ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
変貌する京都。パリと通じる何かとは?
c0019088_15142009.jpg


一か月以上悩まされたしつこい風邪が抜け去り、滞っていた原稿書きにひたすら奔走したあと、大好きな京都(今年3回目)へ行ってきました。

もちろん、この時期に京都の宿を予約していたのには訳あり。昨年も心ゆくまで堪能した紅葉をふたたび愛でるためですが、今日はその話ではなく、いつもとは違う角度で京都を眺めてみたいと思います。

写真は、三条通りから一歩入った小道で見つけたエルベシャプリエの別館。今年の2月にオープンしたばかりだそうです。面白半分に中を覗くと、お髭のイケメン店長さん(?)が現れ、中を案内してくれました。

木造の店の中は土足OK。エルベシャプリエ特有の、カラフルなバックや小物、他ブランドのお洋服などが所狭しと並んでおりました。もちろん古くてお洒落な町屋との相性は抜群、現在工事中のカフェコーナーは、近くオープンするそうです。

結局なにも購入しませんでしたが、ピンクとベージュを組み合わせたバックの小さい版は何年か前にパリで購入してきてもらい、普段よく使っていること、息子夫婦がパリに1年滞在していたことなど、余計なことをペラペラお話しし、その夢のような空間(京都とも言えない、パリとも言えない不思議な空間……)をしばし楽しませていただきました。

またすぐ近くには、ご覧のような風景も。


c0019088_15145050.jpg

(停まっている白いバンがやや無粋ですが……)まさに町屋とヨーロッパの融合。時間がなくて中には入りませんでしたが、ちょっと覗くとご覧のとおり。


c0019088_15152586.jpg

ふむ、ここはパリか、京都か……。しっかり見なかったので、パリとは全然関係のないカフェかもしれませんが(笑)……少なくとも雰囲気はパリ。

とにかく、この2つの都市は対照的でありながら、共通項があります。「古くて粋」。

建物だけでなく、そこに住む人々もそのような雰囲気を携えていて……どちらも好きな私には、その居心地がたまらないのです。

そういえば、Keri先生のフランス語はどうしたかですって?

実は、秋以降、忙しくて続いていません。途中で撃沈しました(笑)。(英語の勉強がなかなか続かないとおっしゃる方の気持ち、よくわかります)

来年4月以降(なぜ4月なのかはまた別の機会にお話ししますが)、仕切り直してフランス語学習に取り組みたいと思っております。

さて、いよいよ師走になり、毎日がどんどん忙しくなってきました。

今回は1か月以上風邪に悩まされたので、また新たな風邪を引かぬよう気を付けながら、この忙しさを乗り切りたいと思います。

みなさんも、風邪やインフルエンザに気を付けてくださいね!


______________

◎相も変わらず、宣伝させていただいています!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★新着のお知らせ:

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。9月29日に更新以来、忙しくて執筆をストップしています。再開後ただちにお知らせします。


★いつものお知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載されたインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)は、現在発行部数21万部を超えています。



by kerigarbo | 2018-12-05 15:37 | Comments(0)
謎の風邪。デンマーク人が見た日... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム