<< 『半島を出よ』は傑作ってことでいい 突入せよ! >>

その子たちを救わないと文学じゃない

でかく出たなー、と思うけれど、文学者たるもの、これくらいの気概は持っていて欲しい。ところが現実には作家が「文学を守る」などと弱気な…。売れる売れないは別にして、こういう大言壮語込みで買いたいのだ小説を。
こんな風に文学に夢を感じる様になったのは、この連載で文豪シリーズをやったためだろう。
ああ、文豪達(むさくるしい野郎共)に出会えてよかった!

*BGK:『半島を出よ』の脚注です。

  by kazutoshi_iida | 2005-08-14 21:52 | Comments(0)


SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE/ ARANGED by POLYGON INUKAI