ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?

春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?_c0019088_10353287.jpg


この2,3日、関東はとても春めいてきました。ご近所では色とりどりの梅が開花し、一部の桜が先取りして妖艶な姿を見せています。

定番の表現ですが、まさにSpring is just around the corner.(春がもうそこまで来ている)ですね。

このように匂い立つ春に心が躍る毎日ですが、春特有の悩みも……。夫は目が痒い、私は少し前から鼻づまり、軽い頭痛など。Are we having hay fever? (もしかして、これって花粉症?)

花粉症について、英語ではどのように表すか。昔どこかに書いたような気もしますが、ちょっとおさらいしてみましょう。

もしもみなさんが花粉症を患っているなら、次のように言うことができます。

I have hay fever.
I have a pollen allergy.(*pollen=花粉)
I'm allergic to pollens. (*allergic to...=...にアレルギーである)

ちなみに、日本ではcedar(杉)、cypress(ひのき)、ragweed(ブタクサ)に起因する花粉症が多いですが、アメリカではbirth(白樺)、oak(カシ)なども。

辛い花粉症の症状(various irritating symptoms of hay fever)としては―

I have itchy and watery eyes.(目が痒くて涙目である)
I have a scratchy throat.(喉がイガイガする)
I have a runny nose. (鼻水が出る)*My nose won't stop running.(鼻水が止まらない)
I can't stop my sneeze.(くしゃみが止まらない)
I have a stuffy (stuffed) nose.(鼻が詰まっている)

多くの症状は、「I have+~」で表すことができるので便利です。逆に下線部の形容詞を使って、My eyes are.../ My nose is....のように言うことも可能なので、ぜひ使ってみてくださいね。

そんな嫌な花粉の季節ではありますが、コロナに気を付けながら春を楽しんでいます。下は我が家の小さなプランターで育った水菜と伊豆で収穫したレモンの皮のサラダ。みずみずしくて、とてもおいしかったですよ。

春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?_c0019088_10364831.jpg

次回ブログを書く頃には、すっかり春になっていると嬉しいな~

See you soon!!


近況報告こちらもシンプルになりました。

☆英語教材のHPで連載エッセイ執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は3月初旬の予定です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


# by kerigarbo | 2021-02-23 10:51 | Comments(0)
ワクチンはいつ?-Is spring coming soon?
ワクチンはいつ?-Is spring coming soon?_c0019088_10405088.jpg


季節が行ったり来たりの今日この頃。気温が低いながらも、ほの暖かい春の日差しや空気が気持ちよく感じられる、そんな季節が近づいています。

世の中は今、ワクチンはいつ? オリンピックはできるの? と騒いでいますが、私はまずワクチンを受けたい!(その結果、自由に歩き回りたい)と切に願っております。

先日サンフランシスコ、NYの友人から、ワクチン接種の報告を受けました。

NYの友人いはく、ワクチンの予約自体が大変だったと。接種用のクーポンがもらえるわけでもなく、当局から連絡が来るわけでもない。必死にネット上の情報を追いかけても、No appointment available(予約不能)の表示が続くばかり……

絶望していたところ、ワクチンの供給(vaccine roll-out)が突然増えたせいか否か(?)、無事予約(sign up)に成功、一回目の接種(get the first doze of the Covid-19 vaccine)を完了したとのことでした。

日本では果たしてスムーズに行くのでしょうかね? 夏までには何とかしてほしいですが(Can we get vaccinated by summer? Hopefully...)。

一方、開催が危ぶまれているオリンピック・パラリンピックですが、私は個人的に開催を期待しています。

色々と問題の多いことは承知していますが、これまでも災害や苦難のたびに、スポーツや音楽など不要不急のものが果たした役割は、限りなく大きかったのではないでしょうか。

弛まない努力を続け、コロナに翻弄されてきた選手たちのためにも、なんとか知恵を絞り、やってほしいと思います。

そして、その最中で誰かさんが放った不用意な女性蔑視発言?-はい、私はもちろん怒っています。

しかし昨夜、家族にもらった宮崎産キャビアを風味の高いバターと合わせてみたら極上の味。そこはかとない幸せを感じ、怒りが少々収まりました(笑)。

それにしても、大勢の若い人たちが今回怒っていること、問題を感じていること、とても頼もしく思います。

前回ご紹介したバイデン大統領の言葉「世の中が変わらないとは言わせない(Don't tell me things can't change.)」、こういうときにぜひ思い出してくださいね。



近況報告こちらもシンプルになりました。

☆幼児用英語教材のウェブサイトで連載記事執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は2月末です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


# by kerigarbo | 2021-02-08 11:04 | Comments(0)
新たな米国に期待!... 'The Hill We Climb'
新たな米国に期待!... \'The Hill We Climb\'_c0019088_08523406.jpg


珍しく低気圧の朝を迎えた日曜日。どうやら都内に積雪はない?(ほんとはちょっぴり期待していたのですが……笑)。

昨日、居間の絨毯に足をひっかけ転倒した私。幸い大したことはなかったのですが、こういうことがあるたびに「私って、年??」なんて少し気分が下がってしまいます(でも頑張ろう……)。

先週は楽しみにしていた米国大統領就任式がありました。すぐに(民主党支持の)LAの娘たちに"Congratulations to America!"とラインを打つと、"...and to the world!" と返事あり。

確かに、バイデン大統領登場により、様々なことがこれからポジティブな方向へ行くのではないかと多くの人が期待しています。

就任式の翌日、録画していたABC特番の就任式を観ました。力強いレディ・ガガさんの国歌斉唱にはじまり、若き詩人アマンダ・ゴーマンさんの朗読で締めくくる、まさにアメリカらしい見事な演出。

どれをとってもー我々がみなこの暗い時代の中で大いなる期待を抱いているせいなのでしょうかー寒さに凍えながらも(当日は雪がちらついていました)、参列者たちの顔は晴れ晴れと、希望に輝いているように見えました。

就任式のハイライト、バイデン大統領のスピーチより、印象に残った一節を紹介します。

Today, we mark the swearing-in of the first woman in American history elected to national office--Vice President Kamala Harris. Don't tell me things can't change.(今日、カマラ・ハリス氏がアメリカ史上初めての女性副大統領に就任します。物事(世の中の状況)が変わらないとは言わせません

私自身は4年前、もう少しで女性大統領誕生というところで希望の光がかき消された瞬間をよく覚えています。多くの女性が失望しました。しかしあれから4年、女性たちは静かに、着々と努力を重ね、チャンスのときを待っていたのかもしれません。

次に、アマンダ・ゴーマンさんの朗読より。

We, the successors of a country and a time where a skinny black girl descended from slaves and raised by a single mother can dream of becoming president, only to find herself reciting for one.
(私たちは、奴隷の末裔でシングルマザーに育てられた瘦せっぽちの黒人の女の子が大統領を夢見ることができる国と時代の継承者だ。その彼女はいま、大統領のために詩を朗読している

彼女の詩は、The Hill We Climbというタイトルでほんとうに素晴らしいのですが、興味のある方はこちら翻訳家の鴻巣友季子さんの解説をぜひ!

ということで、新政権の誕生は、分断の解消、人種差別との決別、パンデミックとの闘いー色々な意味で期待が大きい一方、実現はかなり難しいのですけれどー

私はこの4年後世界がどうなっているか、女性が堂々と活躍する時代がほんとうに来るのか、注視していきたいと思っています。

冒頭のうにちゃん、久しぶりの登場です。私がクリスマスに送ったアヒルさんが、新たなお気に入りに追加されたみたい(笑)。



近況報告こちらもシンプルになりました。

☆幼児用英語教材のウェブサイトで連載記事執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は2月末の予定(?)です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


# by kerigarbo | 2021-01-24 09:26 | Comments(0)
2021年正月―コロナ禍のおせち事情
みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も、本ブログをよろしくお願いいたします!

2021年正月―コロナ禍のおせち事情_c0019088_10442741.jpg


新型コロナに苦しみ抜いた2020年も終わり、われわれが希望を託す新しい年、2021年が幕開けしました。

まだまだ安心できない中、神社にはたくさんの人だかり。SNSにアップされるおせち料理の豪華なこと。

解放感を求めるというか、世の中がよくなって欲しいという人々の願いがいつも以上に強いのかもしれません。

今年はステイホーム、家族で一緒にお料理という方も多かったと思います。わが家はいつも通りのお取り寄せ。

例年と違うのは、そっくり双子の中身が同じおせちが(写真中央)が2つ届いたことです。

家族がひとつの料理を同じ箸でつつかないよう、工夫されているのですね。まさにコロナ仕様!!

でも一人分が意外に大きかった……うちは夫婦ともに小食なので、二日に分けていただきました。

下の写真。いつものように、できる範囲での自作料理も添えて。

2021年正月―コロナ禍のおせち事情_c0019088_10441343.jpg

赤いお皿:左上は自家製栗きんとん、下は鶏の照り焼き生姜風味、右は自家製数の子、真ん中はアボカドであえたタコ、ミニトマトを盛った柚子カップ(今年はわが家のレモンを器に使いました!)。

右の皿:大根とホタテをマヨネーズであえたサラダ。三つ葉とみじん切りした柚子の皮入り。さっぱりいただけるので、わが家の定番です。

ほんとうはこれにあわせて、田作り、タタキごぼうが加わる予定でしたが、年末は意外に忙しくて断念。その代わり、紅白をたっぷり楽しめました(笑)。

最後は、シンプル関東風雑煮で締めくくり。

2021年正月―コロナ禍のおせち事情_c0019088_10445124.jpg

昆布、煮干し、鰹節の出汁に鶏のうま味が加わり、これがシンプルだけど深みがあって美味しいのです。何事にもシンプルが一番と思いますが、みなさんはいかがでしょうか。

今年の目標は、昨年に続き「身辺整理」。生活と仕事のシンプル化です。コンマリ風に言うと、こんな感じ?

Focus on decluttering, make your life simple, and let your heart shine!
(片づけに徹し、生活をシンプルに、心を輝かせよう! declutter=片づける)

みなさまもどうぞよいお年を!

コロナフリーの世界がはやく訪れますように!!



近況報告こちらもシンプルになりました。

☆幼児用英語教材のウェブサイトで連載記事執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は1月末の予定です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


# by kerigarbo | 2021-01-03 11:01 | Comments(0)
Happy holidays!! 今年一年SNSを賑わした英語
Happy holidays!! 今年一年SNSを賑わした英語_c0019088_09463751.jpg


みなさま、コロナ禍のクリスマスをいかがお過ごしでしょうか。

今年は家族で集まることなく、東京2か所とLAをズームで繋ぐクリスマス。この便利なZoom meeting、今年はなんどお世話になったことか……

さて今年一年を振りかえってみますと、悲しいことに、新型コロナ一色でしたね。

以下のコロナ関連の英語は、本ブログでもご紹介しました。

Covid 19/Coronavirus(新型コロナウィルス)
Lockdown(ロックダウン)
Quarantine(隔離)(*検疫という意味もある)
Self-isolation(自主隔離)/Self-isolate(自主隔離する)
Pandemic(パンデミック)
Work from home(テレワーク)
Social distancing(ソーシャルディスタンス)
Stay home(ステイホーム)

ほとんどが我われにも聞きなれた言葉。それだけコロナが世界中のイシューだったということです。

私が今年家族に送ったのもオーガニック生地のface mask(マスク)でしたが、マスク関連の表現では……

cover up(顔を覆い隠す)と同じような感じで使われている、mask up(マスクをつける)が今年特有で面白いと思いました。

NYのクオモ知事が、"Mask up America!"(アメリカ人はみなマスクをつけろ!)と発言し、有名になりましたね。

マスクをする自由としない自由、日本ではおよそ考えられない論理です。マスクをする人がかなり増えたとはいえ、LAでもまだまだマスクを拒否する人がいるとか……

また最近では、英国や南アフリカで発生しているvariant(変異種)、およびtransmittable(感染しやすい)という言葉もニュースによく登場しています。

こちらも怖いですね。変異したウィルスが世界中に広まらないことを祈るばかりです。

しかし、Finally, the pandemic-plagued 2020 is coming to an end.(とうとう、パンデミックに苦しんだ2020年も終わりに近づこうとしています)

2021年は、果たして希望があるでしょうか。あってほしいと思います。

ワクチンが行き渡り、コロナが収束し、人々の絆がもとに戻りますように!!

それではみなさま、stay homeしながら、Happy holidays! 

そして、よいお年を!!




近況報告(最近のお知らせにはがつきます。が多いほど最新です

☆☆☆ワールドファミリーさんから、第三弾のエッセイ(11月26日)が出ました。今回は「英語が、世界共通語になった理由」。

☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、「バイリンガルへの第一歩:言葉にする文化を大切に!です。
第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事

# by kerigarbo | 2020-12-25 10:07 | Comments(0)
レモンがいっぱい!-英語のlemonは悪い意味?
レモンがいっぱい!-英語のlemonは悪い意味?_c0019088_14111948.jpg


最近、わが家に山のようなレモンがやってきました。

これらすべて、静岡函南にある古屋の庭で夫が収穫したもの。

実はこの3倍くらいあります(笑)。こちらがたくさんの実をつる下げたレモンの木。


レモンがいっぱい!-英語のlemonは悪い意味?_c0019088_14231454.jpg


美輪明宏さんいはく、レモンの木は幸せを呼ぶそうな。真偽のほどはわかりませんが、レモンイエローの何とも言えない鮮やかさが、幸せを呼ぶような気がします。

今年のわが家はあまりよいことがなかったので、、、レモンの木に少しはあやかれるといいな……

下は、高温でせっかくのレモンを焦がしてしまった、鶏と野菜(鶏モモ、パプリカ、シメジ)のオーブン焼き。緑の焦げたのは、わが家で育てているバジルの葉。(200度以下の温度で25~30分くらい焼くとたぶん成功します)


レモンがいっぱい!-英語のlemonは悪い意味?_c0019088_14265585.jpg


最後に、ご存じの方も多いかもしれませんが、レモンは悪い意味に使われることもあります。

I bought a new car, but it was really a lemon.(新しい車を購入した。でも、すごい欠陥車だった)

辞書を引くと、こう出ています。A lemon is a device or machine that does not work well. (Cambridge Dictionary)

またもうひとつ、英国のスラングらしいですが、何か失敗したときに、I feel such a lemon.(自分はなんてバカなんだろう)のようにも使います。

とまあ、変な意味もあるレモンですが、lemonade(レモネード)はアメリカ人が大好きな飲み物ですから、レモンの爽やかな香りは万国共通、人気があるということでしょう。

ところで、とうとう12月になってしまいました……まだ何もしていないぞ!!(119.png



近況報告(最近のお知らせにはがつきます。が多いほど最新です

☆☆☆ワールドファミリーさんから、第三弾のエッセイ(11月26日)が出ました。今回は「英語が、世界共通語になった理由」。

☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、「バイリンガルへの第一歩:言葉にする文化を大切に!です。
第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事


# by kerigarbo | 2020-12-01 14:41 | Comments(0)
アメリカよ、fairnessはどこに?次期女性副大統領に期待!
アメリカよ、fairnessはどこに?次期女性副大統領に期待!_c0019088_15484465.jpg


すっかり秋らしくなりましたね。わが家では、真っ赤な柿とホカホカの安納芋がひんぱんに食卓に上るようになりました。

アメリカではそろそろサンクスギビング。娘たちもそうですが、26日から始まる休暇を心待ちにしている人がたくさんいます。今年は家に籠り、遠く離れた家族とはリモートで楽しむのかな……

パンプキン・パイ、クランベリー・パイ、食べたくなってきました。


ここで大統領選に話を移しますが、なかなかすっきりしませんね。公の選挙で負けた人が負けを認めない(refuse to admit defeat)のは異常事態です。

次期大統領(president-elect)のバイデン氏も、最後の悪あがきを止めないトランプ大統領やその行いを、shameful/an embarrassment(恥ずべきこと)と形容しています。

私の知っているアメリカは、わりに最近まで(?)ジェントルマンシップの感じられる、プライドのある国でした。

(たとえ少々腹黒いことを考えていたとしても?)表向きはジェントルマンに振る舞う、fairness(公平さ)を重んじる、それが大国アメリカの民主主義だったと思います。

今は論理に一貫性がなく、その精神をどこにも見つけることができません。とても残念です……

このchaos/confusion(ゴタゴタ、混乱)に対し、バイデン氏は、"We don't see anything slowing us down..."(何があってもわれわれが停滞することはない)と言い切っています。今後はスムーズに行くことを祈りましょう。

私は個人的にバイデン政権に期待していますが、次期副大統領が女性だということもすごく嬉しい。(ヒラリーさんのときは、正直すごくがっかりしましたから……)

カマラ・ハリスさんのスピーチに登場した名言、"While I might be the first woman in this office, I will not be the last."(私はホワイトハウスではじめての女性副大統領かもしれないけど、決して最後ではないわ→これからも女性が続くでしょうという意味)。

は、重みのある言葉ですね!

みなさまも、秋晴れと秋のうま味をたっぷりご堪能ください!以下は、最近できた高輪ゲートウェイ駅近く。Such a clear blue sky...(澄み切った青い空……)


アメリカよ、fairnessはどこに?次期女性副大統領に期待!_c0019088_16202095.jpg


近況報告(今回より、最近のお知らせには☆☆☆がつきます)

☆☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、バイリンガルへの第一歩:「言葉にする文化を大切に!」です。

なお、第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。次回は11月中旬の予定です。

●『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事

# by kerigarbo | 2020-11-16 15:54 | Comments(0)
U.S.大統領選の行方ーGlued to the TV screen!
U.S.大統領選の行方ーGlued to the TV screen!_c0019088_16072259.jpg


昨日および今日、日本でも多くの方が米国の大統領選の行方を気にしていらっしゃると思います。トランプ氏かバイデン氏か……

私もそのひとり。まさに昨日は、I was glued to the TV screen all day.(一日中テレビ画面にくぎ付けだった)、、、と言うより、

スマホ画面(to my smartphone screen)にくぎ付け、のほうが正しいかもしれない。

LAの娘たちも仕事をしながら、選挙結果が頭から離れない模様。

最近アメリカ国籍を取得したN君は、下のような選挙専用投票箱(official ballot drop box)で早くも期日前投票(early voting)を済ませ、

U.S.大統領選の行方ーGlued to the TV screen!_c0019088_16120245.jpg


昨日は少しイライラしていたようですが(西海岸では多くの人が民主党支持)、今日はバイデン氏中西部での躍進で、少し気をとり直したみたい。

通常の選挙では、投票所(polling place/station)に赴き、一票を投じる(vote/cast a ballot in person)のですが、今年はコロナウィルス感染防止のため、

郵便を使った期日前投票(early voting/absentee voting)を利用した人が多いのです。ちなみに、郵便投票で投じられた票は、mail-in ballotと言います。

さて、この郵便投票の結果がふたりの大統領候補の運命を分け、どちらが勝ってもそのあとの大混乱が予想されますが、とりあえず激戦州(battleground states)の結果がどうなるでしょうか。

気になるネバダ州はバイデン氏有利と予想されていますが、明日の朝(現地の5日)判明の予定とか(ただし、あくまでも予定であって、何かの理由で延長されたりするかもしれない)。

まったく、何が起こるかわからない今回の選挙選。まさに、I can't take my eyes off the election this year.(今年は、選挙選から目が離せません)。

冒頭の写真はアメリカではありません。昼時の閑散とした都内の公園。紅葉はまだまだこれからのようです。



近況報告(今回より、最近のお知らせには☆☆☆がつきます)

☆☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、バイリンガルへの第一歩:「言葉にする文化を大切に!」です。

なお、第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。次回は11月中旬の予定です。

●『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事


# by kerigarbo | 2020-11-05 16:10 | Comments(0)
医療従事者を守れ!入退院に関する英語
医療従事者を守れ!入退院に関する英語_c0019088_08375839.jpg



更新が遅くなりましたが、今月中旬に腰椎の手術を経て、その5日後に無事退院することができました。

治療に専念してくださったドクター、看護師さん、リハビリのスタッフ、介護士さん等の医療従事者(health care professionals)の方々、痛みと戦い続けたこの数か月、励まし支えてくれた家族や友人に心から感謝!!

現在、どの病院もコロナ患者の受け入れや人手不足、外来を控える患者の減少による財政難で危機に立たされています。

それでも変わらぬ、医療従事者たちの明るく献身的な仕事ぶり、患者への温かい対応を目の当たりにし、何度も頭が下がる思いをしました。

連日の手術の疲れも見せず、朝になるとハツラツとした元気な声で「調子はどうですか?」と病室を訪れるドクター。先生ありがとう!!

手術をした夜、いくつもの管につながれ、痛みで体をまったく動かせない私のために、何度もベッドへ足を運んでくれた看護師さん。

「夜勤は大変でしょう。大変なお仕事ですね」と声をかけると、「いえ、患者さんのほうがもっとお辛いですから!」という言葉が返ってきて、熱い思いがこみ上げました。

守れ、医療従事者!


ここで少し、入退院関連の英語をご紹介。

「外科手術を受ける」は、もっとも簡単な言い方が、have surgery/ have an operation(surgeryは不可算で扱うことが多い)。

私の場合だと、I had back surgery two weeks ago.(2週間前に腰の手術をした)となります。

「退院した」は、I left/got out of the hospital. というカジュアルな言い方のほか、I was released/discharged from the hospital. のようなフォーマルな言い方もあり。

「完全回復する」は、make a full recovery。

友人からはさっそく、Hang in there. I am sure you will make a full recovery!(頑張って。きっと完全回復しますよ!)というメッセージをもらいました。

別の友人から届いた、I wish you a speedy recovery.(順調に早く回復なさいますように!)というメッセージも定番の表現です。

写真は、先日〇〇才のお誕生日を迎え、家族でズーム誕生会をしたときのもの。コロナのせいで直に会えなくても、オンラインで心を通わせることができる今の時代に感謝です!!



近況報告(今回より、最近のお知らせには☆☆☆がつきます)

☆☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、バイリンガルへの第一歩:「言葉にする文化を大切に!」です。

なお、第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。次回は11月中旬の予定です。

●『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事


# by kerigarbo | 2020-10-28 09:01 | Comments(0)
PCR検査と、謎の(?)ペンス氏頭上の蠅
PCR検査と、謎の(?)ペンス氏頭上の蠅_c0019088_14595242.jpg


実は最近、PCR検査を受けました……コロナ感染の疑いがあったわけではなく、

来週腰の手術を受けるので、念のためにやっておかなければならなかったのです。

初めてなので少しドキドキ。痛いかなと思ったら、鼻の奥で一瞬 tingling(チクチク)を感じた程度でした(まあ、正直二度とやりたくはないですが……)。

コロナと言えば、今月はじめトランプ大統領が感染し、大騒ぎになりましたね。英語では、次のような言い方をします。

The president tested positive for Covid19. (大統領がコロナ陽性と診断された)

一方、Mr. Biden tested negative. (バイデン氏は陰性だった)

今後、大統領選までどのような展開になるのか見逃せませんが、今朝行われた副大統領討論会(vice-presidential debate)もバッチリ観ましたよ。

今回は二人とも論客で、ディベートらしいディベートでしたが、SNSを一番騒がせたのは、

ペンス氏の頭の上に偶然止まった蠅(=fly)と、ハリス氏が何度も放ったI'm speaking. ではないでしょうか。

A big black fly landed on Mr. Pence's head.(大きな黒い蠅がペンス氏の頭の上にとまった)というニュースのヘッドライン。その場面を思い出すたびに、くすっと笑ってしまいます。

2分3秒ほどペンス氏の頭にしっかりしがみついていた蠅くん。その間、何を考えていたのでしょうね?(笑)

そして、前回のような失礼極まるinterruption(妨害)はなかったのですが、カマラ(ハリス氏)が話す途中、ペンス氏が割り込む場面が何度かありました。

カマラがその度に、I'm speaking.(まだ私、話してるんですけど)と繰り返したのは、とても効果的。さっそくこのフレーズはトレンド入りしたようです。

来週15日のトランプ氏 vs バイデン氏の討論会はどうなるのでしょうか。トランプ氏、すっかり回復してI'm back...と余裕しゃくしゃくで現れるのか否か……

色々と気になりますが、まずは来週の手術を頑張ってきます。

Wish me luck!

*写真は、簡単で美味しかったイカ入りトマトクリームパスタ。



近況報告(今回より、最近のお知らせには☆☆☆がつきます)

☆☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、バイリンガルへの第一歩:「言葉にする文化を大切に!」です。

なお、第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。次回は11月です。

●『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事

# by kerigarbo | 2020-10-08 15:18 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム