Woman.excite
ブログトップ | ログイン
HOPE for Mothers (2011年 ザンビア) 
カテゴリ:ニュース/お知らせ( 87 )
ロッテガーナチョコレートエクセレント 裏面広告!
ことしもまた ロッテさんのご協力で チョコレート(ガーナエクセレント)裏面でジョイセフが紹介されました!
ロッテガーナチョコレートエクセレント 裏面広告!_c0212972_17534092.jpg

ロッテガーナチョコレートは、Red と Blackがあります。どちらにも紹介されています。
甘いミルクの味がするRed、そして落ち着いた味の Black どちらも美味しいです!
美味しく味わいながら、ジョイセフへの応援ありがとうございます!
早速、この裏面広告をみて、ジョイセフフレンズの申し込みをしてくれた方や寄附をしてくださる方が!!
うれしい~です♪
ロッテガーナチョコレートエクセレント 裏面広告!_c0212972_175725.jpg

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by JOICFP | 2014-04-08 17:58 | ニュース/お知らせ
フィリピン女性支援チャリティーピンキーリングが登場!!

昨年2013年11月にフィリピンが台風30号(ハイエン)に見舞われました。

今回の大災害は、上陸したものとしては史上最大といわれる暴風に加え、
高潮が同時に襲来したため、
レイテ島やサマール島など広い地域に大きな被害をもたらしました。

その被害がとても大きく、今でも救援活動を必要としています。

ジョイセフはフィリピン支援活動の一環として、
フィリピン女性支援チャリティーピンキーリングをつくりました。

その名も
”Tomorrow” 
すべての女の子の、明日が輝きますように。
フィリピン女性支援チャリティーピンキーリングが登場!!_c0212972_14383717.jpg


価格350円
売り上げ1個につき100円をフィリピンの女性支援に充てさせていただきます。
【妊産婦のための医療活動を行い、家族計画を含めたセクシュアル/リプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)サービスを提供しています】

このリングは、
フィリピン出身の人気アイドル
“アローディア”(Alodia Gosiengfiao)”
によって
台風被害を受けた母国をサポートしたいとの思いで
プロデュースしてくれました。

リングカラーのラメイエロー×アイランドブルー
フィリピンの美しい海とキラキラした砂浜をイメージしています。

今回のリングカードと封筒が変わってまたまた可愛くなっています~。

フィリピン女性支援チャリティーピンキーリングが登場!!_c0212972_15154786.jpg

そしてなんといってもカラーの組み合わせがほんとに良くて
これからの季節にオススメです!
意外と肌になじむ色だと思います。

フィリピン女性支援チャリティーピンキーリングが登場!!_c0212972_1522932.jpg

是非ごらんくださいね001.gif

ご購入はこちらから053.gif


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by joicfp | 2014-02-12 15:26 | ニュース/お知らせ
Mo-House お産バーへ行ってきました!
2014年1月22日、青山にあるMo-Houseで行われたお産バーへ参加してきました。
Mo-House お産バーへ行ってきました!_c0212972_1753511.jpg

Mo-House お産バーへ行ってきました!_c0212972_16535217.jpg

前回行われたのが4月11日でしたので、実に8ヶ月ぶりの開催!

会場には「この夜を待っていた!」と、産婦人科医、助産師、雑穀を使った料理教室を行う方や鹿児島で助産院を作ろうと奮闘している方など、さまざまな方が集結! フードプロデューサーとしても大活躍されている寺脇加恵さんの「NURSE&Co」のケータリング料理をいただきながら、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。

さまざまな職種の方が集まるということもあって、お互いの交流や意見交換がメインだったこの日。

ジョイセフはお時間を頂戴し、昨年9月に木楽舎より出版された『世界女の子白書』についてお話をさせていただきました。
Mo-House お産バーへ行ってきました!_c0212972_16532040.jpg


開発途上国の女の子の現状を小野から紹介させていただくと、会場からは大きなどよめきが。転じて、日本における女の子を取り巻く状況(国会議員の女性の数や経済活動をしている女性の割合など)も決して恵まれていないこと、むしろかなり厳しい現実に触れると、「え~!日本ってもっと恵まれてる国かと思っていた」との驚きの声が次々と上がりました。

参加者の中には、「日本は先進国だと思っていましたが、女の子にはとても辛い国だったんですね。知りませんでした」とおっしゃる方も。

知らないことを知る。共有することの力を、私たちも強く感じた夜でした。
このような機会を作ってくださったMo-Houseの皆さま、そして楽しく交流させていただいた参加者の皆さま、ありがとうございました!
Mo-House お産バーへ行ってきました!_c0212972_16473373.jpg


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by joicfp | 2014-01-23 17:14 | ニュース/お知らせ
MODE for Charity スペシャルアイテム販売!!!
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。


MODE for Charity スペシャルアイテム販売!!!_c0212972_1443781.jpg
072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif

12月10日より、MODE for Charityスペシャルアイテムが、ネットショップに登場しました!
ジョイセフをいつも支援していただいている 各ブランドとMODE for Charityがコラボレーションした特別なアイテム。
ここでしか手に入らない(非売品)の貴重アイテムも揃っています!


その中から少しご紹介!

今回初めて支援していただいた、bling me!!さま
http://www.blingme.jp/TOP.html
ジョイセフの活動に賛同していただき、携帯や鏡、簡単にデコれるスワロフスキークリスタルシールを
ジョイセフのためにご用意いただきました。
1セット300円、全額途上国支援に活用させていただきます。
MODE for Charity スペシャルアイテム販売!!!_c0212972_1414541.jpg

2色のハートがとってもかわいいんです。

そして、THREEさまから今回は、
美容雑誌「VOCE」の年間ベストコスメ(ヘアケア部門)年間ベストコスメ受賞!に選ばれた
「THREE スキャルプ&ヘア バランシング ライン」のトライアルキットとMODE for Charityとコラボレーションしていただきました。

まだTHREEのヘアケアを使ったことがないという方も、この機会にぜひ、THREE スキャルプ&ヘア シリーズをトライアルキットでお試しくださいね。


MODE for Charity スペシャルアイテム販売!!!_c0212972_14231626.jpg

MODE for Charity スペシャルアイテム販売!!!_c0212972_14235282.jpg


こちらよりお買い求めいただけます❤

http://www.joicfp-shop.com/item/mfc2013/mfc2013menuindex.htm


自分のため、お友達のためのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか?
全てのアイテムの収益がすべて、世界中の妊産婦・女性支援に活用されます。
ぜひお友達にもご紹介してくださいね。
by joicfp | 2013-12-11 10:00 | ニュース/お知らせ
この出会いに感謝♡
2013年11月28日(木)、表参道の山陽堂書店さんで電通ギャルラボ×国際協NGOジョイセフによるソーシャルプロジェクト「Girl meets Girl PROJECT」のワークショップ「Girl meets Girl サミット」が開催されるということで、勝部、みっち、林、小田原の4人でお邪魔させていただきました。

この出会いに感謝♡_c0212972_0212978.jpg

この日の会場となった山陽堂書店さん。この素敵な佇まい。洗練されているのにアットホームで本当に素敵なんです!

入口には、本日の主催、ガールミーツガール プロジェクトが企画・制作を手がけ、ジョイセフが監修として携わらせていただいた『世界女の子白書』がズラリ! ワークショップが始まる前に早くもテンション上がってしまいました。
この出会いに感謝♡_c0212972_0312054.jpg


18:15にスタートしたワークショップには、30名を超える方が参加。電通ギャルラボさんの行うソーシャルプロジェクトへの関心の高さが伺えます。
この出会いに感謝♡_c0212972_0361694.jpg


ワークショップは三部構成で行われました。
第一部では、電通ギャルラボさんがソーシャルプロジェクト「ガールミーツガールプロジェクト」を始めたきっかけから、これまで口コミだけで7万個以上売り上げた「チャリティピンキーリング」が生まれた経緯、そして9月に出版された『世界女の子白書』のお話まで、ジョイセフとの出会い、これまでの関わりを含めて一気に紹介されました。

第二部では、「女の子のために、わたしたちができること」として、もっと女の子を幸せにするプロジェクトのアイデアが語られました。
この出会いに感謝♡_c0212972_151245.jpg

就職、結婚、出産、育児など、女性には人生を大きく変える分岐点がいくつかあります。その分岐点ごとにある女の子の問題点を掘り下げ、どんな解決策が考えられるか、そして具体的にはどうすればいいのか。女の子の夢を応援したいと願う電通ギャルラボさんの新プロジェクト案に、会場の皆さんも時に驚き、時に深く共感しながらお話を聞いている姿が印象的でした。
この出会いに感謝♡_c0212972_153497.jpg


電通ギャルラボさんの紹介を受け、ここで我らがジョイセフ・広報グループチーフのみっちが登場!
この出会いに感謝♡_c0212972_1195619.jpg

世界には、お医者さんがいなかったり、病院に行けないことが原因で、ある日突然亡くなってしまう女の子たちがまだまだたくさんいることに触れ、彼女たちの命を守る支援活動を行うジョイセフの使命を、広報の立場からどうすれば、多くの人に伝わるかについて話をさせてもらいました。
また、電通ギャルラボさんとの出会いがあったからこそ、このような心熱くなるプロジェクトに参加させていただき、たくさんの素敵な方々との素晴らしい出会いへつながっていることへの感謝も述べさせていただきました!

第三部では、参加者の皆様との交流会。
ジョイセフは会場にチャリティピンキーリングのブースをご用意し、参加者の皆さまへご紹介させていただきました。初めましての方々と、興味深いお話ができたのも本当に嬉しい限り!

ガールミーツガールプロジェクトを行う小川さん、外崎さん、間野さんの3人は、今回のワークショップの終わりにこう語りました。「世界中の女の子の夢を広げるたびに、私たちの夢も広がるプロジェクト。それがガールミーツガールプロジェクトなんです」。

きっと夢は叶う! そんな気持ちにさせてもらえる、ワクワクするような出会いに心から感謝した夜でした♡
この出会いに感謝♡_c0212972_1345185.jpg

写真は右から、外崎さん、真野さん、小川さん、みっち。
ポーズはお約束、ピンキーポーズです! 

電通ギャルラボの皆様、会場で出会った参加者の皆様、素敵な時間をありがとうございました!




にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by JOICFP | 2013-11-30 02:18 | ニュース/お知らせ
【8/13】リプロダクティブ・ヘルス講座 第5回目 次の実践者はあなた!
【8/13】リプロダクティブ・ヘルス講座 第5回目 次の実践者はあなた!_c0212972_14392175.jpg

8月13日は

「私も国際協力の担い手になる:社会に貢献するための準備」

をテーマに、国際協力人材に必要な能力の開発のために私たちがすべきことをじっくりと考えました。

最終回のリプロダクティブ・ヘルス講座は参加型ということで、鈴木事務局長から
「国際協力人材に求められる資質、能力、技術をあげてください」
という質問が出され、1人5つほど自分の考えを紙に書いてもらいました。

【8/13】リプロダクティブ・ヘルス講座 第5回目 次の実践者はあなた!_c0212972_14392347.jpg

提出された答えの中には、コミュニケーション力、異文化理解、行動力、強調力、語学力、健康、情熱、専門性…などなど。国際協力の仕事をする上で、必要だと思われるものが次々と出てきました。

参加者のほとんどが、国際協力の世界で働きたい、もしくはすでに働いている、働く予定の方ということもあり、ホワイトボードに貼りだされたそれぞれの回答をもとに、白熱したディスカッションが行われました。

【8/13】リプロダクティブ・ヘルス講座 第5回目 次の実践者はあなた!_c0212972_14392264.jpg

毎回そうなのですが、最終回であった本講座も、鈴木事務局長の珠玉の言葉が数多く紡ぎだされ、参加者をうならせていました。

その一例をご紹介させてもらうと、、、

「何事もはじまりと終わりはない。すべてプロセス。今日、この講座に参加したということは、ここから始まる何らかのプロセスに参加したことになる」

「人生とは問題を解決するためのプロセスである」

「力と書いてあるもので習得できないものはない」

そして最後に、鈴木事務局長より、これからの未来を担う参加者へ向け、次の言葉が贈られました。

「生まれた時は偶然だが、それを必然にするために、途上国のために働きたいというパッションを大事にしてください」

さらに、

「中国の古いことわざに、『歴史から学ぶ者は賢者、失敗から学ぶ者は愚者』という言葉があります。失敗から学ぶ者を私は愚者とは思わないが、歴史の中にはたくさんのレッスンズがあります。歴史を学ぶとモノの原点がわかります。原点がわかるとぶれなくなります。だからこそ、皆さんには歴史をひも解く時間と余裕を持ってもらいたいと思います。歴史から学んで賢者となってほしい。そういう姿勢でもって、いろんなことにチャレンジし、人と人をつなぐ媒体なってほしいと思います」

と締めくくられました。

【8/13】リプロダクティブ・ヘルス講座 第5回目 次の実践者はあなた!_c0212972_14392258.jpg

今回の講座を受講し終えた参加者からは、

「鈴木さんの話の中に沢山のヒントが入っており、 今後の仕事だけでなく、人生のためにもなる!!」

「今回の講座では参加者の皆さんと意見を共有しながら鈴木さんの分かりやすい説明を聞くことで国際協力の担い手となるために重要な事項を学ぶことができました」

「鈴木さんから発せられる言葉の1つ1つ感動しました」

「鈴木さんの人生講座をぜひお願いします」

などなど、熱いメッセージが寄せられました。

参加者の皆さま、こちらこそ、情熱あふれる時間をありがとうございました!
いちスタッフとして、皆さまの真剣なまなざしに触れ、多くの学びを頂戴いたしました。

必ずや、鈴木事務局長のリーダシップ、コーチング講座は実現したいと考えておりますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします!


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by JOICFP | 2013-08-21 12:51 | ニュース/お知らせ
キャリネスボディオイル ママレポート

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。


暑いですね058.gif


暑いうえに、ゲリラ豪雨057.gifのおかげで、

ジメジメ湿気がひどく、むくみがひどい毎日です026.gif

どなたかむくみに効くマッサージをおしえてください~


そして、以前ご紹介しました、

日本の妊産婦に愛される妊娠線ケアクリームで知られるキャリネスから、

7月10日、新たにジョイセフへの寄附をうたったチャリティ商品

「キャリネス ボディオイル」が発売されました072.gif072.gif


キャリネスボディオイル ママレポート_c0212972_16272258.jpg

http://www.calinesse.co.jp/maternity/bodyoil.html

キャリネスボディオイルの使い心地はジョイセフスタッフ小野ことミッチも紹介しています060.gif
http://joimicchi.exblog.jp/20494010/


そして、5月戌の日に水天宮で開催されました、
ninfesにて素敵な出会い053.gif053.gifがありました。

"Cheers mama"(チアーズママ)を運営されている三浦さん。



キャリネスボディオイル ママレポート_c0212972_1655638.png

育児ママ達をWeb、リアルの両面から、育児中のママに必要な情報の発信や、
ユーザー(育児中のママ)が情報を発信する場、ユーザー同士の交流の場を提供することで
育児中のママをサポートしていきたい003.gif

という思いで発足されています。

その"Cheers mama"(チアーズママ)のメンバーで

香港在住の現在第2子妊娠中のママ記者りえぞうさんが実際にキャリネスボディオイルを使った
感想をレポートしてくれています001.gif

レポートはこちら
↓↓↓
http://cheersmama.jp/?p=3057


リアルなママの感想。

とっても参考になります040.gif

是非みなさまレポートみてくださいね~056.gif


cheers mama 三浦さん、りえぞうさん ありがとうございました053.gif053.gif
by joicfp | 2013-08-13 17:01 | ニュース/お知らせ
静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!
静岡県の三島市にある
石田ビューティースタジオ(株)さんが主催の
チャリティ親子ダンスが開催されました。

静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!_c0212972_16154489.jpg

静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!_c0212972_16181850.jpg

静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!_c0212972_16182093.jpg

静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!_c0212972_16181577.jpg


ジョイセフの活動主旨にご賛同いただき、
親子ダンスの参加費の全額を、
途上国の妊産婦支援活動に寄付していただきました。


静岡・三島発 ジョイセフチャリティイベント 「親子ダンス」が!_c0212972_1622060.jpg

オーナーの石田さんご家族


オーナーの石田さんご夫妻のご厚意に深く感謝いたします。


日本のママ&キッズの笑顔が、
海の向こうのママ&キッズをも笑顔に・・・


このようなチャリティイベントの機会が、
東京近郊だけでなく、
日本全国にも拡がっていくことが、大変うれしく心強いです。


石田ビューティースタジオ(株)さん、ありがとうございました。

>>オーナーで整体師の石田浩一さんのブログはこちらから


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by joi_micchi | 2013-08-05 16:33 | ニュース/お知らせ
【7/30】リプロダクティブ・ヘルス講座 第4回目 私たちに何ができるか?
【7/30】リプロダクティブ・ヘルス講座 第4回目 私たちに何ができるか?_c0212972_17382087.jpg


7月30日は

「私たちのアクションが世界を変える」

と題し、実際に私たちに何ができるかを考察しました。

日本は1899年に産婆規則が制定されるまで、妊産婦死亡率が449(出生10万対)と、とても高い数値を示していた過去があります。この状況の中、懸命に妊産婦の命と健康を支えたのが、当時の助産師さんたちでした。彼女たちは、地域を回り、妊産婦を健診し、産前産後に必要な知識の普及に力を入れました。その尽力のおかげで、わずか20年の間に日本の出産は自宅分娩から施設分娩へと移行し、妊産婦死亡率も急激に削減させることに成功しました。1950年には161.2(出生10万対)にまで数値を下げています(現在は5)。

この時の経験やノウハウを活かし、いかに途上国で応用できるか。

途上国で妊産婦が命を落とす原因には、次の3つの遅れがあると言われています。
①決断の遅れ
②搬送・アクセスの遅れ
③医療ケアの遅れ

これらの改善のために、かつて日本で助産師さんが行ってきた草の根活動を途上国で活かそうと、ジョイセフでは設立以来、人材の育成に力を注いできました。

例えば、ザンビアでは母子保健推進員(SMAG)を養成し、直接村を訪れ、住民に対して母子保健に関する正しい知識を提供し、施設分娩の必要性を普及しています。また、診療所の近くに出産まで待機できる「マタニティーハウス」を建設し、施設分娩がよりスムーズに行われるための環境づくりにも力を注いでいます。

ミャンマーでは、助産師(Skilled Birth Attendant)の再教育に力を入れると共に、母子保健推進員の養成、保健システム(制度)の強化を行っています。

途上国での支援活動において、大切なことはマッピング。
「どこに、どんな問題があるか? それに対して何ができるか?」をあらかじめ調査し、最終的にその国の人々が自分たちだけで実行していける自立発展性のあるプロジェクトを計画する必要があります。
なぜなら、プロジェクトが終了した後にそれを継続していくのは、その国の人たち。最先端の技術にばかりこだわったプロジェクトを行ったとしても、最終的に彼らが自分たちでそれを実施していけないようであれば、結局サービスは浸透せず意味がありません。

だからこそ、アクションを起こす時には、その国の事情をよく考えて行動を起こす必要があるのです。そして、いかに既存の組織・人材の活用できるかを吟味することも大切です。

鈴木事務局長は言います。「持続可能な支援とは、available(利用できる)、existing(既存の)、organization(組織)を活用し、その国の問題点、事情に即したプロジェクトを実行すること。それができて初めて、一歩先へ行ってもらえる支援になる」と。

【7/30】リプロダクティブ・ヘルス講座 第4回目 私たちに何ができるか?_c0212972_17382195.jpg


講座後に行われた質疑応答は、今回も白熱していました! 中でも、持続可能な支援のために不可欠なリーダーシップトレーニング、コーチングトレーニングに関して興味を持つ参加者多数! もしかして、スピンオフの講座もあるかも、な展開になっています!こちらも決定次第、ウェブサイト、ブログ等で連絡させていただきますので、お楽しみに!

RH講座はいよいよ来週8月13日が最終日です。鈴木事務局長いわく、「明日、航空券を買って途上国に行きたくなるような話をする」予定とのこと。

最後の一回だけの受講も可能です! ふるってご参加くださいませ。






にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by JOICFP | 2013-07-31 16:19 | ニュース/お知らせ
【7/16】リプロダクティブ・ヘルス特別講座 第3回 いよいよアフリカ編!
7月16日のテーマは

「アフリカでは今:命をかけた妊娠・出産が行われている現実を検証する」

開発途上国、とりわけアフリカで妊産婦や女性に起こっている現実を考えました。
【7/16】リプロダクティブ・ヘルス特別講座 第3回 いよいよアフリカ編!_c0212972_15362747.jpg


2000年に採択され、その期限まで2年を切った「ミレニアム開発目標(MDGs)」。各国が目標達成に向け、一層の努力が望まれる中、達成することは難しいだろうと言われているのが
「目標5:妊産婦の健康の改善」です。

これは、妊産婦の死亡率を2015年までに4分の1にすることを目指していますが、いまこの瞬間にも世界では妊娠・出産を原因として1日800人、年間では28万7000人もの女性が命を落としています。しかもその99%が途上国で起こっており、56%はアフリカのサハラ以南と呼ばれる国々で起きているのです。

アフリカの中でも、マラウイやエチオピアなどのように大幅に妊産婦死亡率を下げることに成功した国もありますが、現実は依然厳しい状況が続いています。

その理由は、なぜか。

アフリカの村では、いまだに医師はもちろんのこと、きちんとした技術を習得した助産師もいない村が少なくありません。もしくは、診療所があったとしても、遠くて行くことができないということもあります。そうした地域では、正しい知識のある介助者のいない状態で出産に臨まなければならず、緊急事態に陥った時に処置ができずに多くの女性が命を落とす結果を招いています。
また、アフリカでは、初経を迎えたばかりの10~12歳の少女が親の意向で結婚させられることが多く、児童婚が問題となっています。少女たちは、学業もままならないまま結婚させられるため、十分な教育を受けていません。妊娠・出産に対する正しい知識を得ていない彼女たちは、なぜ妊娠するのかもわからずに妊娠し、その結果、安全でない人工妊娠中絶などで命を落としてしまうこともあるのです。実際に、世界では1年で2000万人の女性が安全でない人工妊娠中絶をし、その内15%が亡くなっています。

私たちになにができるのか。

鈴木事務局長は言います。
「家族計画の必要性を住民に理解してもらう。それができれば望まない妊娠は防ぐことができ、多くの女性の命や健康を守ることができる」と。

そのために、必要なこととして、鈴木事務局長は3つのメソッドをあげました。
①証拠(Evidence)の提示:
実際に村で起こっている現実を数値化して伝えます。
②背景(Human story)の提示:
「どこの誰が望まない妊娠をして、安全でない人工妊娠中絶でなくなった」と具体例をあげます。
③対処法の提示:
改善するために何をしたらいいかを2~3分で伝えます。

望まない妊娠を減らし、妊産婦の命と健康を守るためには、女性だけが頑張っても叶えることはできません。そのコミュニティに住む男性までも巻き込み、皆で問題を解決する必要があります。しかし、その理解を得る道のりはイバラの道です。鈴木事務局長も専門家としてフィールドに出ていた時は、宗教家や村長など地域住民に行動変容を促すことができる男性リーダーに「なぜ今、女性の健康と命を守らなくてはいけないのか」何度も何度も足を運び、説いたと言います。

「全ての男性は女性から生まれいる。お母さんが一生懸命育ててくれたから、あなたは立派になれた。だからこそリターンする必要がある」。

最初は頑なだった男性リーダーたちも、次第にそれを受け入れ、やがて自らの言葉として村で語るようになり、家族計画という考え方が広まっていくと言います。

ここに話が至るまで、鈴木事務局長の話はまるでジェットコースターに乗っているよう!
ぐいぐいと聴衆の心をつかんで離しません。

その証拠に、参加者からは
「アフリカの現状を知ることができて良かった」
「鈴木さんの熱意や変わっていこうとする村や女性たちの姿に感動しました」
との声が。

講座後の質疑応答もほとんどの参加者が鈴木事務局長に質問を投げかけ、アフリカが直面する問題の解決策を探ろうと、白熱したディスカッションが行われました。

さあ、次回7月30日(火)のRH講座はさらに加速度を上げ、
「私たちのアクションが世界を変える」をテーマに、私たちにできることや日本だからこそできるアクションについて考えていきます。

残りの2回となりましたが、今からでもまだ参加をすることは可能です!
ぜひご興味のある方は下記ページよりお申込みください。
↓↓↓
http://www.joicfp.or.jp/jp/2013/05/13/18331/





にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村←ランキングに参加しています!クリックお願いいたします。
by JOICFP | 2013-07-17 16:57 | ニュース/お知らせ


woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム