ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
もうすぐ10連休ー映画「バイス」を観た!
c0019088_17151176.jpg


あっという間に4月も過ぎ、いよいよ10日間の長いGW突入へ。みなさまどのようにお過ごしの予定でしょうか。

やっと映画を一本観るくらいの余裕ができたので、何を観ようかなと迷い……選んだのは「バイス」でした。正解だったかですって?まあ、以下をお読みください。

1960年代初頭、とある家庭で繰り広げられる夫婦喧嘩から物語は始まる。

何をやってもいまひとつ、ヤケ酒の末、飲酒運転で捕まったディック(クリスチャン・ベール演じる、将来のディック・チェイニー。元副大統領)に、妻リン(エイミー・アダムス)がかみつくシーン。

I'm sorry, Lynnie.(ごめんね、リニー)と酔いつぶれながらもひたすら謝るディック。しかし飲酒運転で捕まるのはこれが初めてではなかった。

Two times makes me think that I picked the wrong man.(二度目ともなると、私は夫選びを完全に間違ったと思えてくるのよ)とリニー(リンの愛称)。

このpick the wrong man(相手を間違った)というのは当時ならでの意味がある。女性は今ほど社会進出の機会がなく、専業主婦が当たり前だった時代。どんなに優秀でも、アイビーリーグに入ったり、会社経営者や市長になる道は閉ざされていたのだ。出世しそうな男を捕まえること(pick the right man)が、唯一女性が成功する道だった。

I won't ever disappoint you again, Lynne.(もう二度と君をがっかりさせないよ、リン)とディック。(*I won't disappoint you.「今後はあなたの期待にそうよう頑張ります」というフレーズはよく使われる)

このときから、ディックの快進撃は始まる。妻の期待に応えるため、猛烈に政界で頭角を現していく。ラムズフェルド、ニクソン、フォード、それらの大物に影のように寄り添いながら影響力を広げ、一度はビジネスの世界に入るが、最後はジョージ・W・ブッシュに副大統領の椅子をオファーされるまでになる。

このブッシュ(サム・ロックウェル)が傑作。卑屈な笑い方、軽薄な雰囲気(少し過剰演出だけど……)があまりにも似ていて、観ている人は吹き出しそうになってしまう。

I want you to be my VP. You're the solution to my problem.(副大統領になってほしい。君しか僕を助けられないんだ)とブッシュ。(VP=vice president。viceには「副」という意味のほかに「悪」という意味も!)

その頃、心臓病を患っていたディック・チェイニー。妻のリンはもうこれ以上夫の出世を望んでいなかった。しかしこれこそが、男性ならではの権威やパワーへの執着なのか、ディックは要請を断らない。

そして、その後世界がどのように暗黒の道をたどり始めたかは、みなさんご存じですよね。9/11、イラクへの軍事介入、テロの応酬、分断と憎みあい……

最後に、この映画を私なりに総括しますとー

飽きさせないテンポと筋書きの風刺コメディです。監督もさすがだが、主役のベール、アダムスに加え、脇を固める役者たちがほんとうに上手い。ただし、現実とリンクしているので、最後はちょっぴり暗い気持ちになるかもしれませんが……

GWに何を観るか迷っている方、以上が参考になれば幸いです。

みなさま、どうぞよいGWを!!

__

◎相も変わらず、宣伝させていただいています!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★いつものお知らせ:

〇フェイスブックに別のブログを掲載しています。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎!)

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、現在発行部数22万部を超えています。



by kerigarbo | 2019-04-25 17:40 | Comments(2)
Commented by Tomi Walker at 2019-06-14 18:01 x
Keri先生

はじめまして。Internet surfingをやっていたら、私自身も英語と関係する仕事をしている関係上、貴ブログに遭遇し、貴投稿の本筋とは関係ないことで非常に申し訳ないと思いますが、Keri先生が書いていらっしゃった「Viceには悪という意味があります」という下りに反応させて頂きます。かなり以前Miami Viceという映画を観たことがあり、これにはとても引き付けられました。その数年後、所要でフロリダ州マイアミに行く機会があり、3泊しました。最後の日は仕事がなく暇だったので、マイアミ港から出ていた観光船に乗りマイアミ港Cruisingを楽しみました。港に帰った時、それまで目に入らなかったOpen Counter Barを見つけて港を背にして座り、目の前にあったお品書きを見るとMiami ViceというCocktailがあるのを発見して迷わずそれを注文しました。とても美味しく、そして夕食前だったこともあり、酔いが回り陶然としました。貴投稿でそれを思い出しました。

ところでMimi ViceはBacardiを基本として、Pineapple juice、Fresh lime juice、Coconut cream、Giffard Crème de Fraise des Bois liqueurを入れ混ぜ合わせて作ります。

もしマイアミに行かれる機会があったら、ぜひマイアミ港に接しているOpen Counter Barを訪れてMiami Viceを飲んで、マイアミ悪徳の味を堪能なさってみて下さい :-)
Commented by kerigarbo at 2019-07-09 16:55
Tomi Walkerさま、長い間、本コメントに気づかず大変申し訳ありません。たった今、承認させていただきました!マイアミでMiami Viceというカクテルを召し上がったとのこと、材料をお聞きしただけでも美味しそうですね。来月またアメリカに行くので(マイアミではなく、LAですが)、もしLA Vice(?)のような飲み物を見つけたら試してみます。素敵なコメントをありがとうございました!
<< 「フランス語学習日記」を始めました! 桜。京都の旅…🌸... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム