ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

風邪ひいたら黄桃世代

昨晩始まったTVドラマ「美しき隣人」。
去年終盤にハマった「セカンドバージン」を意識したのか?
との思ったけれど、海外ドラマ「デスパレードの女たち」の
匂いもしたりして、プチ泥系ドラマが最近は人気です。
マンガ原作の非現実系ドラマとは違って、
日常にありそうなリアルさが
私たち世代には響きます。

今日もお仕事で一緒だった同世代の女性と、
今どき新成人との価値観の違いをしみじみ語り合いました。
「最近のコってなんにでも「的」をつけるのよね〜。
『古風的』って……。風に的を重ねちゃってて、
しかもそれをそのままテロップで流すっていうのもどうしたものか」
成人式を報道するニュースでのことらしいです。
私もけっこうびっくりしたのが、新成人たちの尊敬するひと、
1位母親、2位父親っていうアンケート結果。
私の世代じゃなかったな〜、堂々親を尊敬してます! なんて。

で、グラツィアの新年会でのこと。
気取らぬ老舗居酒屋@銀座も宴たけなわの頃、
デザートに登場したのがこちら。
c0249163_18445951.jpg


間違って「卵黄懐かしい〜」とか言っちゃって、
正しくは「黄桃(しかも缶詰めの!)懐かしい〜」でした。
でも写真も卵黄みたいでしょ?
前に座っていたこれまた同世代の、
只今韓流の青田買いにはまっているエディター、有田さんと
「コレって、子供の頃、風邪引いたときに食べさせてもらえたよね〜」
って同じ反応。ププっ。
なのに若干若い世代を気取る大草さんてば、
「私は違いますよッ」なんて言っちゃってます。
なにせ私たち1ドル=360円で育った世代ですからね。

今年はちょっとこの「世代感」をテーマにしようと
考えています。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2011-01-13 00:51 | Comments(0)
<< 求む! フレッシュ☆ サッカー×塩ブリオッシュあんぱん >>