ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
LAの旅④-サンタモニカであの人に出会った?
c0019088_11571180.jpg


前回の続き。さんざん娘たちに反対されたサンタモニカでしたが、翌日(こともあろうに日曜日に!)行ってきました。

まずは、Water Grillというレストランでロブスターをいただき、

c0019088_12011557.jpg


そのあとは、憧れの埠頭に。だけど、あれちょっと違う?桟橋から眺めた海岸の風景。芋を洗うような海水浴客の姿。

c0019088_12022632.jpg


そして、多くの人々のお目当ては入場無料の遊園地。

c0019088_12030566.jpg


夏のバカンス時期だし、日曜日だから?? 

以前訪れた(たぶん6月?)桟橋は閑散としていて、近所の金持ち地区に住む、ラルフローレンのシャツに短パンみたいな素敵なおじさまが、大型のワンコを連れて優雅に散歩している雰囲気だったけどなあ……


妹のRenaが姉のMinaに、クリスマス休暇にサンタモニカに行く(そこでHenrikの両親に会うことになっている)と告げると、

Wow, Santa Monica is the best place in the States. It's like heaven. I hope you have fun!(わあ、いいな。サンタモニカってアメリカで一番いいところじゃない。天国みたいな場所だよ。楽しんで来てね)(本書p200)

とMinaが言う場面があるんですが……(これじゃあ、heavenとは言いがたいですね。でもクリスマスならこんなに人はいないですよね、きっと!)


と思いながら、ごったがえしている桟橋を更に進むと、あらなんか見慣れた人が。

c0019088_12034573.jpg


すごい人だかり。そこでマイケルを熱唱していたのは、この人だった。

c0019088_12052755.jpg


まあ、似ているような似ていないような……。ですが、歌のレベルは本格的ですっかり聞きほれてしまいました。マイケル命のRちゃん一家も感動。

数曲歌い終わったあとは、自分の名前を告げ、興味のある方はご連絡を!と名刺まで用意している。NYもそうだけど、こういったストリート・パフォーマーのような人が多いし、一般的にレベルが高いのがアメリカ。

最後は、サンタモニカプレイスというショッピングモールで買い物して、この日はおしまい。

さんざんこき下ろしてしまいましたが、夏真っ盛りの日曜日にサンタモニカに行くのは避けたほうがよい、ということかもしれないですね。

今日のLAは37度だったそうですが、湿気が少なく夜は涼しいので、過ごしやすいもようです。

次回は、食べ物の話でもしましょうかね。では!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。

電子版も出ました!Kindle, honto, Apple Books, koboなどで購入することができるそうです。


c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)
●『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)現在22万部突破。

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事




# by kerigarbo | 2019-09-15 12:32 | Comments(0)
LAの旅③ービーチ対決: ベニス vs サンタモニカ
c0019088_14252202.jpg


台風が来そうで来ないけど、来たら大きいらしい……窓の外には不気味な雲が漂っています。

LA編3回目。今日はLAにある2つのビーチのお話。

実は今回、娘とN君にはどうしてもまたサンタモニカに行きたいと話していました。前回(10年以上前)ピア(埠頭)入り口のThe Lobsterで食事をし、夕陽に包まれた桟橋を歩いたときの、あの何とも言えないノスタルジックな雰囲気が忘れられない。

ぜひもう一度味わってみたいと思っていたのですが、娘たちは否定的。ベニスやセレブが愛するマリブのほうがよいと。

ふむ、若い人たちはサンタモニカの70年代ぽい感じが好きじゃないのかな、と思ったのですが、まずはベニスビーチへ。

観光ガイドにも載っている、有名なアボット・キニ―通りです。街のあちこちで面白いもの(ジープに乗る大型犬も含め)を発見。

c0019088_14215231.jpg

c0019088_14355551.jpg

c0019088_14223431.jpg


オーガニック、ナチュラル系の店が多く、人影もまばら。店員さんもやさしくナチュラル。庭先に商品を並べて、時の流れに身を任せ……という感じかなあ。

c0019088_14562676.jpg

c0019088_14572280.jpg


街のあちらこちらに斬新な壁アートが。

c0019088_14491867.jpg

c0019088_14553723.jpg


下の写真なんて、計算ずくのアートのよう。

c0019088_15373385.jpg


とまあ、街全体が現代美術館のようで、想像以上に楽しめたわけです。

最後は、Rちゃんママが友人に勧められたという、Intelligentsiaという不思議な名前のカフェでお茶し、今日の日程はお終い。

c0019088_15041037.jpg


今のところ、ベニスビーチの圧倒的なお洒落さに軍配が上がっていますが、翌日サンタモニカに行って、とんでもない事実を発見……

その話は後日に!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-09-08 15:08 | Comments(0)
LAの旅②-You made my day! ハリウッドでクリント・イーストウッドに乾杯!
c0019088_10291352.jpg


先週の続きです。ロデオドライブ周辺を楽しんだあと、ハリウッドスターたちの手形や足形が残されているチャイニーズシアターへ。

所狭しと並んでいるサインの中でふと目に留まったのが、クリント・イーストウッド。実は飛行機のなかで、彼が主演監督を務めた「運び屋」を観たばかりでした。

2018年公開のこの映画(原題:The Mule)、イーストウッド演じる主人公がひょんなことから麻薬シンジケートに協力することから話は始まる。

90歳という高齢のおかげで誰もが犯人と思わない。その強み(?)を利用して捜査網を潜り抜け、大量のコカインをアメリカ全土に運んでしまったという、びっくりするようなお話です(実話に基づいているそうです)。

かつては「夕陽のガンマン」や「ダーティ・ハリー」などで男女を問わずファンを虜にしたイーストウッドも、現在89歳。

過去に妻や家族を顧みなかったことへの贖罪として麻薬取引に加担するという筋書きが、人生の終盤に差し掛かった主人公の老い、憂いやはかなさに満ちた姿とマッチしており、、、なおさら感動を呼びました。(この映画、ほんとうにお勧めです!)

サインの上にあるYou made my day!は、「ダーティ・ハリー」で犯人に銃口を向けながら放つ有名な台詞、Go ahead. Make my day!(やれるもんならやってみな。俺にとっていい日になるぜ!)から来ている(とネットに書かれていますが、たぶんほんとうでしょう)。

イーストウッドはイケメン俳優として一世を風靡していた頃より、年を重ね、社会性のある独立作品で監督や主演を担うようになってからのほうが、ずっと魅力的。

アラン・ドロン、ロバート・レッドフォードなど、往年の美形スターが次々と年老いていくのは幾分辛いものがあるけれど、イーストウッドは中身で勝負している、「老い」も自分の魅力のひとつに取り込んでいるところが素晴らしい……

そんな彼のサインにここで出会えたこと、まさにYou made my day!(良い日にしてくれた!)です。

さて、話を現代に戻しましょう。実は今回の旅、Rちゃんの家族も一緒でした。(Rちゃんは、拙著『英語を話せる人 勉強しても話せない人 たった1つの違い』(青春出版社)に出てくる「ハッパのRちゃん」です)

この一家が目指すサイン、手形足形といえば、彼らが大好きなマイケル・ジャクソン、それからスターウォーズ。憧れのマイケルのサインの前で考え深くたたずむ(?)Rちゃん(現在5歳)。

c0019088_10162076.jpg

『英語を話せる人……たった1つの違い』が書かれたあと、Rちゃん家族にはMちゃんという女の子が生まれました。下は、よく男の子に間違えられる(?)Mちゃん。ムム?誰のサインの上に乗っているのかな?

c0019088_10293104.jpg

最後は、一家でスターウォーズのサインの上に乗り、全員ご満悦。(誰か別の人の足も入っている?私ではありません!観光客が次々に足を出すので、足つきでない写真をとるのは至難の業なんです。笑)

c0019088_10304501.jpg

そういえば、ハリソン・フォードのサインに乗らなかったかですって? Rちゃんママはもちろん乗りましたよ。まあ、本人のお顔が写ってしまうので今日は公開なし。(実物に会って通訳もしたことのある私は、もちろんRちゃん一家にとって英雄です!)

次回は、ビーチのお話か、LA市民の好きなオーガニック食品のお話か、流行りの英語のお話か、またはウニちゃんのお話か、楽しみにしていてくださいね!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-08-31 11:00 | Comments(0)
LAの旅①-まずは映画「プリティ・ウーマン」の舞台から!

c0019088_11475521.jpg


つい先日、LAから戻りました。8日間の短い旅でしたが、最後に訪れたのは10年以上前。そのわりには、街全体があまり変化していない印象を受けました。

これから何回かに分けてレポートします。

まずは到着翌日、ロデオドライブへ。

LAの中でも一番リッチな気分を味わえるのがここら辺ですから、ちょっとぶらつくことに。まあ、気分だけですけどね(笑)。

下の写真は映画「プリティ・ウーマン」の舞台となったビバリー・ウィルシャー・ホテル(略称)。

といっても、ひょっとして若い方はご存じないかもしれない?リチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ主演の名作ですが……


c0019088_11585791.jpg

このホテルの最上階、プレジデンシャルスイートが映画の舞台になりました。最近はすっかり白髪が似合うリチャード・ギア、当時はセクシーでダンディな男の代名詞でした。

そして上流階級とは無縁のコールガールを見事に演じたジュリア・ロバーツ、彼女の最盛期の作品です。

観ていない方は、ぜひDVDでご覧くださいね。


c0019088_12150705.jpg

玄関で観光客にやさしく対応するホテルのスタッフ。このたびの滞在では、LAは人々がおっとりしていて、やさしいということを確認できました。

しかし、「のんびりでおっとり」というのには逆の面もあります。それについては後日のお楽しみに。

c0019088_12194019.jpg

ちなみに、このあとストリートに面したこのイタリアンでお食事。テラス席から街ゆく人々を眺めていると、ハイエンドというよりは普通の人が多い。

全体に観光客が増えたし、私が前回訪れたとき(おそらく2006~07年頃?)より街全体が庶民的になった印象です。

この後、少しだけショッピング。そして夜は、有名人のサインと手形が多数みられるハリウッドを訪ねるのですが、それは次回のお楽しみということで!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事




# by kerigarbo | 2019-08-26 12:59 | Comments(0)
LAに行ってきます!
c0019088_09562357.jpg

お暑うございます。みなさま、この猛暑のなかどのようにお過ごしですか。お盆で帰省されている方も多いと思います。台風が少し心配ですね。

(今日は冒頭から珍しく本人登場!)先週末の猛暑の夜、場所は権八西麻布です。

N君(娘のダーリン)の妹Lちゃんが再びデンマークより来日し、今回は従妹のSちゃんをともなってやってきました。

Lちゃんは二度目ですが、Sちゃんは今回が初めての来日。ということで、外国人に大人気で、若者受けしそうな当店を選んでみましたが、

当然、中は外国人観光客でいっぱい(以前よりだいぶ増えた印象)、爆音で鳴り響く洋楽、なにか事故でもあったのか?とギョッとするほど大きな店員さんの掛け声(ちなみに店員さんはほとんどが日本語と英語を話せる外国人です)。

一瞬チョイスを間違ったかなと思ったけれど、予想通り、20代前半の彼女たちは大満足。次々と小出しで登場する居酒屋料理にも舌鼓を打っておりました。

その後ふたりとは会っていないのですが、北欧乙女たちは、この炎天下に仙台、秋田まで足をのばし(地元の人々の優しさに触れ……)、再び東京に戻ってきました。

念願のジブリ美術館を訪れ、片っ端からB級グルメを試し、ガチャガチャ(?)を楽しみ、クールジャパンを満喫しています。今週からは関西方面に向かうらしい。元気ですねー

という私も、久々にLAに行って参ります。LAは何度か行っていますが、今回は娘とN君が頑張って手に入れたマイホームを拝見するのが主たる目的。

実はウニちゃんとも初対面なんです。ドキドキするなあ……(現在、LAへ車で移動中のウニちゃん、我々ともうすぐ会うので緊張気味??)

c0019088_11304473.jpg

LAは湿度が低く、日中も30度まで上がるかどうかなので、きっと過ごしやすいことでしょう。(一時的ではありますが、猛暑の東京を脱出できるのが嬉しい……109.png

最近のLAの様子、写真をたくさん撮ってきますね。みなさまどうぞお楽しみに!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-08-11 10:45 | Comments(0)
今頃になってしまいましたが、、、「クレイジー・リッチ!」の感想
c0019088_12171714.jpg

いよいよ暑い夏の到来。暑いなあ~

夏休みが始まり、見逃した映画をDVDで観ようかという方のために、今日は自分自身も公開当時忙しくて観ることが出来なかった「クレイジー・リッチ(原題:Crazy Rich Asians)」をご紹介します。

この作品、昨年秋に公開され、瞬く間に大ヒットに。近頃人気のないラブコメにも関わらず注目を集めたのは、原作者、監督、出演者がオールアジア系だったこと。

もちろんその背景には、巨大マネーを武器に台頭する中国の存在があり、米国内でそれなりの存在感を示しながらも、映画ではなぜかメジャーに描かれてこなかったアジア系の人々のルーツ、考え方が、色濃く反映された作品だということがあります。

舞台ははじめNY。若い大学教授のレイチェル(コンスタンス・ウー)と、実は大金持ちの御曹司であるニック(ヘンリー・ゴールディング)が、ニックの母国シンガポールに一緒に戻るところから始まります。飛行機のファーストクラスに乗ってびっくりするレイチェル。

レイチェル:So your family is, like, rich?(あなたの家族って、つまり、リッチってこと?)
ニック:We're comfortable.(そこそこ不自由はしてないけどね)
レイチェル:That is exactly what a super-rich person would say.(スーパーリッチの人って、必ずそう言うのよ)
(*comfortable=快適、居心地がよい、をユーモラスに使っていますね)

シンガポールに到着したレイチェルは、ニックの親戚、友人たちのスーパーリッチぶりに驚くが、見かけはアジア人、中身はアメリカ人のレイチェルは周囲になかなか受け入れてもらえない。しかし、一番の脅威はニックの母エレノアだった。

レイチェルは自分の出自や家柄をエレノアが気に入らないのだと信じていたが、最後の対決とも言える場面で、エレノアはレイチェルにこう告白する。

エレノア:You're a foreigner. American...and all Americans think about is their own happiness. (あなたは外国人よ。アメリカ人でしょ。アメリカ人はみな自分自身の幸せしか考えていないわ)

家族や集団を大切にする中国文化に育ち、家を守るために我が身を捧げて来たと信じるエレノアは、自分の後釜にレイチェルがふさわしいとはどうしても思えなかったのだ……

ということで、結末はどうなるか?ビデオをまだ観ていない方はぜひお楽しみに!

冒頭の写真は、リッチには程遠いですが(笑)、近頃LAによく行く娘のテイクアウトランチ。ちょっぴりアジアンです!?

最後に、拙著「する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する」がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてくださいね!


近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg



その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-07-27 12:46 | Comments(0)
夏こそ、英語の語彙力・表現力アップを!
c0019088_10310726.jpg


梅雨が長引き、何だか鬱陶しいですね。

珍しく、スマホからの投稿。うまくいくかな……

先週は毎日が忙しく、その合間にちょこっと新刊の視察。書店を覗いて、喜んだり、がっかりしたり…

c0019088_10375059.jpg

書店さんにこんなふうに置かれていると嬉しい。まずはみなさんに手にとっていただかないと、本書のよさは伝わらないので。


各ユニットは6ページで構成されており、最初の4ページがイラストつき動詞フレーズ、残りの2ページが形容詞、副詞その他のセンテンスフレーズになっています。

要するに、日常使いの英語の語彙力・表現力アップのために書かれた本です。解説にも関連用語をたくさん入れました。

例を挙げますと、動詞フレーズはイラストとともにこのように紹介されています。


c0019088_13514561.jpg


ここまで打ってきて、やはり慣れてないからスマホからの入力は難しいなあ、と思いました。

若いみなさんのブログって、スペースが多くて情報が少ない…昭和生まれの旧世代にとっては、パソコンの前に座って両手でガッツリ打ち込みたいな(笑)。

実は、昨夜夫がパソコンをいじくって、今朝起きたらファイルが開かない。よくあることですが、自力で不具合を直せないって困りますね。ひとりでは生きていけません……

今日は新著の紹介のみにて失礼!明日からは伊豆の古家(しばらく放っておいたので、たぶん荒れている)に行ってきます。

みなさま、本屋さんに行って私の新著を見つけたら、とりあえずでよいですから!中を覗いてみてくださいね。

夏休みの語彙力・表現力アップに、ふだんの英語学習のお供に、本書を賢く役立てていただけると幸いです!




近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容の記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-07-15 10:30 | Comments(0)
いよいよ発売です!「する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する」
c0019088_11211078.jpg


なんと、今日はもう七月。

いよいよ今週(アマゾンでは明日2日発売)新刊が出ます。

本書のきっかけは、2年前にタイチ―(太極拳)を始めた私、ヨガや他のスポーツも含め、日本人が手や脚の細かい動きを英語で表すのは意外に難しいのでは?と思ったこと。

当時お付き合いのあった編集者さんに話をしたところ、「じゃあ、いっそのこと日常用語を含む、あらゆる動作、行動を英語にしちゃいましょう!」と企画がスタート。

また時を同じくして、英語の表現の幅が狭い(例えば、何かを形容するのに、great, amazing, wonderful, beautiful以外、思いつかない)という友人の嘆きも耳に入り、「ならば形容詞、副詞、日本語特有の擬音語・擬態語を英語でどう表現するか、も入れちゃいましょう!」と意気投合。

一年という月日をかけて、『する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する』という本になりました。詳しくは、ジャパンタイムズさんの、こちらのプレスリリース をお読みください。

なお、本書がイラストレーターさんとコラボした英語学習書だという点は、今までの私の作品にない特徴です。

きつねや猫などの動物イラストを得意とするtamaさん。思う存分実力を発揮してくれました。こちらが意図したユーモアや皮肉さえも、見事に猫のイラストで表現してくれています。

梅雨の鬱陶しい時期、猫ちゃんのイラストを楽しみながら、少しでもニンマリ、ほんわか、まったり(こういった気分の英語表現もたくさん収録しています)していただければ幸いです。109.png 

tamaさんはもちろん、製作チーム全員で頑張った作品なので、みなさんぜひ応援してください!(SNSなどでの告知、ツイート、大歓迎!)




近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)がもうすぐ発売!

c0019088_13351896.jpg



その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容の記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



# by kerigarbo | 2019-07-01 11:43 | Comments(0)
ボストンへ行ってきました!
c0019088_14104995.jpg

突然ですが、先週5日ほどボストンへ行ってきました。

出発ギリギリまで新しい本の念校チェックに追われ、さてボストンへ!と思ったら、カナダの入国書類(カナダ系航空会社、カナダ経由の予定だったため)の不備でその日は飛行機に乗せてもらえず(涙)……

急遽、アメリカ系航空会社、ミネアポリス経由に変更し、一日遅れで懐かしのボストンへ旅立つことができました。

今回の目的は、30年前に夫が卒業した某大学院のリユニオン(同窓会)に夫婦で参加するため。幼い子供二人を連れ、家族で過ごした思い出の地であり、私が言語教育に目覚めるきっかけになった場所でもあります。

そのときの様子は、1993年発行の『ボストン学校だより』(青弓社)に詳しく掲載(現在は絶版のため入手困難ですが、未だに置いている図書館もあるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね)。

さて、翌日からはリユニオンの仲間たちとの集まり、パーティが毎晩のように行われたので、その合間を縫い、昔住んでいた家の周辺、独立戦争の地として有名なレキシントン(娘はここのバレエスタジオに通っていました)やコンコード、私がもっとも愛したビーコンヒル、バックベイなどを訪れました(冒頭の写真はビーコンヒル)。

ボストンはちょうどLGBTの人たちを応援するゲイ・プライド・パレードの真っ最中。市内はどこも虹色の旗や風船で彩られておりました。

マサチューセッツ州、とくにボストンはリベラルな方々が多い地域ですが、街全体がこのパレードを歓迎するムードだったこと、そして参加者たちのただならぬ熱気に、正直圧倒されました。下はビーコンヒルとその周辺。

c0019088_13074313.jpg
c0019088_14183695.jpg


まあ、1、2回のブログ記事ではとてもすべてをご報告できませんので、そこはお許しくださいね。最後は、今回滞在したホテル近くのボストンコモン(ボストンで一番有名な公園)の写真。

現在は様々なルーツを持つ市民や旅行客で溢れかえるこの公園ですが、はるか昔のクリスマスの時期には、厚手のコートに身を包んだ地元の親子が、メイシーズで買い込んだプレゼントを山のように抱え、この公園を横切っていたんだろうなあ(勝手にロバート・マクロスキーの世界に入り込み……)と想像を膨らませております。

c0019088_14262224.jpg


最後になりましたが、一年かけてやっと完成した作品が、いよいよ7月頭に販売される予定です。アマゾンより先行予約受付中なので、ぜひ以下を覗いてみてくださいね。


若き才能あるイラストレーターtamaさんとのコラボ作品で、1080個の生活フレーズのうちの半分(動作のフレーズのみ)に猫たちのイラストがついている、眺めるだけでも楽しい本です。

語彙力の足りない方、生活のこんな些細なことを英語で何て言うのだろう?と思われる方にぜひ読んでいただきたいと思っています!

ボストン報告は、次回に続く……


★近況報告 近著にもうすぐ一冊加わりそうです(一番上)。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)7月2日発売予定
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらでは、現在「外国語学習を考えるーフランス語学習日記」を連載中。


★いつものお知らせ

〇フェイスブックのTAS & コンサルティングに記事を掲載中。こちらをクリックしてください。

〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、お陰さまで発行部数22万部を超えました。



# by kerigarbo | 2019-06-17 14:13 | Comments(0)
「フランス語学習日記」を始めました!
c0019088_13330628.jpg


今日は、この時期にはたいへん珍しい雨嵐(rainstorm)。外出先の夫は、カフェで雨が小止みになるのを待っているようです。外出されているみなさん、どうぞ気をつけてください! 実は私も――

最近忙しくて行けなかったタイチ―に出かけようと、朝から張り切っていたのですが、窓に流れ落ちる滝のような雨と、ひゅー!という風の音に、完全にめげました……今日は家にいよう!

このところは、本の完成作業(出版は来月になりそう……)や雑用に追われ、あまりご報告することもなかったのですが、新しく始めたこととしては、フランス語を習うために週に一度、語学学校に通い始めたこと(これ、前に言いましたね)、そしてその日記をフェイスブックで公開し始めたこと。

「今さらフランス語を一から習うんなんてスゴイね!」とか、「まだ何かに挑戦する気があって尊敬するよ!」とか、知人たちには褒められているような、呆れられているような……

ですが、正直とても楽しいです。かつては教える側だったのに、今度は教わる側。責任重大な立場から、気楽な立場へ!

宿題も多く前の日はちょっと大変ですが、クラスで当てられて間違ってもへへへ~くらいな感じなのが嬉しい。(やはり肝の据わった大人だから?)

英語との比較(構造や発想の違いなど)、言語の教え方と教わり方、授業の雰囲気、フランス人やフランス文化ってこうなんだな……という発見やら、それらすべてが新鮮で、興味深く感じます。毎回小さなノートを持って行って、黒板の文字や先生のお話、クラスでの出来事をメモするのが楽しみ。

前からFBで公開しているTAS & コンサルティングのページに「外国語学習を考えるーフランス語学習日記」と題し、すでに3回ほど記事をアップしています。https://www.facebook.com/TASconsul/?ref=aymt_homepage_panel

興味のある方はぜひお読みになってください。(フェイスブックのアカウントを持っていらっしゃらない方のために、ただいま、別の方法も検討中)

話は変わりますが、最近LAに小さな我が家を構えた(!)娘と夫のN君によると、今年は異常気象らしい。5月なのに冬みたいに寒いそうです。LAと言ったら、夏は涼しいし、冬は暖かく、いつもは天国のような場所なのにね……

ブログを書いているうちに、雨が少し小止みになってきました。明日からはみなさん暑いですよー。覚悟しましょうね!


__

◎相も変わらず、宣伝させていただいています!(もうすぐ、一冊増える予定!)
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★いつものお知らせ:

〇フェイスブックに別のブログを掲載しています。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎!)

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、現在発行部数22万部を超えています。



# by kerigarbo | 2019-05-21 13:55 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム