ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

2012年 08月 30日 ( 1 )

金沢の庶民的な一面

まだまだ暑いですね。

お仕事でお世話になっている男性に、
金沢のおみやげを渡したんです。
相手「いい街ですよね…」
私「そうですよね、行かれたりしますか?」
相手「……」
私「??」
相手「あ、最初の奥さんの実家が…」
ああっ、やっちゃいました。
そんなことを思いださせてしまうとは!

と、高校時代の女子友達は
住みやすい街ゆえ、金沢にそのまま住んで
専業主婦という人も多いんです。
そんなひとりを誘い出して出かけたのが
金沢のソウルフードと言われる「第7餃子の店」。
実は私自身は住んでた時には
行ったことがなかったんですが、大人気です。
ものすごい大きなオープンキッチンで、
長いカウンター席なのに、皆並んで待ってます。
ホワイト餃子です。
金沢の庶民的な一面_c0249163_23432932.jpg

有名なホワイト餃子と技術提携してるらしいです。
揚げ焼き的な感じで、パリッともちっとアツアツです。

途中の駅では、また懐かしいものを発見。
「頭脳パン」
金沢の庶民的な一面_c0249163_23431939.jpg

中学生のとき、とってもよく食べた記憶が。。。
こちらは金沢が発祥で、全国区になったんです。
頭がよくなるらしいビタミンB1を多く含む小麦粉を
頭脳粉!!と命名してつくったものとか。

う〜ん、あれからウン十年、頭脳粉の効き目はいかに…。
問いかけるまでもない感じ。
金沢のこんな庶民的な部分も魅力です。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-08-30 23:48 | | Comments(0)