ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
謎の風邪。デンマーク人が見た日本の続き……
c0019088_10202239.jpg


前回の投稿のあと、風邪がちっとも治らないので3度めの抗生物質投与(一番強いやつ!)。これで風邪の菌を完全に撃退かと思われたのですが、それでも微熱がとれません。

おかしいと思って血液検査。すると、(先生いはく)今度は新たにウィルス性の風邪にかかっていると。踏んだり蹴ったりです。

実は、ここからが大変だったのですよ。普通の風邪に効く薬はないですから安静にしているほかないのですが……微熱とダルさが延々と続くなか、仕事も家事もできず悶々としておりました。

加えてこの1週間は、ダルくて二本足で踏ん張って立っていられない(えっ、もしかして慢性疲労症候群?)、微熱、頭痛、腹痛、動悸の繰り返しで夜も寝れない(心臓の病気では?)、とかなり真剣に心配したのですが、

突然、週末の今日、朝起きたら熱もなく、feel almost right(結構大丈夫な感じ)。やったあ!

ということで、朝からブログを更新しております。110.png (関係者のみなさま、お騒がせしました!)

上の写真は、闘病中(というほど重病ではありませんでしたが、ふふ)に一番嬉しかった差し入れ。

夫のオフィスが野田岩本店の近くなので、お土産用のお重をおねだりし、その夜は絶望の中での至福のひと時を過ごしたのでありました(笑)。

さて、私の風邪の武勇伝はみなさんウンザリでしょうから、

次はデンマーク人の話。今日の鰻の話に無理やり結びつけますと、結論:デンマーク人は鰻がお好き

と言うより、彼らは(食べ方こそ違うものの)母国でも鰻を食べるのです。ですから、好き嫌いの多いN君が日本にはじめて来たとき実は大変心配しましたが、唯一抵抗なく食べたのが「うな重」でした。ペロリと一人前完食したのにはこちらも啞然……

それから、二人のデンマーク人は日本のすべてに感心して帰ったわけではない話をひとつ。彼らの主張:日本人はプラスチックを使いすぎ

コンビニで飴ひとつ買ってもビニール袋。スーパーに行けは過剰な包装だらけ。確かにそうですねー

自然大好き、環境にちょっぴりうるさい北欧人の目には、日本がアンチ環境対策をとっているとしか見えないらしい。

最近、H&Mが包装袋について転換策を打ち出したばかりですが、彼らは子供のころから節約や、環境保護の精神が身についているのです。

ただし、日本人のメンタリティー的にはなかなか賛同できない面もあります……というのも、

日本人は概して綺麗好きです。食品がむき出しとかってちょっと抵抗ありますよね。肩がくっつくほど人の数も多いし、菌とかウィルスにも人一倍敏感です。

そういう意味で、袋がついていたほうがありがたいと言えばありがたいかもしれないのですが、人類全体の未来を考えれば、そろそろ考えを改める時期なのかもしれないですね。

では、頑張り過ぎると風邪がぶり返す可能性もあるので、今日はこれにて。

次回のブログでお会いしましょう!



◎相も変わらず、宣伝させていただいています!
●『伝わる英語 5つの鉄則』(コスモピア)


★新着のお知らせ:

〇フェイスブックを再開しました。TAS & コンサルティングをクリックしてください(フォロー大歓迎)。9月29日に更新以来、執筆をストップしています。再開後ただちにお知らせします。


★いつものお知らせ:

〇本ブログの人気者(?)ウニちゃんのインスタグラムはこちらから→@shibaunimus 

○2016年に「プレジデントウーマン10月号」に掲載された私のインタビュー記事

〇『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、現在21万部を超えました!



by kerigarbo | 2018-11-17 10:46 | Comments(0)
<< 変貌する京都。パリと通じる何かとは? 風邪。デンマーク人は日本のパン... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム