エキサイトイズム

かわいいパーティフード

東京デザインウィークが始まり、
パーティも盛り上がる。
それにしても最近のパーティフードは
ホントに凝っている!
a0116902_21105113.jpg
有名ケータリングのポワンドジュールのフードは、すぐにわかる。
キラキラ宝石のよう。ルイスポールセンにて。

イルムス日本橋では、温かみのあるフード。
a0116902_21103855.jpg
3色の野菜のペースト。
a0116902_21104230.jpg
ビーフのオープンサンドに、北欧の家庭料理
ミートボール。少しクミンのようなスパイスが効いておいしい。
a0116902_21102831.jpg
東京ミッドタウンのイデーでは、
オーガニックの生ミントとライムを使った
ノンアルコールのモヒートを。
レモン果汁とソーダと砕いた氷砂糖を入れるのだけれど、
溶けて残った砂糖がじゃりじゃりして、たまらない。

オゾンでスタートしたHIRAMEKIフィンランドは、
フィンランドの企業と日本の市場のビジネスマッチングの
イベントだが、
一般の人が見ても、楽しめるレベルの高い展示。

今日は日本人以上に集まったフィンランド人を集めての
パーティ。
デイリープレスさんが手配したというフードは、
アーティスティックでおいしい。
一つのトレイに甘いもの、辛いものがある。
a0116902_2110176.jpg
葉っぱ型はパイの中にナスとなんとかのリゾットが詰めてある。白い方はバター風味のクッキーにミルク味のマシュマロ。中にコーヒー豆が仕込んである。
a0116902_21101838.jpg
パテが紫キャベツか蕪か?忘れたけれどシャキシャキした野菜にくるまれている。
a0116902_21101219.jpg
ゼリー状のクリスタルを詰めたトレイの上にフルーツの甘味2種。
スカイブルーと白の薄いチョコレートと、ラスべリーの赤。
色彩感覚もすごい。
a0116902_21231788.jpg
ポテトとハーブのペーストの中に、ビーフまたは生の真鯛をディップしたもの。
これはソースがおいしいのに、串では最後まで食べられないから
みんな残念。
トレイに新鮮なハーブがつめてあって、視覚的にもフレッシュ。

他にもクリーム味のマシュマロの中にフォアグラが入ったもの、
トマトのジュレの中に、なんとかがなんとかなど、
味の組み合わせも、
素人には想像もつかないオリジナリティ。

しかしこういったフードはどこで、
誰がどうやってつくっているのかしら。
本当に興味深い。

と、オシャレな食べ物もいいけど、
今はキノコご飯とけんちん汁をつくって
家族の帰りを待っている。
寒い日は、そんなご飯が一番!
by kitchen-kokoro | 2010-10-28 21:20 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム