Woman.excite
直感力を磨く!栫井利依(かこいりえ)の「美人の極意」

「内面育成メソッド心理学協会」代表
「直感で生きることの美しさ」を伝えてまいります

 

男性コミュニケーション基本のき~スパーク教育法

ただ今、家に戻ってきました。本日は、
 第一部 『男性コミュニケーション基本のき』
 第二部 書籍「美人の思考回路」基本のき 解説セミナー を開催しました。

台風の影響、そして風邪が流行っているようで、直前に4名の方がキャンセルに(連絡ありがとー)
「今日みんな来てくれるかな・・・」と心配していましたが、来てくれたぁ~♪ウレシイィ

d0169072_2022192.jpg


初めての講座だったのですが、結構・・・ウケた♪
いえ、ウケ狙いという意味ではなくて、具体的な方法が皆さんに伝わったみたいです。



今回、「自尊心」という男のツボを押すために、
その「オレってすごい」の裏心理を丁寧に解説しました。


ほいでもって、そんな「ビビリ」「ボクちゃん」な男性に「4つの顔を見せよ!」というお話
   ・母(見守る&面倒見る)
   ・少女(可愛さ&歓ぶ)
   ・女(セクシー&アゲマン)
   ・嫁(仕事)・・・でございます。


でもって、Love前に必要な3つの笑顔の作り方を伝授。
男は何考えているかわからん女にビビるので、笑顔3つで伝えるのですわよぉ~

さらに、Love中に必須なスキルを伝授。
  ・スパーク教育法
  ・つんつん!好き矢印飛ばし法
     聞き上手→話させ上手
     話し上手→“好き”の伝え上手
     New  →行動上手
  ・リペア・アテンプト(喧嘩のコツ)
  ・相手の取扱説明書
  ・私の取扱説明書



結構、、、、いい感じだったんじゃないかしら?
(自画自賛する私を暖かい目で見てネ・・・テヘ)
d0169072_20321164.jpg


受講者の感想を3名ご紹介しまーす!
 Dさま
Q.一番面白かったところは?
  全部面白かったです!まったくわかってなかったなぁーと思ったところは「男のツボ」
  「自尊心について」や「世話を焼いても愛してくれない」といった事が興味深い発見です。
  (3つの笑顔の話も面白かったです)

Q.感想をどうぞ
  楽しかったです!正直、最初は「場違いだったかな?」と思ったんですが、
  話しが進むにつれて、自分の知らなかったこととか、間違っていたと思う事が、
  いろいろわかってきて引き込まれました。逆に「あ、自分はこれができている!」
  「これは良くないのかと思っていたけどそうじゃないんだ」という嬉しい気づきも
  ありました。参加できてよかったです。

 Mさま
Q.一番面白かったところは?
   好き矢印の飛ばし方
   スパーク教育法

Q.感想をどうぞ
  男性と女性は、基本的に脳が違う事はしっていましたが、具体的な先生の表現で
  より理解できるようになりました。今まで彼と上手くいかなかった時と、
  長く付き合えた時を比べて見ると、長く付き合えていたときは、彼の情報をたくさん知っていたし、
  好きを上手に伝える事ができていたなぁーと思いました。
  特に、スパーク教育法は今まで足りなかったと思うので、頑張っちゃおうかな


 Mさま
Q.一番面白かったところは?
  私の場合、出会いの時は“少女”が効いているのか上手くいくのですが、スパークやツンツン好き矢印
  が面倒くさいために出来ていなかったのか・・・と思いました。

Q.感想をどうぞ
  「ナイナイプラス」で拝見して、とても面白い方だと思っていましたが、お話し中、
  表情がくるくる変わって、集まった人全員にも目が行き渡っていて楽しくお聞きすることが
  できました。また、他のセミナーにも参加してみたいです。


次回は 11月21日(日)開催 あと4席なのでお急ぎくださいね!
『男性コミュニケーション基本のき』


【人気★栫井利依の4つのDVD・自宅用教材はこちら】>>

by kakoirie | 2010-10-30 20:32 |  |-異性と話をするツボ | Comments(0)

ブログトップ | ログイン

【直感Labo.
オンラインサロン】

--------------------------

直感力を高めて、自分を美しく大きく活かしていく

【内面育成メソッド
心理学協会】

--------------------------

心理学を仕事、子育て、自己実現に使いたい人を支援していく協会です

kakoirieをフォローしましょう
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム