ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
2019年 09月 08日 ( 1 )
LAの旅③ービーチ対決: ベニス vs サンタモニカ
c0019088_14252202.jpg


台風が来そうで来ないけど、来たら大きいらしい……窓の外には不気味な雲が漂っています。

LA編3回目。今日はLAにある2つのビーチのお話。

実は今回、娘とN君にはどうしてもまたサンタモニカに行きたいと話していました。前回(10年以上前)ピア(埠頭)入り口のThe Lobsterで食事をし、夕陽に包まれた桟橋を歩いたときの、あの何とも言えないノスタルジックな雰囲気が忘れられない。

ぜひもう一度味わってみたいと思っていたのですが、娘たちは否定的。ベニスやセレブが愛するマリブのほうがよいと。

ふむ、若い人たちはサンタモニカの70年代ぽい感じが好きじゃないのかな、と思ったのですが、まずはベニスビーチへ。

観光ガイドにも載っている、有名なアボット・キニ―通りです。街のあちこちで面白いもの(ジープに乗る大型犬も含め)を発見。

c0019088_14215231.jpg

c0019088_14355551.jpg

c0019088_14223431.jpg


オーガニック、ナチュラル系の店が多く、人影もまばら。店員さんもやさしくナチュラル。庭先に商品を並べて、時の流れに身を任せ……という感じかなあ。

c0019088_14562676.jpg

c0019088_14572280.jpg


街のあちらこちらに斬新な壁アートが。

c0019088_14491867.jpg

c0019088_14553723.jpg


下の写真なんて、計算ずくのアートのよう。

c0019088_15373385.jpg


とまあ、街全体が現代美術館のようで、想像以上に楽しめたわけです。

最後は、Rちゃんママが友人に勧められたという、Intelligentsiaという不思議な名前のカフェでお茶し、今日の日程はお終い。

c0019088_15041037.jpg


今のところ、ベニスビーチの圧倒的なお洒落さに軍配が上がっていますが、翌日サンタモニカに行って、とんでもない事実を発見……

その話は後日に!



近況報告 
する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中!

c0019088_13351896.jpg
☞本書がアルクのGotchaさんで紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!


その他の既刊
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

〇こちらでは本ブログとは異なる内容で記事を発信しています。→TAS & コンサルティング
〇本ブログの人気者、ウニちゃんのインスタグラムはこちら→@shibaunimus 

○2016年の「プレジデントウーマン10月号」に掲載された、私のインタビュー記事



by kerigarbo | 2019-09-08 15:08 | Comments(0)





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム