ロンドンでの日々

女王陛下の白鳥と学徒

英国の、渡りをしない白鳥は
ミュート・スワン(英名)という種類で
渡りをしないようです。
日本名はコブハクチョウ。

女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_16102520.jpg

で、この白鳥も
女王陛下のものなんですが、

この決まりを知らない外国人が
捕らえて、食べてしまったところ、
運悪く、釣り人に写真を撮られて、
それが証拠で、本当に捕まって
100£の罰金刑を受けたらしい。


この白鳥さんたち
すごく慣れていて、
岸辺に上がって、毛繕いをしていた白鳥に
近づいたなら、
「パンか何か持ってない?」★
と、私の靴をつつきました@@
(若干、★創作)

こちらは
テムズ河でボートの練習をする
イートン校の生徒たち。
その向こうに白鳥。

ここは英国でいちばん
野生の白鳥が多いところだそうです。

女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_1623124.jpg



ボートを陸揚げして、学校に戻る、
ボート部の生徒たち(13才から18才まで)。
女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_16245244.jpg



周辺の家並(裏庭)。
女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_1625584.jpg



そして昨日の記事の答えは
女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_16271765.jpg

ここから続く道でした。
ご存知、ウィンザー城の、
女王陛下(^^)の庭、ザ・グレート・ガーデンの
ロング・ウォーク。
4.5kmも続くらしい。
鹿が横切るときがあるそうで
それを目当てに歩き始めたのでしたが、
リターンしてよかった。
いやいや、往復9kmだもの。

門の隣りのバプも花盛り。
女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_1630438.jpg

観光客ではなく地元の人たちのようでした。


□□□
昨日のハーロウのことは
また明日。
イートン、ハーロウとは何ぞやという方は
パブリックスクールで検束すると
面白いですよ。
ホグワーツの人間版みたいなものです。@@
ただしこの2校は男子校、全寮制です。


今日はちょっとまた遠出。




ぽちっとよろしく。

下のバナー(+人気ブログランキングへ)を
クリックしていただくと、10ポイント入ります。
ランキングサイトに飛びます(このブログの順位が表示されます)。


人気ブログランキングへ



女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_1641112.jpg

女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_16414162.jpg

女王陛下の白鳥と学徒_b0199526_1643493.jpg

by keiko-aso | 2015-06-14 16:35 | ロンドンでの日々

京都ロンドンから琵琶湖のほとりへ??セルフリノベーションの家


by keiko-aso
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31