エキサイトイズム

スペインの陶器リヤドロと特別メニュー

5月1日から新宿の京王プラザホテルで
「リヤドロミュージアム展〜貴婦人たちの優雅なひととき」が
開催される。
a0116902_13505041.jpg

これは出店予定作品のひとつ、「シンデレラ 王宮への一歩」(378万円)。

リヤドロはスペインの陶器で、
クリームを流したようなすべすべの表面に、
淡い中間トーンの色が魅力。
最近ではハイメ・アヨンとのコラボも話題に。
a0116902_13522841.jpg
私もリヤドロに関しては
執筆の機会がたびたびあるけれど、
絢爛豪華なアイテムに、最初はおじけずくことも!

けれども書くってことは、対象をよくよく見つめること。
見る目ができてくると、
とろ〜んとしたリヤドロの魅力のとりことなってしまった。
特にカラートーンは素晴らしい、の一言。

展示会では1500万円もする作品や
ヴィンテージ作品も来日。
ホテル3階のメインロビーやレストランに飾られる。

展示にあわせてホテルの各レストランでは
リヤドロを意識した特別メニューがだされるそうで、
試食会にも参加した。
a0116902_1355454.jpg
44階のフランス料理「アンブローシア」では、
子羊肉のロースト、プロヴァンス風。ラタトゥイユ。
ビゴール豚の生ハムに白アスパラガス。

a0116902_13585810.jpg
和食でスペイン?と思いますが、
完熟のフルーツトマトを蒸し焼きにして、
スペインの情熱を表現。

濃厚なアボカドのクリームを添え、
アシタバやゴボウの素揚げをあしらっている。
このトマトが思った以上にこってりした味。
アボカドと素揚げのせいかしら?

サラダというより、野菜料理のメインとして
もいいかもしれない。軽めの赤ワインにも合いそうだけど、
仕上げにシェリー酒を掛けて香りを添えていた。

そして会場の中でずっと気になっていたのが、こちら。
a0116902_13591340.jpg
特大のストゥブのオーバル鍋。何が入っているんだろう?
a0116902_13592299.jpg
開けてみるとこちら。
皮はこんがり、中はジューシーなチキン。
鍋肌に触ってみたけど、熱くなかったので、
これで焼いたわけではなく、演出の器としての登場のようでした。

リヤドロ
by kitchen-kokoro | 2010-04-01 14:07 | ご飯&フード | Comments(0)

キッチンジャ―ナリスト、エディター&ライターとして編集や取材執筆にたずさわる、本間美紀のブログです。キッチン、暮らし、インテリア、住まい、食、デザインをつなぎます。
by Miki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

画像一覧

外部リンク

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

検索

ブログパーツ

  • 掲載の写真の転載不可。

ファン

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム