ガルボトップへ Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
「パストライブス/再会」静かなる感動を呼ぶ―What if?の物語

「パストライブス/再会」静かなる感動を呼ぶ―What if?の物語_c0019088_14245033.jpeg



念願の「パストライブス/再会」を観てまいりました。

静かなる感動を呼ぶとは、まさにこの映画にために用意された言葉でしょう。派手な演出はなく、バックグランドには写真のように美しい映像と水のように静かに流れる音楽。NYとソウルという2つの都市を舞台に、運命とは何か、夫婦とは何かを私たちに問いかける作品でした。以下に拙感想と英語台詞をいくつかご紹介します。
__________________________

舞台は2か所。NYにはそれぞれが脚本家、作家として成功した仲の良い夫婦ノラ(グレタ・リー)とアーサー(ジョン・マガロ)。一方の韓国ソウルには24年前別れてからずっと幼馴染(ノラのこと)に思いを傾けてきたヘソン(ユ・テオ)がいた。長い年月の途中にはSNSを通じた再会もあるのだけれど、ついにヘソンは24年の月日を経てノラに会うためにNYへやって来る。

このとき、すでにノラは結婚している。夫アーサーは、穏やかな日常に突然妻の初恋の相手が登場したのだから内心穏やかではない。ヘソンと再会して家に戻ってきたノラ。やや複雑な妻の表情にアーサーは何かを感じとっている。沈黙に耐えきれずにアーサーが質問。

"Is he attractive?"(彼は魅力的か?)"Did he miss you?"(彼は君のことが恋しかったのか?)

ノラは夫の質問を巧みにかわすが、もしchildhood sweethearts(子供時代の初恋同士)が20何年後に再会し、そこでWe are meant for each other.(お互いは結ばれる運命だった)と感じとってしまったら?—とアーサーの心は微妙に揺れ動くのだった。

そしてついに自分たちの出会いにも疑問を投げかける。何のために自分とノラは今ここに一緒にいるのか。お金のため?グリーンカードのため?

"What if you met somebody else at that residency?"(君があの館で別の男に会っていたらどうなっていただろう?)*館とはノラとアーサーが初めて会い、恋に落ちた(作家たちが集う)宿のこと。アーサーの心の中のWhat if?は留まることを知らない…

とここまで書くと、アーサーは嫉妬深い嫌な男と思うかもしれないけれど、決してそうではない。妻を心から愛し、大事なパートナーと思っている。彼女の仕事も成功も心から大きな気持ちで喜べる男だ。

一方のヘソンもノラとWhat ifの会話をする(会話はすべて韓国語だけれど)。あのとき君がソウルを去らなかったら?What if...

また本作は、「言語や文化が異なる夫婦」という設定にも焦点を当てている。頑張って韓国語を習い、彼女を理解しようと努めてきたアーサー。でもヘソンの登場で心が揺らいだ彼は妻にこう言う。

"You dream in a language I can't understand. "(君は僕の理解できない言語で寝言を言ってる)"It's like there's this whole place inside you I can't go."(僕が入っていけない世界が君の中にはあるんだ)

この辺は泣けますね。さてこの三角関係(と言うのかな??)がどうなるかは、映画の中でお楽しみください。とくにクライマックスとなる映画のラストはお楽しみに。

最後に、自らの体験を映画化したというセリーヌ・ソン監督。素晴らしい才能の塊です。そして3人の俳優、グレタ、テオ、ジョンにも拍手喝采。どうしてあのような自然で抑えた演技ができるのだろう?だから映画が終わったあとの余韻が半端ないじゃないか…(涙笑)。

ここで下手な解説は終わりにしますが、残りはご自分の目で確かめてくださいね。

グレタ・リーさんは最近ハリウッドで存在感を増しているアジア系アメリカ人女優の一人。スリムな立ち姿、知性を感じる切れ長の目、どこから見ても美しい女優さんです。これからも注目したいと思います。

ではみなさん良い週末を!!


________________________

近況報告最新のお知らせにはがついています。

インスタグラム↓(こちらは適宜更新しています)

フェイスブック・ブログ記事(言語・翻訳の話が中心です)↓

お勧め既刊こちら からどうぞ!


# by kerigarbo | 2024-04-19 14:18 | Comments(0)
「哀れなるものたち」自由な主人公ベラ(およびエマ)の虜に!
「哀れなるものたち」自由な主人公ベラ(およびエマ)の虜に!_c0019088_10114206.jpg



現在猛烈に忙しい日々を更新中ですが、先週時間を見つけて「哀れなるものたち」を観てまいりました。

鑑賞直後の感想を形容詞で表すと、Amazing! (とにかくすごい)/Very special!(他の映画とは違う)/ Unprecedented! (前代未聞…)。

詳しくは映画サイトで読んでいただくとして、要は一人の医学博士が自殺を図った女性のお腹の中の生きた赤ん坊の脳を死んだ女性の脳と取り替えるところから物語は始まる…

と聞くとおぞましい雰囲気が漂ってきますが(そして実際映像はちょっとグロテスクなのですが…)、、、奇想天外な物語、映像技術を駆使したダイナミックな画面構成、かなり過激な性描写も含め、知性とユーモアに溢れた作品と言えます。

まるでフランケンシュタイン博士を模したようなGodことバクスター博士(ウィレム・デフォー)は自ら生み出した人造人間ベラ(エマ・ストーン)が可愛くてしかたがない。家に縛り付け、結婚相手として助手のマックス(ラミー・ユセフ)をあてがい、自由を拘束しようとするが、ベラは―

"Kiss me and set me forth."(私にキスをして、行かせてちょうだい!)と博士を説得する。set one forth=~を出発させる

    そこに現れたのが女性百人斬り(言い方が古い?笑)を豪語する弁護士ダンカン(マーク・ラファロ)。中年の脂ぎったこの男は―

    "You are a prisoner and I aim to free you."(君は囚人だ。僕が解放してあげる)と巧みい誘い、大航海の旅にベラを連れ出すのだが―

    赤ん坊だった状態から、知識を得てみるみる大人の女性に成長していくベラ。いつしか彼女の虜となったダンカンは焦る。

    "You're losing some of your adorable way of speaking."(君のあの可愛い喋り方はどこへ行ったの?)とダンカン。女性は無知のままでいてくれ、そのほうが都合がよいという男性観がよく表れている一節。

    世間の常識、意味のない社交辞令や中身のない会話、そういった世の中の虚構にベラは大胆な反撃を試みるのだ。こんな場面もある。

    ダンカンがつきあう金持ちの友人たちの前で、「こんなマズイもの(ベラは「it's revolting=不快」と形容していた)がよく食べられるわね」と吐き出してしまうのだ。

    怒ったダンカンは、ベラに次の3つの言葉さえ覚えておけばよいと諭す。

    "How marvelous!" (素晴らしいですね)"Delighted!"(嬉しいですわ)、"How do they make the pastry so crisp?"(どうやったら、ペイストリーがこんなにサクサクに仕上がるのかしら?)

    女性はニコニコしてそれだけ言っていればよいという当時の古い男性観がこれらの台詞にユーモラスに描かれていて、つい笑ってしまった。

    ベラはパリへ逃亡。生きていくために娼婦の館で働き、抑圧された女性の解放、自由の喜びを知ることになる。娼婦が一列に並び、男性が好きな女性を選ぶ仕組みを知ったベラは大胆にも男性客に対しー

    "Would you not prefer it if the women chose,...?"(代わりに女性が男性を選んだらどうかしら?)と提案する。(つまり、これはprisonerとなっている女性の解放がテーマなのだ、とここらで強く確信…)

    以上、簡単ですが面白いと思った場面と台詞をご紹介しました(多少時系列が異なっているかもしれませんが、ご容赦ください)。

    ところでベラを演じるエマ・ストーンさん。アカデミー賞授賞式での立ち振る舞いを見て、どこかそのぎこちなさがベラに似ている(というか、ベラはまったくの不愛想に対し、エマは表情豊か、照れ屋さんでもある)と思った方は多いはず。

    エマの開放的で自由な雰囲気がこの映画にぴったり合っていて、ベラという女性をさらに魅力的にさせているのでしょう。彼女はこの映画でさらに一皮剥けたと思います。彼女の人間味溢れた授賞式スピーチはこちらから。

    人によって受け取り方が異なる、ちょっと気味が悪くて、一風変わった映画には間違いありませんが(なぜか隣席の女性は途中から寝ていました笑)、少なくとも束縛を嫌い、自由を求める女性にとっては痛快な映画です。

    来月、再来月は、念願の「パスト・ライブス」はもちろん、噂の「オッペンハイマー」もぜひ鑑賞し、みなさんにご報告できたらと思います。



    近況報告最新のお知らせにはがついています。

    インスタグラム↓(こちらは適宜更新しています)

    フェイスブック・ブログ記事(言語・翻訳の話が中心です)↓

    お勧め既刊こちら からどうぞ!


    # by kerigarbo | 2024-03-31 10:32 | Comments(0)
    国際女性デーにちなみ、女性の著書を2冊ご紹介!
    先日3月8日は国際女性デーでした。各地で女性中心のシンポジウムが開かれるなど女性パワーが際立った中、今回は女性によって書かれた2冊の本をご紹介します。

    まずは、かつて本ブログにもご登場いただいた、アロマテラピストの中村姿乃さんの力作『歴史や物語から楽しむ あたらしい植物療法の教科書』(翔泳社)。

    国際女性デーにちなみ、女性の著書を2冊ご紹介!_c0019088_13385436.jpg

    どっと分厚く(それにしてはお安い!)、美しくデザインされた紙面にはイラストや写真の数々…ただただ夢のように美しい挿絵つき絵本を眺めているような、一方、中身の濃い、でも読んでわかりやすい新書で知識を吸収しているような、2つの満足感を同時に与えてくれる本、そのような印象を持ちました。

    植物療法に関わる知識が、歴史を含めほんとうに幅広く網羅されていると思います。最後の章(植物療法物語)で文学、童話、絵画、音楽、映画、マンガなどに登場する植物、ハーブが紹介されているのも個人的には大変気に入っています。

    柔らかな文体はもちろん、装丁、デザイン、イラスト、どれをとっても姿乃さんらしい。優しさと癒しに満ちた「幸せな気持ちにさせてくれる本」です。みなさまもぜひご一読を!!


    さて2冊めは、パリ情報フリーペーパーで有名なノアゼットプレスがこの度はじめて上梓した『パリに住みたくなったら読む本 フランス人120人に聞いた赤裸々暮らしナビ 』(リュエル・スタジオ)。先日出版記念パーティにお邪魔して来ました。

    国際女性デーにちなみ、女性の著書を2冊ご紹介!_c0019088_13450484.jpg

    こちらはお洒落な雑誌のような趣。しかし単なるパリ観光ガイド本ではありません。イントロの言葉を借りると、「おしゃれでも素敵でもない、庶民的で生活臭が匂いたつようなフランス暮らしを伝えるフリーペーパー」を10年間発行し続けた結果、この本が誕生したようです。しかし考えてみると、これはすごいことですね、10年続けるって!!

    この間120人もの方がノアゼットプレスに登場してくださったそうです。著者のみならず、ライターさん、編集者さん、記事を投稿してくださる方々、みなさんで創り上げているというところが素晴らしい!!

    中村姿乃さん、吉野亜衣子編集長、ともに逞しく、夢を持ち、諦めずに努力を続けている姿に心から敬意を表します。今後もご活躍を!!

    最後に、国際女性デーを象徴するミモザの写真を一枚。ノアゼットプレス出版記念パーティの会場になったラフェディリースさんに飾られていました。インスタに写真を何枚か掲載しているので、よかったご覧ください。

    国際女性デーにちなみ、女性の著書を2冊ご紹介!_c0019088_14195144.jpeg


    近況報告最新のお知らせにはがついています。(新年にあたり、以下内容を少しシンプルにしました)

    インスタグラム↓(こちらは適宜更新しています)

    フェイスブック・ブログ記事(言語・翻訳の話が中心です)↓

    お勧め既刊こちら からどうぞ!


    # by kerigarbo | 2024-03-13 13:32 | Comments(0)
    語学書執筆の裏側ー悪戦苦闘する相手とは?
    語学書執筆の裏側ー悪戦苦闘する相手とは?_c0019088_12321137.jpg


    みなさま、こんにちは。すっかりご無沙汰してしまいました。今年の元旦密かに心の中で誓った、ひと月に一回シネマ英語情報をアップする試み、早くも挫折!!

    理由は、2月に執筆のお仕事が入ってしまったためです。ただし、今回は文法がらみとのこと。詳しいことは申せませんが、私の不得意な文法が重要な地位を占めるらしい!!(えーっ、Keri先生、文法不得意なの?という声が聞こえてきます)

    不得意というよりは、文法を言葉で説明するのが苦手。

    でまあ、他人様の書いたサイトを覗きに行き、フムフムと説明の仕方を参考にさせていただくのですが、ときに腑に落ちぬことが…

    たとえば、あるサイトの現在完了の項目を見ると、肯定文の例として以下の文例が目に入ってきました。(覚えてます?「完了」「継続」「経験」というセット。なぜか「完了」が一番目に来る…)

    (1)I've arrived at the station. 

    和訳は「今、駅についた」となっています。駅に着いて「さて、この後どうするかな?」と悩む人の顔があなたは浮かびますか?

    文法的にまったく問題はないのですが、下記のようにも言えます。

    (2)I just arrived at the station.

    実際(私もそうだけれど)アメリカ英語では(2)を使うほうが自然かもしれません。試しにdeepLの(アメリカ英語に限る)英文ブラッシュアップにかけてみると、何回やっても(2)がベターとの回答が出ます。

    でも、arrive/comeのような動詞と現在完了の親和性が高いのは確か。例としては、

    The package has arrived.
    Spring has arrived/come.

    理由は「(待っていたものが)ついに/やっと/とうとう来た」というような気持ちが含まれているからでしょうか。「パッケージが(やっと)届いた」「(ついに)春が来た」みたいに。

    あと、これもよく見る例。

    I've finished/done my work.

    deepLの和訳は単純に「仕事が終わった」となっているけれど、単に終わったのではなく、「(たった今)やっと終わった/終えた」という気持ちが含まれていると思います。

    だから「完了(have+過去分詞)」の意味合いを強調するなら、先の(1)もあり得るということです。そうでもない状況ならば、「just(副詞)+過去形」で十分と思います。

    とすると、これは和訳の記述方法の問題か…悩む!

    さて少し気を取り直して。今日の写真は最近妹が送ってくれた綺麗な河津桜。

    まさにSpring is coming!(←進行形。さすがに「春がやって来ているところです」とは誰も言わないでしょうが笑、現在完了より日本人には馴染みやすいかも?)

    ということで、今回は文法と悪戦苦闘しているお話でした。次回はシネマ英語をご紹介できるよう頑張ります!!


    近況報告最新のお知らせにはがついています。(新年にあたり、以下内容を少しシンプルにしました)

    インスタグラム↓(こちらは適宜更新しています)

    フェイスブック・ブログ記事(言語・翻訳の話が中心です)↓

    お勧め既刊こちら からどうぞ!



    # by kerigarbo | 2024-02-24 09:26 | Comments(0)
    2024年初映画:「サン・セバスチャンへ、ようこそ」

    2024年初映画:「サン・セバスチャンへ、ようこそ」_c0019088_12344582.jpeg



    みなさま、こんにちは。私にとって本年の初映画は、ウディ・アレン監督の「サン・セバスチャンへ、ようこそ」。

    米国アカデミー賞発表前、続々とハリウッドの大作が紹介される中、少し迷いもありましたが、大好きな彼の作品は外せません。

    本作には監督がこよなく愛する、古き良きヨーロッパ映画9作の名場面が登場します。それらの場面を過去の記憶と咄嗟に関連づけられる方はかなりの映画通!!(私は「勝手にしやがれ」と「男と女」しか、すぐにわかりませんでした…笑)

    でもわかる範囲で、気に入った表現などをご紹介できればと思います。以下、映画記事のあらすじ風に述べますと―

    NYの大学で映画について教えていたモート・リフキン(ウォーレス・ショーン)は、映画のプレス担当の妻とともにスペインのサン・セバスチャン映画祭を訪れていた。

    でも実は、妻の浮気心への疑い、衰え行く自身の健康、これまでの人生への問い…そのようなことに彼の心はかき乱されていたのだ。

    妻のスー(ジーナ・ガーション)について、モートは、"She had a little crush on this movie director." (妻はある映画監督にのぼせていたんだ)と回想する。その映画監督とは、若くてハンサムな新進気鋭のフランス人監督フィリップ(ルイ・ガレル)だった(この辺はいつものstereotypicalな描き方笑)。

    その事実はモートを、"I couldn't shake the suspicion (that) my marriage has been fraying."(結婚生活がほころび出している、という疑惑を拭えなかったんだ)という気持ちにさせていた。

    で、スーとフィリップがどうなるかは、ネタバレになるので秘密。だが同時に、モート自身もはるか年下の地元の女医ジョー・ロハス(エレナ・アナヤ)に恋をしてしまうのである。

    心臓が痛い、耳鳴りがする、あらゆる理由をつけてジョーのもとに通うモートが何とも可愛らしい(アレンは後に、この役は自分がやってもよかったと述べているらしいけど、ショーンのほうが絶対よいと思います、個人的に…)。

    彼女に"You wouldn't die for love?"(あなたにとって、愛(誰か)のために死ぬことはあり得ないの?)と訊かれ、大人の余裕とユーモアで答えるモート。

    "I'd frankly prefer not to die for anything. And that includes sickness, old age or choking on a bagel."(僕はどんな理由でも死にたくない。病気や老化、ベーグルを喉に詰まらせて死ぬのさえ…)

    でも、いつか近いうちに訪れるであろう自身の死、インテリぶって生きてきたこれまでの人生への後悔など、モートの不安はつきないのだった。本作最後のほうに、名画の1つ「第七の封印」のDeath(死神)が出て来るのだが―

    互いにチェスを指しながら(これは「第七の封印」へのオマージュの場面)、Deathがちょっぴり哲学者めいた口調でこう述べる。

    "Life is meaningless, but that doesn't mean it has to be empty. There is a difference."(人生は「無意味」だ。でもそれは「空虚/空っぽであること」とイコールではない。そこには違いがある)とDeath.

    モートはその言葉通り、実りのある残りの人生を歩むことができるのか?(その辺りは最後まで不明。個人的には老いたモートの今後がちょっぴり心配ですが…)

    映像の美しさと台詞の巧妙さが際立つウディ・アレンの作品ですが、名画へのオマージュや、他にもたくさんある含みのある台詞などをご紹介しきれず、すみません。映画がDVDになったら、もう一度じっくり味わってみたいと思います。

    それと冒頭の写真は、映画を観る前に六本木のイタリアンレストランLa Brianzaでいただいた、魚介と野菜の前菜。

    みなさまも、よい週末を!



    近況報告最新のお知らせにはがついています。(新年にあたり、以下内容を少しシンプルにしました)

    インスタグラム↓(こちらは適宜更新しています)

    フェイスブック・ブログ記事(言語・翻訳の話が中心です)↓

    お勧め既刊こちら からどうぞ!


    # by kerigarbo | 2024-01-27 12:47 | Comments(0)





    woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
    免責事項 - 会社概要 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム