エキサイトイズム

東京スカイツリーと美女

東京スカイツリーと美女_a0116902_12173550.jpg
マサミデザインの髙橋正実さんとは、10年前に初めて出会った。

東京スカイツリーの中の、
墨田の四季をテーマにしたエレベーターの
秋と冬のデザインをしたことで、
一躍テレビや新聞で取材に引っ張りだこの彼女。

私も新聞の取材の仕事が舞い込み、お会いした。
久しぶりの彼女。
成田空港の壁面デザインなど、
大活躍ぶりは知っていたから少し緊張した。
そして、とにかくお美しい…。

スカイツリーほどのビッグプロジェクトになると
エレベーターの空間というのは
大工事を仕切る側から見れば、
小さな案件である。
工期やコストカットのしわ寄せが、
そこに押し寄せてくる。

手放さなければならないこと。
どうしても守り抜いたこと。

その両方を聞くことで、彼女の「デザイン」がしっかり理解できた。

おすすめは「冬」のエレベーターだそうで、
押し絵羽子板の技術でつくられた、立体的な雲。
真鍮の鋳物に銀メッキした都鳥。
雲を分け入ってそびえる東京スカイツリーは
かつての浮世絵の富士山のよう。

墨田区で生まれ育った正実さんが、
地元の歴史や暮らしから着想した意匠が、
地元の伝統技術でつくられる。
この流れが完成して初めて、
彼女の考える「デザイン」となる。
江戸の歴史と日本の未来がつながる。
それがきちんと実現できたのが、
「冬」のエレベーターだったのだ。

正実さんとしては本当は四季すべてを
納得いくまで作りたかっただろう。
こたえは10年先に出るよね、と彼女と話した。

東京スカイツリーと美女_a0116902_12164524.jpg
マサミデザインの名刺は
輪のように結んで渡される。
「お会いした人と、よい縁と輪が結べますように」。
そういって名刺をくるりと巻いて、交換する。
そんな正実さんの魅力に、落ちた。


※彼女のインタビューは7月4日付けの日経MJに掲載
by kitchen-kokoro | 2012-07-04 08:00 | デザイン | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

画像一覧

最新の記事

ブログ
at 2022-01-24 23:43
2019年秋のイベント予定です
at 2019-11-03 09:04
最新刊「人生を変えるINTE..
at 2019-06-29 21:18
2019ハッピーニューイヤー
at 2019-01-07 20:08
ものすごい久々ですけどセミナ..
at 2018-10-29 11:13

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム