『Sabbath "buta"dy Sabbath』
『Sabbath "buta"dy Sabbath』 『ブタの安息日』 BEAT CRUSADERS カトウBlog
INFORMATION BEST CRUSADERSも夏フェスに参加♪
Profile
BEAT CRUSADERS
プロフィール
オフィシャルサイト
レーベルサイト
アーティストデータ
NEW RELEASE
『VERY BEST CRUSADERS』
New Single
『VERY BEST CRUSADERS』
2009.02.18リリース

【初回生産限定盤】
DFCL-1545/6
¥3,535(税込)
この作品を購入する
『VERY BEST CRUSADERS』
【通常盤】
DFCL-1547/8
¥3,535(税込)
この作品を購入する
マシータ
<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
マシータ
お笑いコラム『Wエンジン』
DOも!

学生時代、お菓子を食べてる女子に「加藤君も食べる~?」なんて言われたくらいで、“自分に気があるに違いない!” と勘違いすることがしばしば、今では“隣にくるなり腕を組んできたり、ヒザの上に足を乗せてきたりするなんてことは、このコはヤらしてくれるに違いない!” という勘違いを繰り返しては、そんな思いをまたしたくなって可愛いオネエちゃんたちのいる店に行っちゃったりするオレです。


そんな“あるある”な勘違い男子を扱い、世の中の女子の「男ってバカよね~」感をくすぐるネタを繰り広げているのが『Wエンジン』!

人のルックスについてこういっちゃなんだけど、あまりモテない君的ルックスのメガネ男子が、電化製品の配線のやり方がわからないからということで、彼氏がいるはずの女子の先輩の部屋に呼ばれ、部屋には二人っきり。サプライズで誕生日を祝われたりと色々と意味深な行動をとられるうちに妄想が膨らみ、“こんなにいいことが起こるはずが無い!” と自分に言い聞かせようとするがために、彼女に気付かれないように「ほれてまうやろ~!」という言葉と妄想を繰り返す。
一体、彼女の意図はなんなのか?

というようなシチュエーションコントを繰り広げるコンビなのですが、モテない君であればあるほど、男の心のモヤモヤがビシビシ伝わってくるので、彼らの目線のピュア度とモテない君度に共感しまっくっちゃうのでしーた。



あのコのあの行動・発言の意味ってなんだったんだろう? って自分だけで悩んで、妄想が止まず素振りa.k.aオ○ニーの回数が増えまくっちゃってる男子!
悩んでるのはキミだけじゃない!
ただ、女子の何気ない行動に一喜一憂しすぎないように!
けど、プラスな勘違いがいずれ自分を助けることもあったりするから、そんなプラス思考も忘れないように!
そしてそんな勘違いもいつか笑える日が来るから、自分の気持ちを相手に伝えることを恐れるでないぞよ!

そして世の女子諸君!
男子のそんなピュアな心をもてあそばないように!
中高生のころなんて脳ミソが性欲だけで出来てるんじゃないかってくらいな時期、正直何も手につかないくらいに悩んじゃったりするんだから!
女子だって性欲ありまくるはずなんだから!

ヨロシコシコ!







思えば高校のときの修学旅行で夜中にクラスの女子が数人でウチの部屋に来て、そのうちの一人が露出多めな服装で来て、部屋を見回る先生の声が聞こえてきたので隠れるためにオレの布団に入ってきたときには、ドキドキとうつぶせになった自分の身体が意図せず持ち上がるのを抑えるのに必死だったことがありましーた。
その後妙にそのコを意識してしまったのは言うまでもありません。
…が、その後何も起こらなかったのもいうまでもありませんな…。

ってことを修学旅行の定番・京都で思い出したのでしーた。
e0119255_22144022.jpg



ほな、またにてぃ!
by becrblog2 | 2008-10-15 22:08 | お笑いコラム | Comments(56)
マシータ
すばらしぅ日々
9月最初の週末、大阪に向かっていましーた。

OTODAMAっちうイベントがあるってことで、行ってみるべさ的な感じだったのでしーた。
そこは民生さんとか斉藤和義さんとかキャプテンストライダムとかSCOOBIE-DOとか、AC/DCトリビュートに参加してくれた人たちが出まくりーのなのでした。


そして日曜日。
マシータとオレ、そしてSCOOBIE-DOのドラムMOBYはbonobosの応援を受けつつ、テレビ界の伝統企画「熱湯コマーシャル」を体感していましーた。

結局そのままライブしちゃいましーた。
マシータはビッチャビチャになったままドラムを叩いていましーた。
ウチのライブが終わったとたんにゲリラ豪雨になりましーた。
お客さんたちがマシータ以上にビッチャビチャになっていきましーた。


ケータリングは大阪ならでは、たこ焼きなんかもあって美味ス!
e0119255_14204818.jpg


けど美味いからってそんなに食べるわけにはいかなかった。
なぜかってーとオレにはもうひと仕事あったのでしーた。

それがこれ、代打屋FUNKY3として急遽出演したSCOOBIE-DOの楽器チームとコヤマシュウに扮したオレ。
e0119255_14212998.jpg

代打屋FUNKY3プラスワンモア

なにがあったかは自分で調べておくんなまし。

ただ一言
SCOOBIE-DOはスゲーカッコイイ!
以上!

打ち上げも楽しかった!

そんでもって翌日、メンバーより一足お先に東京へ with KENNY(GREED)。
新大阪駅でこんなもん食って、
e0119255_14234182.jpg

移動中には鶏弁当食って…(鶏弁当の写真は撮り忘れマシータ)
カロリータップリしたのには理由アリ!
実はこんなもん作るためにデザインの打ち合わせしてましーた!
e0119255_14243039.jpg


ハード&ヘヴィー系のアーティストをいち早く取り上げ続けてきたROADRUNNERの音源の中から、ミュージシャンが選曲・監修するっちうシリーズ『THE ROADKILLERS』のvol.2をオレが担当しましーた! ちなみにvol.1はDIR EN GREYナリ。

ジャケから何からのデザインはANTHRAXやMETALLICA、MOTLEY CRUE、FALL OUT BOYなど海外の音楽シーンからの信頼も厚いKENNY!
そしてフロントのお面はSLIPKNOTのマスクの製作者でもある特殊メイクアーティストSCREAMING MAD GEORGEさんによるもの!

ものすごい人たちに協力してもらい、こだわりまくって出来上がったこちら、選曲にももちろんこだわりましーた。
カッコイイと思うもんしか入れてません!


e0119255_14254191.jpg

『THE ROADKILLERS artist selection by BEAT CRUSADERS カトウタロウ』は来たる10月15日、¥2,548-で発売します!
LOUDPARKに出演するアーティストの音源とかも入ってるのでどこから聴いたらいいかわからない人はココから始めてみてはいかが?


夜にはKENNYのお店「GREED」のカタログ『GREED MAGAZINE』写真撮影。

e0119255_14264572.jpg

表紙がなんとANTHRAX!!!


そして今回の日本人参加者達と共に打ち上げ!
e0119255_14274113.jpg

左からKENNY、森重樹一さん、MCUちゃん、お面。
改めてみるとスゴイ濃いな~。

閉店時間過ぎても飲み足りなかったチームでUちゃん宅へ。
e0119255_1429611.jpg

男ならワクワクせずにはいられない最高な部屋で、焼酎片手にメタル談義に華を咲かせたのでしーた!

おいとましてからも熱くほてった身体が収まりつかず、夜中の3時にKENNYと二人でこんなもんを喰らったのでしーた。
e0119255_14295026.jpg


たった3日くらいの出来事だけど盛りだくさん、これまたすばらしい日々でしーた。


『GREED MAGAZINE』はお店に行かないと手に入らないから、是非行ってみてくらはい。
GREED


O・SO・MA・TSU・deShITa
HO・NA!
by becrblog2 | 2008-10-12 14:32 | Comments(27)
マシータ
すばらしい日々
DOも!

さて、前回の続き。

東京へ帰ってきてテレビ収録した翌日からはスタジオにこもってこんな機材を使ってリズムギターでザックザクにきざんだり、ソロでピロピロやったりしてましーた。

e0119255_2321363.jpg


こんな機材と申しましーたが、これらの機材はMETALLICAのギタリスト、カーク・ハメットが使っていたものと非常に近いモデルなのでごじゃります。
用意してくれたのは信頼できるギターテックのK氏です。

ギターは80~90年代のメタルシーンを支えてきたと言っても過言ではないJACKSONっちう会社がランディ・ローズのためにつくったRANDY RHOADS Vというモデルの進化系。
なおかつギターの弦振動を拾うマイク部分であるピックアップは、クオリティの高いアクティブピックアップを供給し続け、音楽シーンの向上に多大なる貢献をしてきたEMGという会社のもの。
これはもちろんMETALLICAも使ってます。

そしてアンプはMESA BOOGIEっちう会社のMARKⅡっちうモデル。
これはハイゲインアンプの世界において、MARSHALLと人気を二分したところの代表作。
なんでもMETALLICAは未だにこのアンプを基準として音作りをしているのだそうな。
これでメインのリズムギターを弾きましーた。

写真には写ってないけど、ソロやクリーントーンはADAっちう会社のラック型プリアンプの名機MP-1を使ってサウンドメイキング。
最近はラックアンプを使ってる人も減ったけど、そのサウンドメイクの幅広さを求め多くの人が使ったアンプなのです。
ちなみにプリアンプっちうのはサウンドを作る場所であって、その音をスピーカーから鳴らすためにはパワーアンプっちうのも必要、ってなわけでお金はかかります。
お金に限りがあるのに反して、機材は色々あるので目的に応じて選ぶべし!

まあそんな感じでオレ的オマージュをささげまくったわけDEATH!
こんな風に機材いっぱい使って好きなバンドのトリビュートできるなんて幸せだぁね。


ってなわけでその成果は以前書いたMETALLICAのトリビュートアルバム『METAL-IKKA ~メタル一家』の中で明らかに! AC/DCの新作『悪魔の氷 ~BLACK ICE』と同じ10月22日発売! チェックスよろしく!
ってヒダカのオールナイトニッポンで聴いてくれた人もいるかしら?



そんな弾きまくった日々、興奮冷めやらぬ身体にはもちろんこれ!
国道15号沿いのにくいヤツ!
e0119255_2314113.jpg



その後の数日間は他にも色んな作業してたんだけど、そんな最中急遽あいた時間を使って
銀座でセレブランチしたり、
e0119255_2323494.jpg


セレブアイス食ったり、
e0119255_23233591.jpg

e0119255_23234745.jpg


夜中にゃクボタとかとこんなもん食ったりね。
e0119255_2324423.jpg



そしてこのブログでも何度か書かせてもらっているスーパーエキセントリックシアターの劇団員数人による集団、タイツマンズの公演『タイツ羅武』にも行ってきましーた。
全身タイツの宇宙人の男女が歌ありダンスありで繰り広げる一大スペクタクル!

面白かった! そしてまたまた勉強になった!
いつもパワーをくれる彼ら。笑いと共に人にパワーを与えられる人って素敵です!
これからも行きまくろうと思います!

SETはまもなく本公演『任侠るねっさんす』の公演も始まるそうなので、興味沸いたらチェックスすべし!



SETがくれたそんな興奮を一人で抱えきれなくて新宿御苑の脇から代々木まで歩いてこちらをEAT!

e0119255_23252511.jpg

これまた上品かつ優しくて最高!


うん、いい日々だった!


つづく



次回はファンキーすぎる出来事やまもなく発売になるオレ監修の作品、そしてそれにまつわる友達や日々について書くべさ!
by becrblog2 | 2008-10-08 23:46 | Comments(32)
マシータ
沼津~京都~香川~長崎~博多
はいDOも!
東京はやっと晴れ間がのぞくらしく、朝からずっと洗濯機をまわし続けていた32歳“もう生乾きなんて言わせない!”カトウタロウです。

さてさて、前回は沖縄からお届けしましーたが、早いものであれから10日。
ブログのネタ的にはおよそ40日間遡ってお届けしま(○こ)!

海にゃクラゲが出まくりーのの8月後半、
フェスの合間に友達のGOOFY’S HOLIDAYとSCREW☆WALKERの合同企画『PUNK ROCK B.I MAGNUM』に出演、魚の美味い沼津に行ってまいりましーた。
もちろんこんなん食ってきましーた。
e0119255_15464719.jpg


こんなんもありましーた。
e0119255_15471293.jpg


GOOFY~の遠藤君は昔からお世話になってるし、地元をなんとかして盛り上げたいって感じで続けてるエエ兄ちゃんなんです。
それともう一つ、ギタリストの機材や服装などがあまりにもオレのメタル魂をくすぐりすぎるため、前から気になっていたTOTALFATも出演。
本番が終わってからも好きなバンドやら機材やらの話しをZUTTO(by永井真理子さん)してましーた。若い奴らはスゲーな、っつってオジサンたちゴッキゲンになっていたものの、翌日の京都でのライブのため残念ながら打ち上げは不参加。
TOTALFATは今度発売するMETALLICAのトリビュート盤にも参加してるからチェックスすることをオススメします!

移動中のメシは浜名湖パーキングでコレね。
e0119255_1549396.jpg


ってことで京都。
まあホンマにええ街ですわ。
ジョギングも寺に行ったり鴨川沿いを走ったりと楽しかった!

さらにここは美味いもんが多いからね、カロリー使った分食いまくってきましーた。
e0119255_15492576.jpg

e0119255_15495270.jpg

e0119255_15501863.jpg


あと最近お気に入りのスニーカーに兄弟が出来たり
e0119255_15594219.jpg


本番はレーベルメイトってだけでなく、本当にカワイイ弟みたいなmonobright!
観るたびにドンドン変わっていくっちうか成長していく感じで、今年の夏フェス色んなとこに出まくって色んなもんを得てきたんだろうな~なんて上から観てましーた。
ウチラの本番にはブッチャーズの吉村さんも参加してくれて、あの轟音を身体で感じれることによいながらライブを終えましーた。
そんでもってそのまま香川に移動。


香川もいい!
香川は4年連続出演のMONSTER baSH!
前日夜にはメンバーみんなでヒダカトオルのレイディオにも参加したり。
香川の町並みも好きなもんだから、ジョギングしまくっちゃって本番前にも自分のこといじめたくなっちゃって気付いたら10km近く走ってたり…、ってのはこんなもんをたらふく喰らいたかったからなのDEATH!
e0119255_15511257.jpg

e0119255_15513520.jpg

e0119255_15521113.jpg


そして友達のライブなどを堪能して本番…
またまたブッチャーズ吉村さんも参加してもらってのSUMMERENDでは、

豪雨!!!!!!!!!!!!!!

避けようとすることすら無意味、どこにいようとも降りかかってくるほどの雨に色んなもんを流された感じ。むしろ気持ちよかった。

ウチラの後はいい感じの天気だったんじゃないでしょうか?
あとモンバスはお客さん発信でフェスマナーを呼びかける運動なんかもあったりして素晴らしかったし、出演者としてもお客さんとしてもいい感じに楽しめましーた。


そんでもって翌日の長崎Sky Jamboreeに出演のため最後まで見れず会場をあとに…

e0119255_1552513.jpg
e0119255_1553828.jpg

愛媛県八幡浜港まで移動してフェリーで大分へ、そこから長崎まで移動。


長崎がまたこれまたいい街。
坂が多いもののジョギングしまくり。
日本全国で観光スポット巡ったりなんかするのはちょっとしたセレブジョギングだな、なんて思いながらも、お金を持たずなのでいつも入り口でボサ~っとするだけなんですが…。

Sky Jamboreeは会場にちょっとした傾斜がついてるから、後ろからもしっかり見えるので本番あとにはビールを飲みながらのんびりと楽しみましーた。
打ち上げでは生形a.k.aウブちゃんを“男たるもの~”ってテーマのトークに巻き込んで、話足りないもんだから彼らのホテルまで送りながら話して、そっから夜明け前の長崎の町を一人で散歩してかえりましーた。



翌日は博多への移動日。
吉村さんの提案により海へ。

あまり人のいないビーチで面ズ5人と吉村さんの男6人でチャプチャプしてましーた。
海から中華街的なとこに移動してこれらを喰らいまくり。
e0119255_1558557.jpg
e0119255_15581992.jpg
e0119255_15583770.jpg


ウマスウマス言いまくって、その後博多に着いたらBATARIですわ。


そして博多。
これまたジョギング向き。
大濠公園のまわりのジョギングコースを走って、そっから仕事帰りのオネエちゃんたち見たさに中洲まで行ってホテルへ。
カロリー消費は完了したので当然これしましーた。
e0119255_1601964.jpg



本番。
PRACTICEのライブはより外に向かっててカッチョよかった!
メンバーチェンジ?もあったけど新曲もいいし、ギタリストのゲンタロウさんはオレの憧れる人!
ステージを下りるとみんな変わらず普通のいい兄ちゃんたちだけどね。

ウチのときは色々とね。
何があったかについては書きませんが、
どんな状況でも他人があってこそ自分がある、
自分の行為が他人にどのような影響を与えるのか?
ってことをみんながそれぞれ意識していられたらいいのにな、ってことを再認識する一日でしーた。

アーダコーダで朝まで飲んで、その日は東京でテレビ収録のため、飛行機でひとっとびして帰ったのでしーた。


つづく!

お次は機材の出てくるお話~







そういえば晴れるどころか、雲行きあやしすぎるんですけど…
by becrblog2 | 2008-10-01 16:01 | Comments(62)
EXcite Musicの連載ブログ
[おことわり]
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。
Copyright ©1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 | ヘルプ | 会社概要 | エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム