ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2019年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
もうすぐ10連休ー映画「バイス」を観た!
c0019088_17151176.jpg


あっという間に4月も過ぎ、いよいよ10日間の長いGW突入へ。みなさまどのようにお過ごしの予定でしょうか。

やっと映画を一本観るくらいの余裕ができたので、何を観ようかなと迷い……選んだのは「バイス」でした。正解だったかですって?まあ、以下をお読みください。

1960年代初頭、とある家庭で繰り広げられる夫婦喧嘩から物語は始まる。

何をやってもいまひとつ、ヤケ酒の末、飲酒運転で捕まったディック(クリスチャン・ベール演じる、将来のディック・チェイニー。元副大統領)に、妻リン(エイミー・アダムス)がかみつくシーン。

I'm sorry, Lynnie.(ごめんね、リニー)と酔いつぶれながらもひたすら謝るディック。しかし飲酒運転で捕まるのはこれが初めてではなかった。

Two times makes me think that I picked the wrong man.(二度目ともなると、私は夫選びを完全に間違ったと思えてくるのよ)とリニー(リンの愛称)。

このpick the wrong man(相手を間違った)というのは当時ならでの意味がある。女性は今ほど社会進出の機会がなく、専業主婦が当たり前だった時代。どんなに優秀でも、アイビーリーグに入ったり、会社経営者や市長になる道は閉ざされていたのだ。出世しそうな男を捕まえること(pick the right man)が、唯一女性が成功する道だった。

I won't ever disappoint you again, Lynne.(もう二度と君をがっかりさせないよ、リン)とディック。(*I won't disappoint you.「今後はあなたの期待にそうよう頑張ります」というフレーズはよく使われる)

このときから、ディックの快進撃は始まる。妻の期待に応えるため、猛烈に政界で頭角を現していく。ラムズフェルド、ニクソン、フォード、それらの大物に影のように寄り添いながら影響力を広げ、一度はビジネスの世界に入るが、最後はジョージ・W・ブッシュに副大統領の椅子をオファーされるまでになる。

このブッシュ(サム・ロックウェル)が傑作。卑屈な笑い方、軽薄な雰囲気(少し過剰演出だけど……)があまりにも似ていて、観ている人は吹き出しそうになってしまう。

I want you to be my VP. You're the solution to my problem.(副大統領になってほしい。君しか僕を助けられないんだ)とブッシュ。(VP=vice president。viceには「副」という意味のほかに「悪」という意味も!)

その頃、心臓病を患っていたディック・チェイニー。妻のリンはもうこれ以上夫の出世を望んでいなかった。しかしこれこそが、男性ならではの権威やパワーへの執着なのか、ディックは要請を断らない。

そして、その後世界がどのように暗黒の道をたどり始めたかは、みなさんご存じですよね。9/11、イラクへの軍事介入、テロの応酬、分断と憎みあい……

最後に、この映画を私なりに総括しますとー

飽きさせないテンポと筋書きの風刺コメディです。監督もさすがだが、主役のベール、アダムスに加え、脇を固める役者たちがほんとうに上手い。ただし、現実とリンクしているので、最後はちょっぴり暗い気持ちになるかもしれませんが……

GWに何を観るか迷っている方、以上が参考になれば幸いです。

みなさま、どうぞよいGWを!!

__

◎相も変わらず、宣伝させていただいています!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★いつものお知らせ:

〇フェイスブックに別のブログを掲載しています。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎!)

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、現在発行部数22万部を超えています。



by kerigarbo | 2019-04-25 17:40 | Comments(2)
桜。京都の旅…🌸🌸🌸

c0019088_14350192.jpg


春爛漫です。この土日をもって、どうやら東京の桜はピークを過ぎる気配……

先週末、京都に行ってきました。この頃、桜はまだ3分咲から5分咲。はじめて桜の時期に京都を訪れるというので、心躍らせながら着いた先はー


この日は昼頃、京都駅に到着。ニシン蕎麦をいただいたのち、比較的桜が開花しているという醍醐寺へ。外国人(とくに中国からの観光客)で賑わっておりました。観光客に道を指し示す、親切なご住職。

c0019088_13513101.jpg



醍醐寺の茶席で桜を観ながらいただいた、お抹茶とお菓子(Matcha and a piece of confection)は格別です~

c0019088_15003036.jpg


c0019088_14062835.jpg


この日はその後、勧修寺を訪れておしまい。2日目は、北野天満宮からタクシーで京都御所へ。しとしとと雫のような雨(drizzling rain)が降りしきる寒い一日でありました。つい最近、天皇皇后両陛下が楽しまれたという枝垂れ桜(weeping cherry tree)を発見。着物姿のおば様たちも素敵……

c0019088_13231530.jpg


夜は祇園の吉膳さんへ。

c0019088_14183174.jpg

優しいお味のコース料理を満喫。(この後、一緒に食事をいただいたご夫婦から、高台寺のイルミネーションについて情報を取得。たまらず観に行ってしまいました。ライトアップされた枝垂れ桜が豪快でしたが、境内は階段の上り下りが激しく、痛めている股関節にかなりの打撃が……120.png

c0019088_14202316.jpg


3日目、最後の日。天が味方をしてくれたのか、晴れときどき曇り。まずは哲学の道(Philosopher's Walk)へ。満開ではありませんが、薄紅色に染まる空を見上げて満足気な外国の方々。

c0019088_13153583.jpg


こんなアレンジも素敵ですね(途中にある食器のお店が、宣伝のために置いていました)。

c0019088_13150670.jpg



このあと、法然寺、平安神宮、知恩院、八坂神社・円山公園、祇園の裏通りを通ってホテルへ。荷物をとって帰途につきました。

c0019088_14261259.jpg



最後の日はなんという強行軍(おかげで、1週間経った今も疲れが残っている~)。

桜の京都は想像以上に雰囲気があり、楽しめました。みなさまもぜひ一度トライしてみてくださいね。



_______

◎相も変わらず、宣伝させていただいています!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★いつものお知らせ:

〇フェイスブックに別のブログを掲載しています。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎!)

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、現在発行部数22万部を超えています。





by kerigarbo | 2019-04-06 13:46 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム