エキサイトイズム

フランクフルトに何回目?

明日から久々のフランクフルト。
フランクフルトの出張は本当に多い。たぶん大阪より行っている。

学生時代にヨーロッパをひと月掛けて横断したとき、
ドイツは一番縁遠い国だと思ってた。ソーセージとジャガイモの国。
a0116902_1554675.jpg

当時はフランス語を勉強していたこともあり、食いしん坊だったし、なんだかおしゃれだし、
学生時代はおフランスが一番だった…が…。
a0116902_15543850.jpg
家具とインテリアの専門誌「室内」に就職して以来、
ドイツとイタリアがぐっと身近に迫ってきた。
世界の家具ビジネスはこの2国から始まる。
ミラノ・サローネとケルンメッセ。
そして一般の人の知らない小さな専門見本市が年間を通じて星の数ほどある。
椅子だけの見本市を見にイタリアの小さな街にも行ったっけ。
ソファの張りの工場をいくつもまわる南イタリアのハードな旅もあった。
ポルトガルではコルク建材の取材だったから、
灼熱の大地のコルク樫の森を回った。
その現実は、ほんと、どさ回りです〜。

独立してからも、海外の取材のお仕事はありがたいことに
絶えることなく、とりわけキッチンの国ドイツの取材は多くて、
食器洗い機メーカー(ミーレ)、水栓家具メーカー(グローエ)の本社訪問や
やポーゲンポールがポルシェデザインと開発した男性用キッチンのお披露目パーティなど。
そんなキッチンの旅、家具の旅も、どんどん紹介して行きたいですね。
ほんと、あちらのキッチンは日本の流し台とは違う、「家族の財産」だと、痛感する。

ちなみに明日からは、人生で3回目となるバスルームの専門見本市。
シャワーヘッド一つ、蛇口一つ、バスタブ一つ。
こんなにあるんだ〜って、何度行っても面白い

3月のドイツはきっと鉛色の広い空がずしんと広がっているはず。
せめて以前見た、9月のドイツの空を。

a0116902_15542148.jpg



【本日発信のニュース】
フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
by kitchen-kokoro | 2009-03-09 15:52 | 海外出張 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム