エキサイトイズム

2015年 02月 10日 ( 1 )

スーホルムでの素敵なディナー(シャルクトリー) 中編

冷菜、前菜が終わったところで
運ばれてきた
アルミホイルのかたまり…。
なんだろう…。
ジビエ料理?丸ごとのお肉?
a0116902_23583185.jpg
つばめグリルハンバーグ風に置かれた
アルミホイルに食卓の期待は高まります…!
a0116902_06401431.jpg
ばふぅ……とナイフで開けると、
熱風が吹きだす!
(ってウソですけど、そんな気分)。
中からはまんま芽キャベツが。
太い茎に付いたままの芽キャベツを、
熱い熱い!なんて言って
そのままもぎとって塩でいただきます。
もわーんと春の香り。
春がきた!そんな感じです。
a0116902_07044661.jpg
実は先月のドイツで、
市場でちょうど芽キャベツが売られているのを見てきたばかりでした。
芽キャベツは体にも良さそうです。
a0116902_05150630.jpg


そんななか、自家製のシャルクトリーの盛り合わせがテーブルに到着。
シャルクトリーとはフランス語で、ハムとかパテとか
加熱保存加工した肉類を扱うお店をさす言葉。

スーホルムで手づくりしたという
鳥レバパテやら、パテ・ド・カンパーニュやら、
リエットやら。
実は鳥レバー以外は、あまり製法の違いとか
味の大きな違いとかわかっていません。
a0116902_07343490.jpg
またドイツの話になりますが
やはりキャルクトリーにいって、
4種類のパテを選んで買ってランチするという
ハイカロリーな日々も送っていました。
以下はドイツでの写真です。
a0116902_05081721.jpg
a0116902_05075425.jpg
ドイツで食べたのは鴨オレンジパテとか
シャンピニオンパテとか。
味濃かったです…。
a0116902_05061718.jpg
スーホルムに戻って
これは自家製のハム。
いずれも控えめな日本サイズは落ち着いていただけます。

a0116902_07350141.jpg
ステーキみたいな厚切りのベーコン。
こんがりと炙って
熱々のところを頂きます。
a0116902_07354030.jpg
ここまで書いて、
もうお腹がいっぱいになってきましたが、
実はメインはここから始まるのです!
(次号に続く)

REAL KITCHEN&INTERIOR SEASON 3 (小学館SJ・MOOK)

本間 美紀 /小学館

null



このかぶった写真はどうしても削除できないので
残しておきます(写真どうやって消すの…)
a0116902_07354030.jpg




by kitchen-kokoro | 2015-02-10 07:42 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム