エキサイトイズム

2013年 04月 30日 ( 1 )

閑話休題ー浜に寄せる青い光

4月の富山の海には、
体長1〜2㎝ほどの
小さなイカが押し寄せるのだそうです。
そう、それがホタルイカ。

a0116902_22561613.jpg
砂ではなく石の多い富山の浜。
ホタルイカの身投げといって
産卵を終えて、海に戻る力のなくなった母イカが
累々(るいるい)と浜に寄せられる。
そこを地元の人はタモアミですくうのだそうですが、
青く細い光を放ちながら
波にのってやってくるホタルイカの群を
ずっと見たいと思っていました。
長いこと、夢の一つでした。

とはいえ、地元の人もなかなか見られない光景だそうです。

そしてホタルイカの最盛期はいつも
ミラノサローネなどの仕事と重なってしまい、
今年は万難を排して
4月初めの富山に出かけてきたのです。

a0116902_22592764.jpg
海鳥の多い浜辺は
イカが来ているのかしら?と期待させます。

沖に漁にでるホタルイカ漁船に同行する
観光ツアーはキャンセル待ち70人。
難関を突破してのチケット入手でしたが、
当日は波が荒く欠航でした(泣)。
午前3時の出航を目指し、2時半の
集合でがんばりましたが、お天気には勝てません。

a0116902_232437.jpg
富山のホタルイカミュージアムや展示台の設計には
磯崎新やトム・ヘネガンも多少なりとも
関わっている模様。

a0116902_22573869.jpg
ミュージアムで優雅に泳ぐ
小さなホタルイカ(大きく撮ってますがちっちゃいよ!)。

この時期だけミュージアムに展示される
生きたホタルイカ。
とても弱くて寿命が短いので、
学芸員が深夜に漁に同行し、分けてもらったホタルイカを
冷たい海水を満たした容器にうつし、
必死で車を走らせてミュージアムまで
つれてくるのだそうです。

a0116902_22581737.jpg
大王イカからホタルイカまでイカには驚くほど
大きさのバリエーションがあり、
曼荼羅風のグラフィックにするとこんな感じだそう。

今年はさようなら、ホタルイカ。
また来年以降、あえる日まで…。

a0116902_22565564.jpg
ちなみにイカ。
三角形のえんぺらが頭と思っていたけれど、
こういう姿を見ると、本当は逆なのかも。
足(手?)を前に掻くように、えんぱらを足ひれ代わりに
前進しています…これはヤリイカ。
by kitchen-kokoro | 2013-04-30 23:18 | 日々の暮らし | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム