ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
<   2018年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
被災した大阪、京都へ行ってきました!
c0019088_09495826.jpg

先週は、台風、地震、日本列島は怒涛のごとく次々と押し寄せる災害に見舞われました。被災された方々へは、心からお見舞い申し上げます。

さて、台風21号が走り去ったあとすぐの金曜日、大阪に行ってきました。通訳・翻訳関連の学会に参加するためです。

そのときはもう災害の爪痕はほとんど見られませんでしたが、現在でも関西空港の一部は機能不全の状態に陥っており、関係者のみなさんは大変なご苦労をされているようです。

以下は、BBCのビデオ。日本では台風を〇号と呼びますが、海外では人の名前をつけます。今回はTyphoon Jebiと命名。韓国語でチェービーと読み、つばめを意味するらしいですね。


ここからは大阪に到着した日のタクシーの運転手さんの話。(関西アクセントをつけてお読みください)

「一昨日営業したときは、あちこちに飛ばされた物体が転がっていて大変だったんです。昨日一日休んで、今朝タクシーを走らせたら、すっかり綺麗に片付いているのでびっくりですわ」

日本は災害も多いけれど、対処もはやい!と感心。せっかく大阪に来たので、学会のあと友人とお好み焼きさんを訪れることにしました。

急に食べる話になって恐縮ですが、写真の力丸さん、とても美味しかったです。さすが大阪!

さて、次に訪れた京都では―

c0019088_10101154.jpg

c0019088_10104693.jpg

伏見稲荷では鳥居がこの場所から先は見られず、がっかりして来た道を戻る外国人観光客も……。そもそも観光客自体が極めて少ない印象でした。

赤山禅院では、ご覧のように木々や灯篭が見事になぎ倒されていました。観光立国を目指す日本、大丈夫か??

というわけで、いつもとは異なる姿の大阪、京都を見学する旅となりました。北海道を含め、被災地の一刻も早い復興をお祈りします。そして―

先週末から今週末にかけては、私自身も怒涛の一週間。

大阪、京都から戻ると、3年前まで教えていた東京外国語大学のゲストレクチャーが待っていました。テーマは『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)に関連したお話。

教壇で話すのは久々でしたが、真剣な表情で聞いてくださる学生さんたちの顔を見ているうちにテンションが上がり(笑)、とても楽しいひと時でありました。

ではまた。早く爽やかな秋が訪れますように!!


◎近著もよろしくお願いします!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★新着のお知らせ:

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。9月5日に更新しました。タイトルは:英語改革のゆくえーその⑤ 「読める」と「声に出して読める」は違う!


★いつものお知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事



by kerigarbo | 2018-09-15 10:05 | Comments(0)
ついに観て来ました!「オーシャンズ8」
c0019088_14055216.jpg


まだまだ、ムシムシと暑いですが……やっと9月になりました。

お約束どおり(?)、先週「オーシャンズ8」のレイトショーに行ってきました。

人気オーシャンズ・シリーズのスピンオフとして、ある種の話題を呼んでいるこの映画。そう、メンバー全員が女性なのです。

ダニーの妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)は濡れ衣を着せられ、5年以上投獄されていたという設定。仮釈放の後、元犯罪仲間のルー・ミラー(ケイト・ブランシェット)に、ある強盗話を持ちかける。

”So you want to hit a jewelry store?“(宝石店を襲うのね?)と尋ねるルー。

”Not exactly...”(近いけど、ちょっと違うわ)とデビー。

(メトロポリタン美術館の前で車を停めたデビーは)”The MET” (メットよ)と答えます。(*MET=メトロポリタン美術館。そこで毎年開かれるガラについてはこちらのサイトが詳しく説明しています→METガラ

デビーの狙いは、ガラで女優のダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)がつける予定の宝石を、たったの7人で盗むこと(7人なのにオーシャンズ8?あとで理由がわかります!)。

様々な分野のプロ(宝石商、ハッカー、スリ、盗品売買エキスパート)が集まり、次々と計画を実行に移して行く。スリリングでカッコいいのに加え、よくここまでディテールを工夫したなあ、とひたすら感心する私。

さらに……この映画には、女性ならではの視点が強く入っているのです。

それは、自分(デビー)を罠にはめた元恋人(ダミアン・ルイス)への復讐劇。

Do not run a job in a job. (仕事の中で仕事をしないで。たぶん、仕事に私情を持ち込むなという意味)と怒るルー。

彼女を昔からよく知る、保険詐欺の検査官フレーザーも、You're going to have to let this go.(いつか、その恨みを忘れなければいけないよ)と諭すのですが、、、

男性の卑怯さを許せないデビーは、決して怯まないのでした。(Me Too運動?を彷彿させるようなこの設定、単なる偶然ではないでしょうね、きっと)

軽くまとめますと、強靭な肉体を使わなくても、知恵と技術を駆使して男性たちを出し抜く女性の逞しさと、煌びやかな衣装など女性ならではの華やかさと、両方を見事に調和させたという点では、他の男性シリーズに引けを取らない出来です。ただし……

続編を希望するかですって?もちろん、イエス。(でも、次は最後の詰めをもう少し工夫してね!)

しかし、真夏の夜にスカッとするには最適な映画ですよ。ぜひ、みなさまもご覧ください。

そうそう、冒頭の写真は映画にまったく関係なくてすみません。カリフォルニアから送られてきた、ロブスターロールのランチ写真(手前はクラムチャウダーかな?)。ロブスターは好みではないけれど、写真は美味しそう……


しつこいですが(笑)、近著もよろしくお願いします!

●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


新着のお知らせ:

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。8月19日に更新しました。タイトルは:英語改革のゆくえーその④ 「綴りと発音の関係を知れば、なんでも読める、読めれば話せる!」は正しいという話。→近く、その⑤を掲載します。


いつものお知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

〇最近、TAS & コンサルティングのHPを更新しました。前より見やすく、わかりやすくなりました!

○過去の記事ですが、プレジデントオンラインに「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー



by kerigarbo | 2018-09-01 14:29 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム