ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ

金曜の夜は、グラツィアの連載「賢者の買い物道」でも、
ふたりで息の合ったトーク?!を繰り広げている大草直子さんの出版パーティー。
彼女はホントにエネルギッシュで、よく働き、よく遊び、よく食べる! 
しかもマンマです。いったいどこからあのパワーが溢れ出るのか……。
情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ_c0249163_1842539.jpg


さて、この週末はJリーグ好きにとっては超重要な、リーグ優勝が決まる最終戦。
TV観戦を楽しむために試合時間に標準を合わせ、自宅でプチパーティ状態。
昨日も深い夜帰りだったので、とにかく簡単に。
先日高島屋の展示会でいただいたペンネ&トマトソース@ペックを製作。
情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ_c0249163_1842542.jpg


いつもはここにガーリックや赤唐辛子、パンチェッタなんかを入れるけれど、
今日は胃腸もお疲れ気味なのでマンマ風に超シンプルに。でもバジルはたっぷり。
情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ_c0249163_1842697.jpg


お供はここ何年かごぶさただったけど今年は出来がいいと聞き、解禁直後に買って
ストックしていたボジョレーヌーボー@ジョルジュ・デュブッフ。
それにディーン&デルーカのデリ3種で、
大草さんの著書「おしゃれの手抜き」ならぬ「料理の手抜き」!

結局サプライズもなく、鹿島アントラーズが3連覇。
最終戦では各チームを去る選手の挨拶なんかもあって、人間模様も楽しめます。
浦和レッズの闘莉王、ガンバ大阪の播戸竜二……東西の人気チームの顔ともいえる
熱い男たちも新天地へ。別れの表現はそれぞれだったけど、
情熱的な人ほど義理堅く情に厚いから、ちょっと泣けます。
情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ_c0249163_1842662.jpg
情熱のマンマ風ペンネナポリタ〜ナ_c0249163_1842663.jpg


実はこの取り巻く熱いドラマこそサッカーの魅力なんです。
by koizumi_hiroko | 2009-12-06 14:53 | Comments(0)

金沢クリーミィうどん

12月に入り、いよいよ冬っぽくなってきました。
寒いです。けれど11年ぶりに表参道のイルミネーション再開とあって、
平日なのに若者より、むしろおじいちゃんやオバサマが、総カメラマン状態。
ここだけ熱いです。時の流れを感じます。
11年前はもしも携帯を持っていたとしてもカメラ機能は付いていなかったんですね。。。
金沢クリーミィうどん_c0249163_1842491.jpg


ディオールのブティックでは期間中、ビル全体を赤に染め上げ、
「ルージュ イベント」を行っています。華やかです。
金沢クリーミィうどん_c0249163_1842490.jpg


案外、地味なファッション編集者の仕事。
表参道の賑わいをあとに編集部にて、
校正というそのなかでも最も地味な仕事を終え、帰宅はすでに10時30分(泣)。
こんな時間から、がっつり食べている場合でもないけれど私は食べます!

今日は中学、高校時代を過ごした金沢で知った味をサクサクっと調理。
それは「金沢クリーミィうどん」、ホントの名前は「酒(ささ)うどん」。
人参、ささがきごぼう、かぶ、しいたけ、油揚げを適当に切って、
薄しょうゆベースのお出汁で火を入れます。
その間にボールに酒粕をちぎって溶かして、お出汁と混ぜます。
(このとき、ボールに熱いお出汁をちょっと入れ、
酒粕をしっかり柔らかくしてからお鍋に入れるのがポイント)
最後にうどんを入れ、ちょっと味をしみ込ませて完成。
金沢クリーミィうどん_c0249163_184248.jpg


とってもクリーミィで温まります!
半分くらい食べたところで、これは出身地、新潟のかんずりをベースにした
「ぬれ七味」を入れたらまた違う味に。
金沢クリーミィうどん_c0249163_1842528.jpg


お腹も落ち着いたころには、ユルさがお気に入りのTV番組「モヤさま」がスタート。
金沢クリーミィうどん_c0249163_1842544.jpg


それはそれで小さな幸せ♥
by koizumi_hiroko | 2009-12-04 19:32

白★うなぎ

はじめまして! グラツィア読者の方は、古泉 洋子として
ファッションページをご覧いただきありがとうございます。
正しく呼んでもらえることはほぼありませんが、コイズミヒロコと申します。
本業はファッション雑誌の編集者ですが、このブログでは
大好きな食べることにまつわる小話を綴っていきたいと思います。
詳しくは本日12月1日発売のグラツィア最新号に掲載しておりますので
手に取っていただければうれしいです。
まったくストイックでも、おしゃれでもなくてすみません!
カラダが欲するモノを食べる「本能のグルメ」のスタートです。


食べること以外のもうひとつの趣味、それはサッカー観戦。
しかもリーガエスパニョーラでも、セリアAでもなく、Jリーグ。
そのJリーグを盛り上げる、もっとも華やかなチーム、それが浦和レッズ!
熱い魂、赤い悪魔。その象徴ともいえる闘莉王選手に退団の噂があり、
その戦いぶりも見納め……と思い、埼玉スタジアムへ。

白★うなぎ_c0249163_1842318.jpg


今日はサッカー観戦日和。これは紅葉ではなく球場を埋め尽くすレッズのサポーターたち。
今回は仕事でお世話になっているヒューゴ ボスの美人プレス、明田川さんのご配慮で
特別にシートをご用意いただきました。
なぜならヒューゴ ボスは、浦和レッズの選手たちが移動する際の
かっこいいスーツを提供しているスポンサーなのです。

白★うなぎ_c0249163_1842346.jpg


実はしばらく不甲斐ない試合が多かったレッズ。けれどこの日はサッカーの醍醐味である
ドキドキ感も、内容も充実の素晴らしい試合でした。もちろん結果は3-2の白星。

どこかへ出かけたら必ず他にも楽しいことを見つけたい派なので、
試合後、勝利の余韻に包まれつつ、浦和名物のうなぎをいただきに。
小島屋@南浦和は、住宅街&畑に突然現れる立派な旧家で営業。
創業は江戸時代、二百年も営業しているという老舗。
地の冷酒といただくのは「うなぎの白焼き」。
普通はわさびだけど、こちらはさっぱりとショウガで。
うなぎって店によりホントさまざまですが、
こちらはしっかりと弾力のあるうなぎを、炭火で香ばしく焼いた素朴な味わい。

白★うなぎ_c0249163_1842475.jpg


白星で白焼き、最高の一日でした★
by koizumi_hiroko | 2009-12-01 12:00 | Comments(0)