エキサイトイズム

インテリアライフスタイル展で出会った、素敵な男性?!

ちょっと珍しい記事ですが、
インテリアライフスタイル展で出会った、
インテリア&デザイン系の要人の殿方…。
a0116902_237239.jpg
もう30年近く、すぐれたインテリアや家具を
日本で根付かせようと、毎年、新しい行動を起こしている
センプレデザインの田村昌紀さん(左)。
世界の見本市をエネルギッシュに回り、
相手ときちんと話をして、買い付けをして、
日本の家庭にいいものがきちんと届くように、
毎日毎日、考え続けているのが、いつも感じられる。

そして「店頭」を心から愛している田村さん。
ある日曜日、センプレの店頭で若いお客を
温かく接客している田村さんを、
偶然見かけたことがあります。

そして右の濃すぎる男性は…あの人!
モローゾやコヴォなど、世界的なブランドで活躍する
泣く子も黙るデザイナー、冨田一彦さん。
もう長いおつきあいですが、
いつの間にかミラノを引き上げて
いま長崎で幼稚園経営しているって、
みなさん、知ってましたか?
子どもたちのために作っている施設や
ワークショップのアイディアが、
また、冨田さんらしくて素敵なのでした。
もちろんデザイナーとしても活動中です。

a0116902_23121981.jpg

デザイナーの山田佳一朗さんは、
本人に会うのは初めてですが、
昨年、旭川で彼のつくった家具に会いました。
その時、キャビネットの「取っ手」をみて、
一見、何もないような、でも実によく考えられた、
無垢材の反り止めのデザインを見て、
「この人はすごい」と思っていたのでした。

引き算のデザインという、
ともすれば誰にも気づいてもらえないデザインを、
確信に満ちてやっているひと。

今回も発表していたのは、
秋田の樺細工の茶筒で、
いわゆる伝統的な意匠を変えずに、
工程をひとつ「引き算」して、
さらに使いやすくするという
「見えないデザイン」。
かっこいい。

a0116902_237486.jpg

そして日本の家具の世界では「神」クラスの
アルフレックス保科正さん。
ご子息で広報の啓さん。珍しい親子ショットを激写!
正さんが神なら、啓さんは何となくエンゼル顔ですよねw。

保科さんも表向きはもろもろを
2代目に継いでいますが、
実際は今なお工場や店頭など、
つねに現場での労を惜しまない方。
保科さんのお話はいつか
記録しておかなければ…。

a0116902_0679.jpg
デザイナーの寺田尚樹さんは、「テラダモケイ」の大ヒットで、
テレビのでも特集された方。
そう、あの100分の1の模型です。

彼もプロダクトデザイナーとして
こつこつと息の長いひと。
「奇想天外」な発想が独特です。

実は彼がデザインした住宅とキッチンを
取材したことがあります。
これがまた「奇想天外」なキッチン。
オール人工大理石でつくってあり、
まあるくて、あたりが緑に輝く…(とだけ言っておきます)キッチン空間。
その家のママと子どもたちが
宇宙船の中でふんわり浮いているように見えました。

ということで、
みなさんの不意を打って、
一瞬の、新鮮な表情を撮るのが、
好きになってきましたよ。


―あの夏の数かぎりなきそしてまたたつた一つの表情をせよ(小野茂樹)

そんな短歌を思い出しました。
by kitchen-kokoro | 2012-06-11 10:03 | 見本市 | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム