ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

歌舞伎座に感謝を込めて

いい感じのお天気でGW突入です☆
おととい千秋楽を迎えた歌舞伎座も、とうとう本日閉場式とか。
今日は特別演目ですが、今月は公演名も「御名残四月大歌舞伎」。
ホントにお名残惜しい感じです。
まだまだ雰囲気に酔うレベルではありますが、たまに歌舞伎も楽しみます。
でも今回はその特別感を楽しもうと、着物で出掛けたんです。
散財間違いなしの着物界には、まだそれほど足を踏み入れていないので、
入門編として銀座の衣裳らくやさんでお借りすることにしました。
http://www.rakuya.co.jp/
「歌舞伎おでかけプラン」は、一泊二日で
着付けもしていただき¥6,000というお手頃価格。
お気に入りのフェンディのビーズバッグに合わせて、
選んだのは紬ふうの着物です。ショートヘアも無理矢理アップ調に。
歌舞伎座に感謝を込めて_c0249163_18433654.jpg



カジュアルでも着たからには、多少は気分を楽しもうと思ったものの、
お茶を飲んだら、その後が結構困りました。
で、イタリアのヘアアクセサリーを扱うacca@銀座で髪飾りを買ってみたり、
歌舞伎座に感謝を込めて_c0249163_18433647.jpg


エルメス銀座店で行われていた細川護煕展へ行ってみたり。。。。
歌舞伎座に感謝を込めて_c0249163_18433688.jpg


よくわかったこととしては、
着物を着る→それなりの場所しか似合わない→お金がかかる
という散財×散財の図式です。でもだからこその着物です。

幕間にいただくお弁当もこの日は特別バージョン。
カウンター割烹のうち山@銀座にお願いしておいた鯛飯お弁当です。
歌舞伎座に感謝を込めて_c0249163_18433793.jpg


これは気分も上がる美味しさです! 
肝心の歌舞伎は、助六での玉三郎さんの美しさと
勘三郎さんの盛り上げ上手ぶりに酔いしれました。

こうして場所にセンスを鍛えられることも大切です。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2010-04-30 11:27 | Comments(0)
<< 肉食系大人女子会 カプサイシン韓中対決 >>