エキサイトイズム

春満載のパーティ

春が来た。

一足先にそう思わせてくれた、オフィスオクトのショールーム、
オープニングパーティ。
花や桜、明るい季節を思わせるフードからは生命力があふれてる。
a0116902_221844.jpg

フレッシュな生野菜を芽吹く緑に見立て、
大胆に、美しくふるまわれる。ちょっと迫力。

a0116902_222184.jpg

新鮮な野菜、これ以上のごちそうがあるだろうか…。

a0116902_2214019.jpg
なによりこの会社のひとたちの志のようなものが、表現されている。
(ちなみにケータリングはCUELというところだそう)。
a0116902_222514.jpg

ショールームで扱うのは、北欧の生活雑貨やエコロジーに関する生活道具など。
すでにデザインショップの人気商品となっているものも多い。
ヒット商品の一つはドイツ製の洗剤「フロッシュ」。カエルのマークで人気。
以前、取材をさせていただいたことがある。

ドイツではたいていのスーパーに置いてあるわりと一般的な洗剤で、
私もよくドイツ出張の折に、スーパーで買い込んだ。かわいいんだよね。
たしかもともとは靴墨のメーカーでそこから発展したとかなんとか、
その歴史を記事にまとめたことがある。

日本ではカエルキャラクターの可愛らしさとエコの視点から、独自の人気が出て、
本国にない発展をしている。たとえば日本だけのオリジナル製品がある!
ドイツ流の大きなボトルから、移し替えられる小さな専用ボトル、フロッシュのカエルのファミリーがあしらわれたスポンジワイプ(これもヒット商品だけど、詳細はまた後日)、さらには愛用者や販売店で構成されるフロッシュクラブなるファンクラブ?までできてしまった!
日本のユーザーの声をドイツ本社に伝えて実現したという。

いま海外製品というと、
やたらと「世界的なマーケティングに基づく、ブランド戦略」的な、仕掛けばかり。
でもフロッシュの場合は、使い手の声を素直にすくいあげて、
ドイツ本国側では全く想像のしていない、日本独自の動きを伝え、
オリジナル商品などさまざまなアイディアが受け入れられたという話だった。
ドイツ本社と独自の信頼関係を築いて、ひととひと、的なおつきあいと
ビジネスをしているこの会社のスタイルが垣間見える。
パーティではそんなオフィスオクト代表の高橋百合子さんと
お話しする光栄に恵まれた。

時々、そういうものってあります。
チェリーテラスのスイス製ハンドミキサー「バーミックス」なども、
そういう売る人とつくる人の信頼関係が国境を越えて存在している。
チェリーテラスではバーミックスを売るのに際して、修理部門をきちんと設立し、
「長く使える」体制をきちんとつくっている。
そんな話をこちらで書いたことがある。

フロッシュも、バーミックスも実はその裏に
素敵なビジネスウーマンである、マダムたちがいる。
モノを売るだけではなくて、暮らしのスタイルまで売っている。
そんな女性たち。
by kitchen-kokoro | 2009-02-04 21:56 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム