ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
エリック・カール氏を偲ぶ。You'll be missed...
エリック・カール氏を偲ぶ。You\'ll be missed..._c0019088_15225443.jpg


おひさしぶりです。どんよりとした日曜日。いかにも梅雨ですね。

今日は、先月91歳で亡くなった米国の絵本作家エリック・カールさんについて。

海外の絵本作家で、これほど新聞でもテレビでも話題に上る方は少ないでしょう。なぜなら私を含む多くの人が、一生に一度はカールさんの代表作『はらぺこあおむし(=The Very Hungry Caterpillar)』に出合い、癒され、励まされたことがあるからです。

月明かりの葉っぱの上に置かれた小さな卵、その後成長し、小さく大そう腹ペコなあおむし(a tiny and very hungry caterpillar)となり、毎日さまざまな果物やお菓子を食べ続け、一時は食べ過ぎて腹痛になるけれど、青い葉っぱを食べて元気を取り戻し、さなぎ(cocoon)になって最後は綺麗な蝶になる……というお話でした。

絶妙なストーリーに大胆な色使い、果物やお菓子に本物の穴が空いたポップアップ式絵本は、単に子供の目を引くだけでなく、言語発達の仕組みがほどよく組み込まれています(果物の数が段々と増えていったり、曜日が取り入れられていたり、フレーズの繰り返しがあったり。"he ate through one apple,... but he was still hungry...")

その結果、世界で累計5,500万部売り上げ、70以上の言語に翻訳されるほどの超ベストセラーになりました。

この絵本の真意とは、多くの人が語るように、絶望のなかに見い出す「希望(=hope)」であると思われます。なぜならカールさんがドイツ移民の両親とともにNYを離れて移り住んだドイツは、当時ナチスの支配下にあり、まさにそこは「色のない、暗い世界(a colorless, dark world)」だったからでした。

そのような中、カール少年は密かに先生が見せてくれたカンディンスキーやシャガール、クレーの絵に影響を受けたと言われています。明るい色(bold colors)、希望に満ちたストーリー展開(hopeful story development)を好んだのには、そのような背景があったからですね。

これからも多くの読者を惹きつけること間違いなしですが、読者を代表し、こう言いましょう。

You'll be missed, greatly missed, Mr. Carle!

*Someone will be missed.は、亡くなった方に対して「~のことをずっと思い続けるよ」という意味。

写真は、すっかりプクプクに成長したKくん(実物はもう少しほっそりしていますが、角度のせいかな?笑)が『The Very Hungry Caterpillar』に魅せられているところ。まだ2か月半でこのお話によく反応するらしいですから、カールさんの威力は半端でないかもしれません!!



近況報告最新のお知らせにはがついています。

☆英語教材のHPにて、連載エッセイ執筆中。3月2日に第4弾が出ました!
発音の良い子を育てるために、親ができること(前編)」。後編のアップは(予定より少々遅れ)7月の予定です。

☆ときどきしか投稿しない?インスタグラムはこちら。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムス)。アルクGotchaさんのレビュー。

お勧め既刊こちら からどうぞ!


by kerigarbo | 2021-06-06 15:24 | Comments(0)
Mom or Mum? 「母の... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム