ブログトップ | ログイン

★ ファッションエディター 古泉洋子の「本能のグルメ」★

blog.excite.co.jp/koizumihiroko

CLUB MED旅日記① ひとり旅にもいいかも!

石垣空港から車で30分ほどで、CLUB MEDに到着。
ロビーを抜けると迎えてくれるのは、
海を見渡せる、まるで海外のリゾートみたいな情景です。
c0249163_018565.jpg

私のお部屋はジャポニスムな雰囲気。
c0249163_0184758.jpg

ちなみにリニューアルしたスイートは
もう少しシンプルモダン系です。
c0249163_0193468.jpg

夕方到着だったので、まずはディナーから。
CLUB MEDでは、カジュアルでOKなんですが、
毎晩ドレスコードがあるんです。
この日はWhite&Beige。
私は、マイヴィンテージなナルシソ・ロドリゲスの白ワンピに、
コットンリネンのカーディガン、それから
ドナテラ・ペリーニのネックレス。
c0249163_020132.jpg

女子にとっては、そういう演出は、
事前の準備からウキウキしてきますよね!
左はお友達のミキティさん、それから右は
G.O(ジェントル・オーガナイザー)と呼ばれる
CLUB MEDのスタッフ、なつみちゃん♪
このG.OがCLUB MEDの大きな特徴のひとつなんです。

例えば、一緒に参加していた
おしゃれセレブ、ATSUSHIくんの
お誕生日をみんなでお祝いしてくれたり、
c0249163_0194821.jpg

c0249163_0201090.jpg

バーでお酒を飲みながら、
TALKしたり、GAMEを楽しんだりしてくれます。
ビーチで集めた貝がらを順番に積み重ねて、
崩した人が負け!なんていう素朴な遊びが、
都会で疲れた心(笑)には思いがけず楽しかったです。
c0249163_0202260.jpg

G.Oは国内外からの多国籍軍。
エンターティンメントに徹しています。
感心したのは、接し方の絶妙な距離感。
CLUB MEDはフランス発なので、インターナショナルで
G.Oも海外ナイズされたフレンドリー感。
コミュニケーションをとるのが不慣れで、
引き気味な日本人も、最近はFacebookなどの登場で、
新しいつながりを持つことに積極的だから、
今なら自然に楽しめると思います。

そして、どちらかといえば、
CLUB MEDはファミリー向きのイメージを持っていたんですが、
ひとり旅にもいいかも、と新発見。
いちばんネックになる食事もお酒の時間も、
G.Oが話し相手になってくれます。
そのうえ、アクティビティも!

次回は2日目のお話と、その辺りの魅力をお伝えしますね。
ではまた!
by koizumi_hiroko | 2012-04-22 00:49 | Comments(1)
Commented at 2012-04-22 11:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< CLUB MED旅日記② なる... 旅アレンジ、どうしてますか? >>