エキサイトイズム

カテゴリ:見本市( 46 )

名古屋デザインウィーク

名古屋出張が、ちょうど名古屋デザインウィークの期間。
うまく時間が空いたので、駆け足でまわってきた。

タイミングよく記事化でき、エキサイトイズムに早速掲載になりました。
詳細はこちらで。

今年で5年目「ナゴヤデザインウィーク2009」会場レポート
a0116902_14413524.jpg

by kitchen-kokoro | 2009-10-17 14:41 | 見本市 | Comments(0)

IFFT ビジネスアンテナが始まりました

a0116902_9434796.jpg
秋になるとインテリアのさまざまなイベントが開かれる。
そして私にとっても毎年秋は、
取材の大半がキッチンよりも
家具やデザインのジャンルに移る季節。

それこそ「室内」誌の時代には、
秋は先輩方について新作家具展を必死に見て回ったもの。
まだ若く、家具の世界もまったく知らなかった頃には、
華やかな輸入家具のショールームでは
気後れしてしまって、なかなか中に入れなかったなあ…。
(まだTOKYO DESIGNERS SATURDAY のころです)

で、今年も昨年に引き続き、
メサゴ・メッセフランクフルトさんとのお仕事で、
「インテリアライフスタイルIFF」の公式ブログ
IFFT ビジネスアンテナ」を担当、執筆しております。
家具のビジネスはどうなっていくのか? 
IFFTの内容予告も含めた内容で、
月2回のペースで12月の開催まで更新してまいります。
どうぞこちらもよろしくお願いします。


※写真は立川裕大さん提供:今年のIFFTでは宮崎県都城の「ミヤコンジョプロジェクト」から新作が登場します!


インテリアライフスタイル リビング IFFT公式サイト
by kitchen-kokoro | 2009-10-13 16:09 | 見本市 | Comments(0)

リビング&デザイン展の記事がexcite ISM にアップ

エキサイトに執筆したニュースがすでにアップされました。

大阪デザインの力が結集「リビング&デザイン」展

大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
by kitchen-kokoro | 2009-09-20 00:34 | 見本市 | Comments(0)

LIVING &DESIGN 住まいのリノベーション速報

大阪で開催中の「LIVING &DESIGN 住まいのリノベーション」。
インテックス大阪の1館を使ったフェア。会期は本日18日まで。
小さい?いえいえ、中はやる気に満ちた人々で濃厚な空気。
薄められたフェアよりも、ほんとうに充実している。
a0116902_22451667.jpg
大阪にこんなパワーがあったの?
おそらくプロデューサー喜多俊之さんの熱意もあるだろう。
会全体の詳細は今後、ウェブで執筆予定の記事にて、
キッチンのネタはこちらのブログにて、順次紹介の予定。
a0116902_2246170.jpg
間宮吉彦さんの空間構成もシンプルで迫力があっていい。
サローネのような力強さを感じる。来場者数の想定は15000人。
けれども中日の今日、かなりの混雑だった(写真はちょうど人がいない)。

a0116902_22462191.jpg
カフェはイタリア・マジス社の家具で色とりどり
(まあ、これはインテリアライフスタイル展もそうだけど)。

a0116902_22463998.jpg
夕刻にはお隣のハイアットリージェンシーホテルにて、レセプション。南港の夕暮れ。
a0116902_22464960.jpg
たくさんのひとが集まっていたけれど、結構東京からやってきた見知った顔も多く、
家具業界の有名人のお顔がちらほら。
とにかくこの見本市、中身がスカスカの展とは違う。
次回はきっともっと多くの出展者が集まるはず。
特に全国的にもレベルが高い、大阪のオーダーキッチンチームが、
力を合わせて出展したらどうだろうか。住宅設備系のリフォーム博とは違う、オーダーキッチン本来の魅力が伝わるんじゃないか…とそんな感じも。
a0116902_2247178.jpg
レセプションの後、中心地に戻ってきたのは21時をまわっていた。
そしてやっぱり。大阪に来たら、この風景を見なきゃ。
by kitchen-kokoro | 2009-09-18 10:34 | 見本市 | Comments(0)

ギフトショー2009秋

先週、ほんとうに何年かぶりでギフトショーの取材に行ってみた。
a0116902_1814818.jpg
置き型のIHクッキングヒーター。薄くてシンプルできれい。ドリテックという会社のもの。発売は年末以降で、値段は15,000円くらいという。
a0116902_18142226.jpg
この会社は今年からテライヨンの代理店になったという。
浄水ポットやキッチン、体重のスケールなどで知られるフランスのブランドだ。
a0116902_18143339.jpg
めぼしいものはなかったけれど、食玩の進化がすごい。
いま料理は子どもビジネスの目玉なのだそうで、
生キャラメルのつくれるキットから、
パンなどびっくりするほどの種類が並んでいる。
a0116902_18144555.jpg
と、会場で急に女性バイヤーたちが携帯を持って走り出した!
何かと思えば「りらっくま」の登場。
キャラクタービジネスも強し、である。

エキサイトで執筆のニュースもアップ
 ギフトショー開催
by kitchen-kokoro | 2009-09-15 08:28 | 見本市 | Comments(2)

自由学園明日館でのデザインイベント

FOR STOCKISTS EXBITIONというバイヤー向けのデザイン商品の展示会を訪ねてきた。
会場は自由学園明日館の名建築。インテリア、ファッション、生活雑貨がメイン。
a0116902_13541044.jpg

クラフト風の、まあ「LOHAS」な感じで小さくてもセンスのいいビジネスをやっている
企業なり、ユニットなりが集まっている。
明日館のインテリアの雰囲気が、そのままここに集まったひとの価値観を表現しているよう。
a0116902_13542138.jpg

長野のガラス作家さんのもの。地方のモダン地場産系のひとも多くて、
南部鉄器とか青森弘前の「こぎん刺し」のアイテムなども展示されていた。
a0116902_13543036.jpg

アウトドアやグリーン、ペットライフのものも多く、
下はお洒落なキャンプ用品のプライベートブランド。
a0116902_13544560.jpg

大手企業や戦略的マーケティングのにおいは一切しない。ただ「それが好き」とか「なにか信じることがある」とか、そんなひたむきな思いに会場はみちみちている。
a0116902_13545553.jpg

会場はロハスな感じのひとでいっぱい! 
肌がきれいで、感じがよくて、笑顔が素敵で、首にショールをまいて(草木染めのオーガニックコットンに違いない)、頭をお団子にして(または帽子)、ユルーい感じの服を着た女性も多い(女性というよりまさに女子、って感じ)。

きっと彼女たちは玄米や野菜中心の食事をとり、手づくりお菓子やジャムでティータイムを楽しみ、ゆったりと心豊かな生活をしているのに違いない…。

だから、素敵素敵と見入ってしまっても、
肉食系でB級グルメ好きでせわしなくてがさつな私はちょっと居心地がわるい

FOR STOCKISTS EXBITION
by kitchen-kokoro | 2009-09-11 14:09 | 見本市 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム