ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

2010年 12月 12日 ( 2 )

カルロと涼子のマリアージュ 後編

宴たけなわ。
テーブルには素敵にデコレーションされた
「スウィーツ マリアージュ アンサンブル」が。
c0249163_18445182.jpg


c0249163_18445256.jpg


かなりキャラが立っているらしいカルロさんという異文化を
受け止めるに至った気持ちの変化を、
前向きに、しかも頼もしく語る新婦に感心しきり。

そしてスイーツを頂こうと、フォークを手にとり、
見るとはなしに自分の指先に目をやると……
「な、ない!!」(そして心のなかでキャ〜〜〜〜〜〜の叫び)
マイお宝の三本指に入る、ダイヤのリングが無惨。
サラ・ジェシカもドレスアップでよくつけている
あのフレッド・レイトンのリングです。
しかもシンプルなエタニティーリングの中央で、
小さなブリオレットカットのダイヤモンドが揺れる
超レアなデザイン。そのいちばん大事な、
揺れるダイヤモンドがないではありませんか!!!!
もうスイーツどころではありません。
どこ? どこ? どこなの〜〜〜〜?
場が、場なので私のリングごときで、騒ぎ立てるわけにもいきません。
一応ホテルの方には掃除前に探してほしいとは伝えたものの、
徐々にお開きになっていく会場を目を皿のようにして探しまくり。
すると、「どうしたんですか〜? なにか探しているんですか?」と
ジョゼフのプレス、加藤さんが心配して声をかけてくださいました。
c0249163_18445264.jpg


アワアワしながらホテルの方と思われる男性を含め、
改めて事情を話していると、「コレじゃないですか?」と
米粒のようなダイヤモンドをその男性がつまみあげてくださいました。
「あ、あった〜〜〜〜〜!!!本当にありがとうございます! お名前は???」
勝手にネームプレートを読み上げていると、名刺をくださいました。
この優しい救世主は、なんとホテルの方ではなく、
今日のセンスのいいお花をデコレーションされた
花弘のフラワーアーティスト、細沼光則さん。
以前TVの「ソロモン流」にも出演されていたことを思い出しました。
c0249163_18445256.jpg


幸せのおすそわけをいただいた日に、
間違ってもこんなアンラッキーを
そのままにして帰ることはできませんでした。
意地でも探さなければならなかったダイヤモンド粒を
見つけてくださった細沼さんは、絶対なんか持ってます!
次のギフトは絶対、丸の内のブリックスクエアのお店「Hanahiro」
お花のアレンジをオーダーしようと思います。

ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-12-12 19:27 | Comments(0)

カルロと涼子のマリアージュ 前編

今日は暖かかったですね。
気持ちもあたたかくなるような一日でした。

今となっては、それこそが財産ですが、
「以前在籍していた編集部」がたくさんあるボヘミアン・エディターな私。笑。
今日はハーパースバザー日本版のときの後輩、
吉村さんの結婚披露宴@ザ・リッツカールトン東京。
c0249163_18445039.jpg


会場についてびっくり。200人あまりのゲストは
各出版社の編集長、アパレルの方々などの蒼々たる顔ぶれ。
聡明かつパワフルな和風美人を射止めたのは、
業界では有名な、大手アパレルの宣伝部のカルロさん♪
ちなみにアラフィフのカルロさんは日本人ですが、
お仲間にそう呼ばれているみたいです。

大人婚にふさわしく、場慣れした人々の
フレンドリーで笑いの絶えない宴です。
会場はパーティスナップができそうな華やかさ。
幸せいっぱいの新婦が眩しいすぎます!
お着物も美しい、同時の同僚、エディターの相澤さんと、
大好きドリスのサテンドレスの私。
c0249163_18445162.jpg


グラツィアでもスナップで登場いただいている
エストネーションの棚田さんは、いつもとはひと味違う
ロマンティック蘭子な、めちゃくちゃ可愛いドレスで。
c0249163_18445124.jpg


c0249163_18445179.jpg


グラマー美女の隣になってウッキウキの
カメラマン設楽さんも新婦と談笑。

幸せな宴の終わりに近づいた頃、私にとっては大変なことが!!!
このお話はまた明日に。
by koizumi_hiroko | 2010-12-12 00:08 | Comments(0)