ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2021年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?

春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?_c0019088_10353287.jpg


この2,3日、関東はとても春めいてきました。ご近所では色とりどりの梅が開花し、一部の桜が先取りして妖艶な姿を見せています。

定番の表現ですが、まさにSpring is just around the corner.(春がもうそこまで来ている)ですね。

このように匂い立つ春に心が躍る毎日ですが、春特有の悩みも……。夫は目が痒い、私は少し前から鼻づまり、軽い頭痛など。Are we having hay fever? (もしかして、これって花粉症?)

花粉症について、英語ではどのように表すか。昔どこかに書いたような気もしますが、ちょっとおさらいしてみましょう。

もしもみなさんが花粉症を患っているなら、次のように言うことができます。

I have hay fever.
I have a pollen allergy.(*pollen=花粉)
I'm allergic to pollens. (*allergic to...=...にアレルギーである)

ちなみに、日本ではcedar(杉)、cypress(ひのき)、ragweed(ブタクサ)に起因する花粉症が多いですが、アメリカではbirth(白樺)、oak(カシ)なども。

辛い花粉症の症状(various irritating symptoms of hay fever)としては―

I have itchy and watery eyes.(目が痒くて涙目である)
I have a scratchy throat.(喉がイガイガする)
I have a runny nose. (鼻水が出る)*My nose won't stop running.(鼻水が止まらない)
I can't stop my sneeze.(くしゃみが止まらない)
I have a stuffy (stuffed) nose.(鼻が詰まっている)

多くの症状は、「I have+~」で表すことができるので便利です。逆に下線部の形容詞を使って、My eyes are.../ My nose is....のように言うことも可能なので、ぜひ使ってみてくださいね。

そんな嫌な花粉の季節ではありますが、コロナに気を付けながら春を楽しんでいます。下は我が家の小さなプランターで育った水菜と伊豆で収穫したレモンの皮のサラダ。みずみずしくて、とてもおいしかったですよ。

春が近づくもーひょっとしてhay fever(花粉症)?_c0019088_10364831.jpg

次回ブログを書く頃には、すっかり春になっていると嬉しいな~

See you soon!!


近況報告こちらもシンプルになりました。

☆英語教材のHPで連載エッセイ執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は3月初旬の予定です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


by kerigarbo | 2021-02-23 10:51 | Comments(0)
ワクチンはいつ?-Is spring coming soon?
ワクチンはいつ?-Is spring coming soon?_c0019088_10405088.jpg


季節が行ったり来たりの今日この頃。気温が低いながらも、ほの暖かい春の日差しや空気が気持ちよく感じられる、そんな季節が近づいています。

世の中は今、ワクチンはいつ? オリンピックはできるの? と騒いでいますが、私はまずワクチンを受けたい!(その結果、自由に歩き回りたい)と切に願っております。

先日サンフランシスコ、NYの友人から、ワクチン接種の報告を受けました。

NYの友人いはく、ワクチンの予約自体が大変だったと。接種用のクーポンがもらえるわけでもなく、当局から連絡が来るわけでもない。必死にネット上の情報を追いかけても、No appointment available(予約不能)の表示が続くばかり……

絶望していたところ、ワクチンの供給(vaccine roll-out)が突然増えたせいか否か(?)、無事予約(sign up)に成功、一回目の接種(get the first doze of the Covid-19 vaccine)を完了したとのことでした。

日本では果たしてスムーズに行くのでしょうかね? 夏までには何とかしてほしいですが(Can we get vaccinated by summer? Hopefully...)。

一方、開催が危ぶまれているオリンピック・パラリンピックですが、私は個人的に開催を期待しています。

色々と問題の多いことは承知していますが、これまでも災害や苦難のたびに、スポーツや音楽など不要不急のものが果たした役割は、限りなく大きかったのではないでしょうか。

弛まない努力を続け、コロナに翻弄されてきた選手たちのためにも、なんとか知恵を絞り、やってほしいと思います。

そして、その最中で誰かさんが放った不用意な女性蔑視発言?-はい、私はもちろん怒っています。

しかし昨夜、家族にもらった宮崎産キャビアを風味の高いバターと合わせてみたら極上の味。そこはかとない幸せを感じ、怒りが少々収まりました(笑)。

それにしても、大勢の若い人たちが今回怒っていること、問題を感じていること、とても頼もしく思います。

前回ご紹介したバイデン大統領の言葉「世の中が変わらないとは言わせない(Don't tell me things can't change.)」、こういうときにぜひ思い出してくださいね。



近況報告こちらもシンプルになりました。

☆幼児用英語教材のウェブサイトで連載記事執筆中。最新記事は「英語が、世界共通語になった理由」。次号は2月末です。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


by kerigarbo | 2021-02-08 11:04 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム