ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
Happy holidays!! 今年一年SNSを賑わした英語
Happy holidays!! 今年一年SNSを賑わした英語_c0019088_09463751.jpg


みなさま、コロナ禍のクリスマスをいかがお過ごしでしょうか。

今年は家族で集まることなく、東京2か所とLAをズームで繋ぐクリスマス。この便利なZoom meeting、今年はなんどお世話になったことか……

さて今年一年を振りかえってみますと、悲しいことに、新型コロナ一色でしたね。

以下のコロナ関連の英語は、本ブログでもご紹介しました。

Covid 19/Coronavirus(新型コロナウィルス)
Lockdown(ロックダウン)
Quarantine(隔離)(*検疫という意味もある)
Self-isolation(自主隔離)/Self-isolate(自主隔離する)
Pandemic(パンデミック)
Work from home(テレワーク)
Social distancing(ソーシャルディスタンス)
Stay home(ステイホーム)

ほとんどが我われにも聞きなれた言葉。それだけコロナが世界中のイシューだったということです。

私が今年家族に送ったのもオーガニック生地のface mask(マスク)でしたが、マスク関連の表現では……

cover up(顔を覆い隠す)と同じような感じで使われている、mask up(マスクをつける)が今年特有で面白いと思いました。

NYのクオモ知事が、"Mask up America!"(アメリカ人はみなマスクをつけろ!)と発言し、有名になりましたね。

マスクをする自由としない自由、日本ではおよそ考えられない論理です。マスクをする人がかなり増えたとはいえ、LAでもまだまだマスクを拒否する人がいるとか……

また最近では、英国や南アフリカで発生しているvariant(変異種)、およびtransmittable(感染しやすい)という言葉もニュースによく登場しています。

こちらも怖いですね。変異したウィルスが世界中に広まらないことを祈るばかりです。

しかし、Finally, the pandemic-plagued 2020 is coming to an end.(とうとう、パンデミックに苦しんだ2020年も終わりに近づこうとしています)

2021年は、果たして希望があるでしょうか。あってほしいと思います。

ワクチンが行き渡り、コロナが収束し、人々の絆がもとに戻りますように!!

それではみなさま、stay homeしながら、Happy holidays! 

そして、よいお年を!!




近況報告(最近のお知らせにはがつきます。が多いほど最新です

☆☆☆ワールドファミリーさんから、第三弾のエッセイ(11月26日)が出ました。今回は「英語が、世界共通語になった理由」。

☆☆ワールドファミリーさんより、第二弾のエッセイ(8月20日)が出ました。今回のテーマは、「バイリンガルへの第一歩:言葉にする文化を大切に!です。
第一回目の記事はこちらよりお読みになってくださいね。

する英語 感じる英語 毎日を楽しく表現する(ジャパンタイムズ)が好評発売中。電子版もあります。アルクのGotchaさんでも紹介されました。本書の特徴を見事に捉えた素晴らしいレビューなので、ぜひ読んでみてください!

おすすめ既刊
伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)

こちらフェイスブックでもときどき発信しています。
2016年の「プレジデントウーマン10月号」インタビュー記事

by kerigarbo | 2020-12-25 10:07 | Comments(0)
<< 2021年正月―コロナ禍のおせち事情 レモンがいっぱい!-英語のle... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム