ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
都会を幼児と歩き回ると見えてくるもの……
c0019088_16202726.jpg

1月も半ばを過ぎました。みなさまお元気にお過ごしですか?

先週、(本ブログでもご紹介済みの)Rちゃんに妹が誕生し、Keri先生もRちゃん一家のお手伝いに駆り出されています。

もっぱらママが赤ちゃんのお世話をしている間のRちゃんの子守役というわけですが、3才の幼児を連れて都会を歩いてみたら、次々と不便さを発見。

まずは、駅でのエレベーター探し。駅に大抵一台は設置されているものの、設置場所の案内も、実際のエレベーターも、まことにわかりにくいところにある。(ときには、プラットフォームの端から端まで歩かなければ見つからないことも……)

そして、長旅の末やっとエレベーターを発見したら、「ただいま点検中なので、ご使用になれません」の張り紙があったり。エスカレーターのない長い階段を、どうやって小さな子供と、ある程度の荷物と、折りたたんだベビーカーを抱えて改札まで下りればよいのか……途方に暮れることも。

これは乳幼児連れのママたちだけでなく、脚の悪い方や老人にとっても同じことですよね。昔に比べれば設備と配慮は格段に改良されているのでしょうけど、改善の余地はまだまだあり!

なお先日、青山通りをバギーを押して歩いていたら、なかなかちょうどよいカフェが見つからず苦労しました。お洒落過ぎるカフェは子供連れで入るのが憚られるし、ちょうどよい感じでも入り口に数段ステップがあったり、お茶を飲む場所が二階だったり。仕方ないので(意に反して……笑)ウェンディーズで幼児とフライドポテトをシェア。

とにかく、若いママたちの苦労が身に沁みます。まあ、古いタイプの政治家はこう言うかもしれないですね。「そもそもなぜ昼間から、子供連れで都会を歩いているのだ!」と。

正直、私にとっては育児より仕事のほうが数倍楽ちん。でも、しばらくはときどき育児のサポーターになって、日本が子供や母親たちにとって優しい国かどうか、真剣に考えてみたいと思います。

写真は、5時になると点灯する六本木ヒルズけやき坂通り。歩き疲れても、心が癒されるスポット。間違いなし!



お知らせ:

○フェイスブックにブログを開設しました。月二度ほど更新しています。リンク先はこちら→TAS & コンサルティングをクリックしてください。フォロー大歓迎!

○おかげさまで、『何でも英語で言ってみる!シンプル英語フレーズ2000』(高橋書店)が、ついに20万部を突破しました!

○近著3冊もよろしくお願いします!

●『誤訳ゼロトレーニング』(秀和システム)

○プレジデントオンラインに、「プレジデントウーマン10月号」(2016年)に掲載された私のインタビュー記事がアップされています。



by kerigarbo | 2018-01-20 16:26 | Comments(0)
<< 極寒の日々。今週SNSでしばし... ハッピー 2018! 今年もよ... >>





woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム