エキサイトイズム

2011年 11月 06日 ( 1 )

オーダーキッチンの織田さん

a0116902_22415120.jpg
あまり知られていないんですが、
今年は初めて、マンガの原作という仕事に
挑戦しています。写真はマンガ家さんからあがってきた
下書きの案です(もちろん私は絵は描けませんから)。

私がマンガの原作したいといったわけではなく、
この仕事の依頼があったとき、
当初の目的を原稿にしても、
私の文章がまったくつまらないため、
マンガにしてみようという
企画が立ち上がったのです。

工務店さんがキッチンと
上手くつきあっていくための
建築主との微妙な心理のミゾをマンガにするという
むずかしいお仕事。
話を徹底的に分かりやすくしないといけないのが、
文章より厳しい。

a0116902_225287.jpg
written by Tomoyo Kurosawa

その中でレギュラーキャラとして出てきたのが
ノラネコの野良さんと
オーダーキッチン屋の織田さん。
織田さんはあるオーダーキッチン屋さんの
キーパーソンをモデルに、様々な要素を
複合させた架空の人物です。
マンガ家さんが
建築家みたいにかっこよく描いてきたので
(最初はスタンドカラーのシャツ着てました…笑)、
ずいぶん「現場っぽくして〜!」とリクエストしたのですが、
それでもまだこんなにかっこいい。

でもオーダーキッチン界には実際、
素敵な人が多いのです。
センスもいい。
だから、キッチンをわざわざ特注したいという
依頼主の気持ちもわかるのかも。
その辺、工務店さんの営業にはできない
コンサル力を持つ人が多いです。

このブログを読んでいる
オーダーキッチン業界ののみなさんは
オーダーキッチンの成功が
設計者や工務店さんとのスムーズな
やりとり、一緒に空間と一体になった
キッチンをつくっていこうという連携プレーが
必要なのはよくご存じですよね。

けれども従来の工務店さんの大半が
キッチン用にあけてあった間口に
カタログから選んでもらった
パッケージのキッチンをポン!と
施工することが通常のため、
オーダーキッチンなどは「面倒くさくてやだ」
みたいな考えがあるわけです。

そこをのりこえて、もっと
キッチンの自由度を
ビルダーにとっても魅力に変えていこうよ、
みたいな啓蒙マンガでした。

内容もなかなか難しい上、
マンガの原作というのはどうやって書けばいいのか?
セリフは?など考えているうちに
やっと最終回。

とはいえ、まだまだわからないことだらけのまま
最終回を終えそうです。

いや、マンガってすごいですね。
こんな大変な作業を
あんな高いレベルで誰かがこなして、
毎週毎週大量に発行している
日本のマンガってすごい…。
by kitchen-kokoro | 2011-11-06 22:50 | オーダーキッチン | Comments(6)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム