpg

正しいファッションエディター的お食事_c0249163_18432349.jpg


グンさんのオーガニックレシピのケータリングがどれもおいしい!!
なかでも春人参と金柑のマリネが秀逸。
クスクスにナッツのクランチやドライフルーツをを入れたサフラン風味の
「ジュエルドクスクス」の素敵なアイデアも使えそうです。

おしゃれでカラダによいこと。。。。
考えていてもついつい本能に負ける私には刺激になります。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-06 10:43 | Comments(0)

肉味噌の海に溺れて

ウチの近所の桜もほぼ満開です。
肉味噌の海に溺れて_c0249163_18432218.jpg


暖かくなって、いい気分というのに、
濃ゆい日々のばたばたに流されて、
今日がグラツィア5月号の発売日だったことに、
地下鉄の中吊りで気がつく始末。
肉味噌の海に溺れて_c0249163_18432221.jpg


結局いまいちの活躍でしたが、本田選手が登場する
チャンピオンズリーグもあるし
ということで、ちょっとよそ見をしながら、
明け方まで原稿を書いてたため正直すでに眠いです。
しかし締め切りだし、ブログを書いてる場合じゃないんです。

打ち合わせの途中で、おひとりさまランチです。
登龍@麹町。気がつけば、かなりの頻度で
お昼に中華料理を食べてます。
汗をかきかき、鼻をすすりながら、
おそらく名物の担々麺を食べているサラリーマンを
両サイドに配して、私はこっくりジャージャー麺!
肉味噌の海に溺れて_c0249163_18432237.jpg


冷たく締まった麺に、暖かく溺れそうな肉味噌の海。
このマッチしているのか、していないのか
わからない温度差がポイントです。
なかには白髪ねぎ。そしてさっぱりしたきゅうりの千切り。
これらが一体となり、絡みもつれあう至福のひととき♥
ジャージャー麺は、子供の頃、祖父が
よく親戚を引き連れてでかけた中華料理店でも
必ず締めに頼んでいた、マイ定番です。

我ながら驚く、濃いもの好き。三つ子の魂百まで、です。
仕事に戻ります。。。。
by koizumi_hiroko | 2010-04-02 00:20 | Comments(0)