エキサイトブログ ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
2005年 06月 09日
北朝鮮 0-2 日本<ドイツW杯出場決定>
●はい、決定!おめでとう日本代表!
何はともあれ良かったヽ(゚∀゚)ノ

でも、ドイツW杯出場決定の喜びとは別に落ち着いて考えると・・・
・アジアのレベルは低いんじゃないか
・アジアの枠が4.5枠はもらいすぎじゃないか(ラッキーだけど)
という気がしました。

日本、イラン、韓国、サウジ、がすんなりと決定って、過去のことを考えると楽すぎるというか腑に落ちない。この4カ国の内1カ国が出られない(もしくは他地域とのプレーオフ)くらいの厳しさの方が、アジアのレベルアップのため、W杯のレベル維持のためにも良いんじゃないかという気がするんですよ。結局、この4カ国と他のアジアの国々との差は依然として歴然で、その上4.5枠ですから、今回のアジア予選は4カ国にとって精神的に余裕がある準備ができたんじゃないでしょうか。

たとえば、この4カ国でリーグ戦して1チームだけW杯に行けない、なんて予選だったとしたら、各国やばいくらい必死で準備するでしょうし、場合によったら言い訳の準備もしておくかもしれません。こんな予選の方がレベルアップするし、見てる方だってたまりません。実際、W杯でも、少なくともこの4カ国のリーグ戦よりレベルの高いリーグ戦で上位にならないとトーナメントには進めないわけで、より実戦に即していますしね。W杯ではアジアが確実に勝てそうな相手なんて存在しませんから。

最後にイラン戦がありますが、ラッキーなことにその前にコンフェデレーションズ杯があります。メキシコ、ギリシャ、ブラジル、とまさに実戦さながらの組み合わせ。今の日本代表がこれらの国を実力で撃破できるレベルにあるとは思えませんから、ここは思いっきり惨敗するぐらいの方が良いんじゃないでしょうか。そこであらためて色々見直してみる。

思えばジーコJAPANのスタート時には、秋田、名良橋、小村らが選ばれていましたが、途中からザックリとメンバーを入れ替えています。予選通過メンバーで挑むコンフェデを終えて、またザックリと見直す時期というかチャンスかもしれません。1年後に向けて新戦力の発掘というか育てる好機です。戦力面での上積みとチームの成熟が、これからの課題ですね。

個人的には、FW、右SB、CDF、GK、にレギュラー狙える新戦力が欲しい。
FWはエメみたいなのがいれば最高ですが、現実的には久保と高原の絶好調を上回る選手は期待薄かな。右SBは活きの良いのを試して欲しい。CDFはやっぱりどうしても宮本の低さが気になってしまいます。中澤がサイドに引っ張り出されてクロスを上げられてゴール前で宮本と競る相手長身FWにドン、というイラン戦での失点は必然。ここは闘莉王。坪井、闘莉王、中澤のDFを見てみたい。これなら舐められなさそうだし。GKは目立ちませんが弱点だと思います。意欲溢れる若手の出現を期待したい。川口、楢崎を脅かすようなGKを。
最後に別枠で長谷部。メンツ的には充分過ぎるくらい揃ってるMFですが、長谷部は入れたい。ハートも良いしスキルも高い。ホントはここ最近進境著しい鈴木啓太も・・。

●フジテレビ「とくダネ!」で、カブドットコム証券が応援している様子が放映されました。勝って良かった~(^_^)v
テレビ東京「朝は楽しく!」で、「W杯関連であがる株は?」という話で電話出演しました。ちゃんと調べてストーリーもオチも考えてたのに、わずか1分程度で消化不良_| ̄|○
# by kabulog | 2005-06-09 23:59 | レッズ&サッカー
2005年 06月 05日
バーレーン 0-1 日本
これでドイツが見えてきましたね。もう間違いないでしょう、良かった良かった(^_^)v
小野伸二の怪我という最悪の事態も、この試合にかけるみんなのモチベーションの高さで乗り切ったという感じ。ヒデや小笠原が良かったというのもあるけど、今回結構興味深かったのは、なんでバーレーンは前と比べてあんなにイマイチだったのか?ということ。

日本が良かったから?
主力が怪我や出場停止で欠けたから?
やっぱこれが実力の差?

まぁ色んな理由が絡み合ってのことでしょうが、試合開始の時もバーレーンの選手の方が断然緊張しているように見えた。対照的に日本選手はいたって普通。テレビでよく「絶対に負けられない・・・云々」って言ってますが、それを言えばバーレーンの方が日本より絶体絶命で負けられない一戦。しかもホーム。日本は実力と大人の戦いで圧勝できる素地があったということでしょうね。

話はそれますが、スポーツにおいて「絶対に負けられない・・・」という思考は絶対に良くないと思います。やっぱりネガティブだし過緊張に繋がります。考えるならやっぱり「絶対に勝つ!」これしかありません。実際、ヒデも「俺たちは勝つんだ!」って言ってましたが、あれが「俺たちは負けたくないんだ」って言ってもロクなことはなし。スポーツですから当然負けることもあるわけで、重要なのは勝とうとすることで負けられないじゃないんですよ。
「絶対に負けられない・・・」がキャッチコピーになるというのは、勝利を追求する現場とは違って、観客側にはネガティブな結果を想起させて興味を高めさせるということでしょうね。そういう意味では正解なんでしょう。

次戦は「主力不在だけど俺たちでガッチリ勝つ!」という高い意識でしょう。見る側からすれば「負けてもまだ大丈夫」という安心感があるはず。実は「無観客」でも良かったのかもしれません。でも、勝つ気満々の日本が先制できず膠着してしまうと、今回のバーレーンのように空回りする可能性もあるかも。レギュラーならばそれでも「引き分けでいいや」と割り切って良い結果を残すでしょうが、準レギュラーだと気負いが裏目に出る場合もありますからね。ちょっと心配。まぁ「なんで勝ちきれない」とスッキリしない引き分けでW杯出場、という方が今後に課題を残して満足せずに前進できるからかえって良いかも。でも、見てるときはバカスカと点入れて勝ってくれた方が気持ちいいぞ~ヽ(゚∀゚)ノ 稲本も三浦淳も中田コもみんなガンガンやってくれー!!

坪井もチャンスがあれば活躍してほしい!ガンバレ!
# by kabulog | 2005-06-05 23:59 | レッズ&サッカー
2005年 05月 31日
浦和レッズ 0-2 ハンブルガーSV
Jリーグでも得点できないんだから相手がブンデスリーガのたとえ主力メンバーでないと言っても、良いところ出せるような感じは無し。実力通りの妥当な結果と感じました。親善試合じゃ得意のカウンターの機会も少なく、ボール支配率でも負け、勝ち目はありませんでしたね。惜しいのは達也とエメにあったけど決められず。先行き不安が残る内容でした。

収穫は、細貝、横山、近藤の若手ががんばったこと。フル出場の近藤は厳しい面もあったけど、アグレッシブな守備が好印象。細貝は前よりも慣れて堂々と積極的にやってました。使えばもっと伸びそう。横山は思ってたよりずいぶん良かった。彼らを使う機会が少ないだけに、こんなゲームでガンガン使って欲しいですね。

日本におけるドイツ年を記念した国際親善試合でした。
# by kabulog | 2005-05-31 23:59 | レッズ&サッカー
2005年 05月 11日
ゼロからの資産運用(4)
『毎月コツコツ投資をしながら、しかもマーケットを学ぶ』ことをしばらく続けると、ある程度お金も貯まってきます。例えば毎月1万円でも1年経てば12万円前後。この毎月コツコツ投資は続けるとして、12万円前後になったものをどうするか?

・そのまま投信として保有する
・売却して株式を買う
・売却して好きに使う

ケースバイケースですし個人の自由ですが、このシリーズは学ぶことを重要視してますから、どこかのタイミングで売却して株式を買って欲しいです。12万円前後あれば買える株もいっぱいありますしね(実際には、様々なことを総合的に考えてくださいね)。
→ちょっとスクリーニングしてみたら約540銘柄ありました。

色々調べて選ぶも良しですが、まだ始めたばかりで銘柄選びに自信がないとか、特に買いたいと思う企業がない、倒産してパァーになるのが怖い、とかの場合には「ETF」を活用すると良いでしょう。「ETF」は「株価指数連動型投資信託」のことで、早い話が、日経平均とかの株価指数に連動する投資信託を普通の株のように市場で売買できるものです。株価指数なので倒産することはないし、個別企業単独の問題による株価下落といったリスクが低減されますので、個別企業に比べると安心して投資しやすいという特徴があります。そのかわり、株主優待とかはないし、指数ですから小型株のように暴騰することはあまり考えられません。そういう意味では面白くないと言えば面白くないのですが、徐々に学んでいく過程の人にとって使い勝手の良い株と言えるでしょう。

特集「単純! 明快! 日経平均」~ETF~/KabuVenus
ETFスクエア/東京証券取引所

ではまた。
# by kabulog | 2005-05-11 12:38 | ゼロからの資産運用
2005年 04月 26日
社長DEジャンケン隊/現代洋子さん

●モーサテスタジオトーク
去年の相場との違いと目先のポイントについて。


●4/22に発売されたビッグコミック スペリオール
『社長DEジャンケン隊/現代洋子さん』第29回
に、弊社社長齋藤が登場しています。

そして、なんと私もチョコッと登場してますーヽ(゚∀゚)ノ
ビッグコミック スピリッツで連載されていた当時から好きなマンガで、まさか自分がマンガの中に登場するなんて!「ナマ八巻さん」「ナマ現代さん」と楽しくトーク&食事。感激しました。

八巻さんに「腕八本やって下さいよ~」とリクエストするものの、
頂いたのは ・・・・・ 笑顔のみΣ(´Д`lll)エエ!!

でも、お二人ともとってもいい人でますます好きになりました。単行本出たら絶対買うぞー!
掲載された「No.452 10号 5月13日号」は絶賛発売中なのでまだ間に合います。
ちなみに、さわやか風に描かれた齋藤に対し、私は横山やっさん風(゚Д゚)タノムデシカシ、メガネメガネ
# by kabulog | 2005-04-26 17:48 | 株・資産運用・仕事



カブドットコム証券の「る~さ~!」が、株式投資の最新情報などをラクラク綴る。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
【筆者のプロフィール】
ブログはこちらに移行しました。
臼田琢美の「かぶろぐ2(kabu.log2)」


臼田琢美
(Usuda,Takumi)
カブドットコム証券常務執行役。
1966年大阪生まれ。1989年より証券会社、金融情報会社、年金運用会社を経て、旧日本オンライン証券の設立に従事、現在に至る。1996年インターネット上の投資家コミュニティとして国内最大規模の「かぶこーネット(株式投資向上委員会)」を立ち上げる。「る~さ~!」は当時からのネット上でのペンネーム。テレビ・ラジオ・雑誌・Webなどに数多く出演/連載し、株式啓蒙家として活躍中。主な出演番組にモーニングサテライト(テレビ東京)、がっちりマンデー(TBS)、日テレNEWS24、ブルームバーグTV、日経ブロードバンドニュースなどがある。リビング新聞で連載中。30万部突破のベストセラー「株の自動売買でラクラク儲ける方法」を生んだ仕掛け人。その他、主な著書・監修など:株の世界の歩きかた(日本経済新聞社)株の短期売買でサクサク儲ける方法(ダイヤモンド社)おいしい株主優待(かんき出版)

カテゴリ
全体
上場企業のブログ集
ゼロからの資産運用
株・資産運用・仕事
レッズ&サッカー
本ブログご利用上のご注意
趣味/その他
ライフログ
以前の記事
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
フォロー中のブログ
Legumes & Fr...
懲りずに…短期売買狂想曲...
資産運用のお話し(引越し完了)
ちょこちょこトレーダーの...
3億円の株式投資
株と菓子パンの日々
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧



Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム