ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

スロータイム スイーツ

非現実的な場所……
開放感のある海外リゾートがそう感じるときもあるし、
今年の冬休みのように、何の変哲もない地方都市に身を置くほうが
普段過ごしている東京とのギャップという意味で
距離感を感じることもあります。

あの慌ただしい日々から、現実逃避していた感じもあったのだけど、
このまった〜りとした時間の流れ、それもそろそろ限界。
リラックスといえばリラックス。
でも、どちらかといえば追い込んでみた、合宿風というのが正しいかも。

NEWS ZEROでサッカーの本田圭祐選手のインタビュー。
年末にオランダからロシアのリーグに移籍したばかり。
高校の後輩ということもあるし、若い世代に限らず
最近の男子にはあまりいない肉食系の鬱陶しさ(笑)に興味津々。
本田選手もより厳しい環境で追い込みたいというか、成長したいらしい。

ゆっくり流れる時間のなかで、懐かしい味も久しぶりに食してみました。
「アイスもなか」富士屋豆八@新潟・古町は、
雪の結晶が型押しされた真っ白で薄いもなかのなかに、
さっぱりサクサクなたまごアイス入り。パッケージもレトロです。
頬張るだけで子供の頃を思い出す味。
スロータイム スイーツ_c0249163_18423131.jpg
スロータイム スイーツ_c0249163_18423133.jpg


それから「和風ティラミス大福」万平菓子舗@新潟・亀田。
コーヒー味のお餅の薄皮のなかに、マスカルポーネのふわふわクリーム。
最初名前を聞いたときには、またまた不思議な創作和菓子でしょ〜?
と侮っていたけど、悪くない味なんです。確かにティラミス。

スロータイム スイーツ_c0249163_18423174.jpg
スロータイム スイーツ_c0249163_18423128.jpg
スロータイム スイーツ_c0249163_18423122.jpg


随分遅れて放送している「モヤさま」の美味しい飯ランキングの回を
二度観しつつ、今日も一日終わります。
by koizumi_hiroko | 2010-01-06 01:17 | Comments(0)
<< 新春脳トレパーティー 攻撃的お餅パルミジャーノ >>